2014年12月6日~7日 赤岳山行記録(敗退)

2014年12月6日~7日 赤岳山行記録(敗退)
2015年12月 記

一年前の記憶も定かでない今日この頃、
将来がとっても不安です。。。

閑話休題。

雪の赤岳、美しい雪山の記録です。日帰りや小屋迫で数回行っておりますが、今回はテント泊です。美濃戸口からスタートです。
smgt

小一時間で赤岳山荘着
smgt_1

歩きなれた道も一面の雪です。
smgt_2

しかし美しいですね~!!寒さも忘れて見とれてしまいます!!というのは絶対にウソ!!いくら綺麗でも寒いものは寒い。
smgt_3

でも歩いていると暑いので。汗をかかないようにゆっくりと、
smgt_4

歩きます。
smgt_5

天然の冷凍庫、夏と違って食料が腐る心配皆無!!
smgt_6

なので食材に気を配る必要なし。なんでも持っていけます。
smgt_7

天候が残念です、今日はこのままか・・・と思ったら青空が!
smgt_8

稜線も見えた!今日中に山頂まで行けるか!!!
smgt_9

期待を胸に雪のトンネルをくぐります。
smgt_10

オオォ!! 地蔵尾根に展望荘も見える!!
smgt_11

素晴らしい!!これだから雪山はやめられません!
smgt_12

よし!!!さっさとテント張って上に行くぞ!!と、勇んでみたがさらに雪が強くなってしまった。地蔵尾根の中腹の階段の部分で撤退しました。
smgt_13

下を見てもご覧のとおり。
smgt_14

下山します。
smgt_15

今日中の登頂を予定していたので明日は下るのみ。
smgt_16

張りつめていた緊張感が薄れて安堵の写真撮影をする山の神。
smgt_17

行者小屋のテント場に戻るとたくさんのテントであふれかえっていた。

皆さま変人です。この寒いのに。
でもお隣のソロテントの青年はとっても嬉しそう!
「いよいよシーズンですね!寒さ、ザックの重さ、そして飢え!」

飢えは体験したくないけど高揚する気持ちがひしひしと伝わってきました。
smgt_18

寝る支度も済んでのんびりと過ごして・・
smgt_19

夕餉
smgt_20

確か鍋にしたと思います。美味しかったです。

翌12月7日

一晩中雪は降り続きました。今日は登りませんよと決めていたが、天気が回復したら登ろうと思っていました。しかし曇天で小雪がちらつく。

 

下山です。

 

ちょっと薄い後ろ髪を引かれてます・・・が・・・またの機会に。。。
smgt_21

smgt_22

赤岳鉱泉経由、北沢で下山しました。
smgt_23

smgt_24

美濃戸山荘に戻ってきました。
smgt_25

ちょこっと晴れ間が見えて・・・やっぱり登れば・・・
smgt_26

いやいや、こう言う迷いが良くない!!一度決めたら下りる!!雪山は決断力が大切なのだ!!グダグダ言うな!!と自分に言い聞かせて潔く下山です!!
smgt_27

帰路の野辺山の「びっくり市」から見た八ヶ岳!!
smgt_28

やっぱり行けば良かったかな~っとウジウジしたのは言うまでもありません。