2013年8月3日~4日常念山脈縦走山行記録 一の沢から下山敗退 

2013年8月3日~4日常念山脈縦走山行記録 一の沢から下山敗退

基本的に夏休み期間は山には行かないのですが、たまたま連休を取らされてしまったので、家でゴロゴロしているのもなんだし、もったいないので常念山脈を計画しました。

穂高駅前駐車場に車を止め、穂高駅からバスで中房へ。
全国区の北アルプスは人がいっぱいでした。

azn

azn_1

azn_2

azn_3

azn_4

合戦小屋で雨が。。azn_5

バイケイソウazn_6

燕山荘前は人でいっぱい。今日はここで泊まるか否か悩みましたが、予定通り大天井までいきました。azn_7

と、言うのも、とにかく人がいっぱい、幕営学生軍団もいたので先に進みました。天気もなんとなく回復傾向。azn_8

azn_9

azn_10

azn_11

azn_12

高瀬川源流部azn_13

azn_14

蛙岩(げえろいわ)azn_15

大天井が近くなりました。思い出しましたがチェックシャツの青年はきちんと燕岳頂上に登っています、我々は華麗にスルーして来たのに、追いつかれて、抜かされて。。。ヨボヨボですね。azn_16

azn_17

azn_18

azn_19

いったん下ってまた登り。そういえば左側が切れ落ちた細い登山道で突っ込んでくる若い女性2名に声を荒げてしまったな~・・・
退避場所がある場所にいるのだから待っていてほしかった。
お互いの安全のため。
azn_20

大天井は雲に隠れてしまったazn_21

チシマギキョウazn_22

azn_23

フィールドサイン う〇こですazn_24

azn_25

azn_26

喜作レリーフazn_27

切通しazn_28

azn_29

azn_30

大天井分岐azn_31

大天荘小屋azn_32

晴れていれば槍穂が見えるテン場ですazn_33

やることがないので地図に穴が開くほど睨めっこですazn_34

翌8月5日 天候小雨 テント場から5分で山頂、今回初めてのピーク。azn_35

azn_36

見えるでしょうか、どっかに雷鳥がいます。azn_38

私も最初は何を撮ったのかな?と思いました。トリミング画像です。azn_37

azn_39

少しの晴れ間に期待が膨らみます
azn_40

azn_41

azn_42

azn_43
azn_44

常念小屋を目前に大雨。。予定通り蝶ヶ岳に行くか、下るか。ここで停滞する発想が無かったわけではないですが、しばし悩み下山を決意。
azn_45

しかし、半分くらい下ったところで岩に足を滑らせ、山ノ神が頭から2mほど滑落。幸いに滑落スピードは緩やかで極端にとがった岩もなかったので軽い頭部打撲と裂傷で済んだ。
azn_46

山ノ神(本物)azn_47

無事でもないけど下山完了azn_48

穂高駅駐車場までタクシーで帰りました。予約は常念小屋でできます。

楽しみにしたいた温泉は傷があるから却下。azn_49

そのかわり大王わさび園でソフトを食べる。
azn_50

下界は蒸暑い、山脈を見上げると雲がタップリかかっている。
あの判断は正しかったのか否か、今でも悩みます。
azn_51

2015.8月8日 記

「2013年8月3日~4日常念山脈縦走山行記録 一の沢から下山敗退 」への2件のフィードバック

  1. 燕岳山頂へ行かなければ
    時間短縮できるのかと改めて思いました
    燕~大天井まではどれ位かかるのですか?

    燕~大天井~常念
    今年はここ行きたいんですよね

    1. offsenさんこんばんは。
      燕~大天井は昭文社「山と高原地図」だと3時間になります。
      我々亀さんチームは、燕10:50発、大天荘小屋着14:30となりました。40分オーバーです。毎度コースタイムの30分~60分オーバーで計画していますので、こんなもんかと。。
      コース自体は距離は6kmくらいで長いですがアップダウンが少なく非常に歩きやすいです。ですが、一か所だけ2699の少し手前だったと思いますが、狭くて安曇野市側に切れ落ちてる箇所があります、ここで女性二人組がずんずんと歩いてきたので下がってもらったのですが、ここだけ注意です。あとは本当に良く整備されていてとても気持ちの良いコースです。
      私達もリベンジを考えています。その時は燕一泊、二泊目常念、三泊目に蝶にしようかなと、、。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


やまと うるわし