2011年8月30~31日       白馬岳山行記録  

2011年8月30~31日 白馬岳山行記録 2016年6月 記

高山植物の宝庫、後立山連峰は白馬岳へ。と言っても花の時期は過ぎているので少し寂しい山行でありました。
この山行で左膝を痛めて、予定していた不帰ノ瞼の縦走は中止し、
鑓温泉から猿倉へ下山した苦い思い出の山行です。それではどうぞ。

初日はご覧のように、この上ない天候に恵まれました。
sgkga_1

ロープウェイからみる白馬連峰。
sgkga_6

入山は栂池から。
hakubasanbzan_2

天狗原を過ぎて乗鞍岳へ向かいます。
sgkga_13

確かこの山行は、前回の登山から約一か月ぶりの山行だったかと思います。ですので、体が重いし息も絶え絶えでした。

sgkga_14

台地を乗鞍岳山頂へ向かいます。
sgkga_15

今思うと、おそらくここで膝を痛めたものと思います。

白馬大池を俯瞰
sgkga_17

sgkga_18

sgkga_20

しばし休憩ののち、山頂へ。
sgkga_22

sgkga_23

高山植物の最終ランナー。
トウヤクリンドウです。
sgkga_24

雷鳥坂を上り、小蓮華岳。

美しい稜線です。
sgkga_25

時折ガスに包まれます。
sgkga_26

たぶんエゾゼミです。理由は以下に記します。
sgkga_27

大きさと、前胸背と中胸背の間にある黄色い線が繋がっている。

しかし・・・ちゃんと見分けるには複弁をみないと分からない。そんな余裕はなく「エゾゼミだね」と言って、一枚撮ってさっさと行ってしまいました。寒さでじっと動かないでいたので、今思うとじっくり観察しておけば良かったと反省しております。

咲き残りのイワギキョウが咲いておりました。
sgkga_28

小蓮華岳、この時は山頂への立ち入りは禁止でした。
sgkga_29

ここから三国境へ向かう稜線も綺麗なのですが・・・
sgkga_30

残念・・・
sgkga_31

一か月振りの山行・・・毎度おなじみの光景・・・・・足が攣ります。。。
sgkga_32

痛くて痛くてヒーヒー言っておりました。ちょびっと休憩しつつ、三国境へ向かいます。同じく一か月ぶりの山の神は、どう言う訳か足が攣りません。羨ましい体です。

三国境到着
sgkga_35

富山、新潟、長野三県にまたがる分岐です。

鉢ヶ岳、雪倉岳方面。
sgkga_33

足の攣りも治ったので出発です。

振り返り歩いてきた道を一枚。
sgkga_38

2重山稜が綺麗に見えました。

さて行きましょう。まずは手前のピークを越えて。
sgkga_39

すると、ちょこっと山頂が見えます。
sgkga_40

ここまで来れば山頂はすぐそこです。
sgkga_41

歩いてきた道を一枚。
sgkga_42

そして山頂!!

でも山頂標識のみの写真を撮り忘れました・・・残念。
人物を入れての記念写真は撮りまくりでした。

そんな山頂を後にテント場へ向かいます。
sgkga_45

スカイプラザをチラ見してテント場へ。

本日のお宿。
sgkga_48

空いていて快適でした。
sgkga_49

夕食後、窪地にあるテン場から登山道へでました。

要塞?のような白馬岳。う○ち君にも見える。
sgkga_51

夕焼けです。
sgkga_54

sgkga_55

sgkga_58

sgkga_59

sgkga_60

ぐっすりと眠りました。

2011年 平成23年8月31日
お隣の学生さんテントと星空。
sgkga_61

この日も天気はよさそうです。
5時前に出発したかと思います。
sgkga_62

杓子岳
sgkga_63

白馬岳、ガスがとれた~。
sgkga_64

っと思ったらまたガス。
sgkga_65

小雪渓から山頂へ向かうルートが望めます。
sgkga_66

杓子岳
sgkga_68

次は白馬鑓ヶ岳へ。
sgkga_70

sgkga_71

sgkga_72

チョウノスケソウの種子
sgkga_73

一足早く、鑓ヶ岳へ。

天狗山荘から不帰瞼、画面右は立山連峰と剣岳。
sgkga_74

同じく天狗山荘から鹿島鑓方面、最奥に北アルプス。
sgkga_78

歩いてみた道
sgkga_75

ちょこっと遅れて山の神到着。
sgkga_76

後ろから来ている青年二人はとても律儀な好青年でした。
sgkga_77

さてさて、膝の調子はいかがでしょうか。
sgkga_80

残念ながら予定を変更して鑓温泉から猿倉に下山です。
sgkga_81

はやり下りは膝にきます・・下山してすぐに痛み倍増。
sgkga_82

クロマメをちょこっと頂き元気をつけます。
sgkga_83

大出原は雪解けが遅いため稜線に比べて、まだ高山植物が残っていました。
sgkga_84

sgkga_85

エゾシオガマ
sgkga_86

ぐんぐん下りますよ。
sgkga_87

最盛期はきっと素晴らしいお花畑が広がることでしょう。
sgkga_88

しっかり確認できませんが、ハクサンコザクラの群生だと思います。
sgkga_89

カライトソウ
sgkga_90

ニッコウキズゲ
sgkga_91

鑓温泉が見えてきました。
sgkga_92

クルマユリ
sgkga_93

温泉手前の岩場です、何気に事故が多い箇所です。
sgkga_96

温泉到着。
sgkga_97

sgkga_98

さてさて~・・・お膝の調子は???
一泊して湯治をするか、下りちゃうか。

時間も早いし、なんとなく小屋のバイト連中の愛想が良くないし、ま~この程度の痛みなら問題ないだろうと判断し、下山することにしました。

花でも愛でながら下りましょう!
sgkga_100

sgkga_101

写真をみると痛そうな歩き方をしておりますね。
sgkga_103

さてこのお花、クガイソウかルリトラノオか?後者かな?
sgkga_104

鑓沢、杓子沢を越えて山白沢へ。
sgkga_106

画面中央下部、沢の部分に木の橋が架かっている所を歩きます。
sgkga_107

雪渓上部に鑓温泉があります。
sgkga_109

sgkga_110

大日向のコルへ少し登り返してあとは下るだけ。
sgkga_111

sgkga_112

猿倉到着です。
sgkga_113

これにて白馬三山山行終了。

膝の痛みは終始ありました。翌日左膝は腫れており、水が溜まった感じでした。この記録は2016年6月に記していて、今は右膝の痛みに悩んでおる次第です。

もう一度、白馬へ。

まずはダイエットと筋トレだ!!