2013年8月29日~30日 双子山山行記録

2013年8月29日~30日 双子山山行記録

台風に直撃され縦走登山は中止となり、休みが余ってしまった。
比較的天気が良い場所を探して行ったのが双子山。

ただ池畔にテントを張り一夜をすごすそんな記録です。

初日は天気が良い方が良い!2日目は大荒れの天気でも距離は短ければ問題なしと判断し、双子池でテン泊となった。

前から行きたかった所なので気分は上々である。

大河原峠から入山
ftgik (1)

近いからあれもこれもと持って行った為ズシリと重い・・・
ftgik (2)

ftgik (3)

ftgik (4)

ftgik (5)

15分くらいで山頂、この天気がず~っと続いてくれたら。。
ftgik (6)

蓼科山方面
ftgik (7)

北横岳方面
ftgik (8)

良いです!!
ftgik (9)

ほどなくして樹林帯に入り、
ftgik (10)

小1時間ほどで双子池到着
ftgik (11)

ftgik (12)

雌池がテント場です
ftgik (13)

池畔と森の中にもテント場があります。雰囲気があるのはやっぱり池畔ですね。
ftgik (14)

雌池の奥にある砂場が一番人気のようですが、外国人家族の先客がありました。
ftgik (15)

二言三言挨拶を交わし、せっかく空いているし、お互い気を遣わない少し離れた場所に張る事にしました。
ftgik (19)

ftgik (20)

で、テントを張り終え、チラチラ目に入っている昆虫たち。
トンボは大の苦手(名前が覚えられない)ですが、これは恐らく、ムツアカネだったような気がします。閲覧不能になった以前のブログにはきちんと調べて載せてあったのですが・・・
ftgik (16)

アングルが悪いですが、クジャクチョウ
ftgik (17)

キベリタテハ、
ftgik (18)

ルリボシヤンマ?の産卵かな?
ftgik (24)

それを撮る私。
ftgik (21)

木にとまったルリボシヤンマのオス。オスには間違いないですが、種名は自信がないです。
ftgik (23)

テントはこんなところに張りました。
ftgik (22)

ftgik (25)

ftgik (26)

そんなこんなで時間を過ごし、雄池に水汲みにいきました。細かい漢字は気にしない。。。
ftgik (27)

池ポチャ厳禁です、麓の水がめだそうです。
ftgik (28)

穏やかな天気ですが、風が強かったです。
ftgik (29)

夕方
ftgik (30)

夕飯後は星空撮影
ftgik (31)

下手糞です。星空は本当に綺麗でした
ftgik (32)

ftgik (33)

8月30日 2日目の朝
ftgik (34)

外を見てすぐに二度寝しました。
ftgik (35)

雨がやみ、外国人家族に別れを告げ出発です。
ftgik (36)

亀甲池経由で帰ることにしました。鬱蒼した森は北八らしい苔の世界でした。
ftgik (37)

ftgik (38)

ftgik (39)

ftgik (40)

亀甲池、ほとんど水は干上がっていました。
ftgik (41)

ftgik (42)

天祥寺平へ。
ftgik (43)

分岐を大河原峠へ
ftgik (44)

ftgik (45)

咲き始めたリンドウ
ftgik (46)

大河原峠に到着
ftgik (47)

マツムシソウを見る事が出来た
ftgik (48)

これにて山行終了、とても良い山行だったと思います。一生懸命歩きピークを目指す、高山植物を愛でる、山岳風景をを楽しむ、いろんな楽しみ方があると思いますが、どの山行スタイルでも山に泊まる事が加わればもっと楽しい山行になると思います。今回も十分すぎるほど日帰り可能なコースですが、敢えて1泊にして良かったな~っと思いました。

帰路、小諸美術館で行われていた、尊敬する海野和男先生の写真展を見に行きました。16時ごろ先生がみえてご挨拶をする事が出来ました。感動しました!!
ftgik (49)

おわり。