2015年10月15~16日 双六岳山行記録

2015年10月15~16日 双六岳山行記録

今年の北アルプス山行は来年にお預けかな?っと思っておりましたが、なんとか体力も戻り登る事ができました。ではご笑覧下さい。

家を出たのが1時30分、新穂高駐車場着6時頃。
駐車場からは笠ヶ岳の稜線が綺麗に見えておりました。
sgrk_1

sgrk_2

冠雪の南岳
sgrk_3

6時30分に通過。
sgrk_4

やはり体がだるい。。。このだるさは双六小屋までず~っと続いて、ペースもまったく上がらず辛い山行でした。
sgrk_5

左俣林道の紅葉を見て気分を高めます。
sgrk_6

sgrk_7

わさび平小屋で一息入れて、ブナの森を歩いて小池新道へ。
g2

標高1400mくらいが紅葉の見ごろでした。
sgrk_13

年々歩きやすくなっている!!ような気がする小池新道です。
sgrk_14

槍ヶ岳、雪がかぶっており、綺麗でした。
sgrk_15

sgrk_17

秩父沢到着。
sgrk_18

気温もぐんぐん上昇し暑いったらありゃしない!!
sgrk_19

余計にバテバテでした。

でも冠雪の槍穂を見るとなんとなく元気がでる。
sgrk_21

sgrk_22

sgrk_23

そして5分後。。

 

鏡池にて。
sgrk_25

sgrk_29

sgrk_28

いやはや・・・粉砂糖をふったケーキのようです。
sgrk_27

素晴しい景色でした。ここにテントが張れれば最高です。

しばし休憩して出発。
小屋締め作業に忙しい鏡平小屋をあとにし、
sgrk_30

弓折乗越を目指します。
sgrk_31

sgrk_32

暑くてだるくて、足が重い。。
sgrk_33

亀脚で歩いては立ち止まり、景色を見て気分転換し・・
その繰り返しでなんとか弓折乗越に到着。
sgrk_36

槍の空に巻雲が出ておりました。上空は風が強いようです。
sgrk_37

弓折乗越から5分も登るとみえる鷲羽岳。
sgrk_38

いつ見ても良いもんです。以前は感動していましたが、今は見えると安心する気持ちに変化致しました。
sgrk_39

さて、あと2kmです。
sgrk_40

槍が綺麗すぎる。
sgrk_43

ヘロヘロですがゴールは近い。
sgrk_44

双六小屋到着
sgrk_46

雪だるま太郎がお迎えしてくれました。
sgrk_45

玄関前は吹き溜まりになるので20cmくらい積もったそうです。

宿帳に記帳し素泊まりでお世話になります。なんせ体が鈍っております故、テント装備なんてもってのほか!!でも貧乏だから素泊まりなのです。
ここまで来るのに思いのほか体力を使ってしまったため、予定していた双六岳登頂を明日にしようか否か悩んでいたら、「これからの時間、今日は槍穂が赤く染まるかもしれません、小屋にいる場合ではないですよ」と小屋番さんに助言された。

ならば今のうちに双六に行ってみようとなった。

しかし・・・荷物も軽くなったはずなのにやっぱり足が重い。。
三俣への分岐に差し掛かったところで心が折れた。。。

その三俣山荘と後ろにそびえる祖父岳。
sgrk_49

鷲羽岳が斜陽に照らされていた。
sgrk_50

いったん小屋前に戻り樅沢岳に行くことにした。

小屋番さんの言うように赤く染まる槍穂を期待してみよう。
と、思ったやさきに雲が出て来た。
sgrk_51

ま、待ってみましょう。。

乗鞍岳とその奥は御嶽山。
sgrk_52

小さく光る鏡池
sgrk_53

大切戸と北穂高岳
sgrk_54

穂高連峰
sgrk_55

西鎌尾根と槍ヶ岳、なぜか西鎌だけが照らされる。
sgrk_56

槍ヶ岳
sgrk_4

画面右に燕山荘、左は燕岳
sgrk_59

南岳小屋が輝いておりました。
sgrk_60

sgrk_61

「滝谷 残照」   
sgrk_63

と、言うほど夕日がささなかったのがちょっと残念。
多くのクライマーを魅了する岩の墓場です。

その後は夕日が雲に隠れてしまい撮影終了。気温は1度くらいに下がり、寒いので速攻で小屋に戻りました。
sgrk_64

sgrk_65

小屋って楽チンです。

夕飯は素泊まりなので自炊です。今日は定番のカレーライス。ご飯とレトルトカレーを温めている間に明日の朝食を準備します。今回はホームベーカリーで焼いたライ麦パンにカマンベールチーズをのせ、生ハムをサンドしたサンドウイッチにしました。
カレーはヤマモリのレッドカレーとマッサマンです、レトルトですが、本当に美味しいと思います。秋冬の登山には体が温まって良いと思います。
g1

夕飯と洗面を済ませて部屋に戻り布団に入ったら速攻で寝てしまったようです。出発前夜は仕事から帰り、寝たのが9時前、起床は0時で出発1時30分。良くありませんね。次回からは前日入りして新穂高温泉を満喫したいと思います。。。おかげで星空はまったく拝めませんでした。。

さて10月16日 2日目 
布団の中でこのまま双六岳には行かず、下りてしまおう。だって寒いし、疲れてるし。。などとウダウダ考えてはみたが、結局行くことにした。

外に出ると温かい、思わず拍子抜けしてしまった。
sgrk_70

小屋から約20分で分岐。
sgrk_71

モルゲンロートですね。
sgrk_72

直登コースへ
sgrk_74

凍結箇所多数ありました。
sgrk_76

北鎌からの日の出です。
sgrk_75

尾根にでるとおなじみの景色が。
sgrk_78

山頂まで地味に長い。。。
sgrk_79

白山と雲海
sgrk_82

山頂
sgrk_83

なんとか着きました。
sgrk_85

黒部五郎岳
sgrk_86

立山と画面中央は剱岳。
sgrk_87

薬師岳
sgrk_88

山頂も目的の一つでしたが、黒部五郎を見るのも目的でした。

写真を撮るのにあっちうろうろ、こっちウロウロ。。
sgrk_89

sgrk_90

抜戸岳と笠ヶ岳
sgrk_91

イワヒバリと笠ヶ岳
sgrk_92

いつの間にか朝食を食べる山ノ神。。はやい。。。
sgrk_93

ならばアタクシも。
sgrk_95

イワヒバリも朝食の時間らしく、近くまで寄ってきました。
sgrk_97

山頂はイワヒバと私達だけのレストランとなりました。
「双六岳で朝食を」。。。
BGMは鳥の囀りと風の音だけでした。

さて、朝食を終えてたので小屋の戻ります。
sgrk_98

直登コースが凍結していたのと、雷鳥見たさに巻き道でかえりましたが、結局雷鳥は見れませんでした。。。
sgrk_99

sgrk_100

小屋に戻り荷物を詰めて、、お別れです。
sgrk_101

また来年会いましょう!!
小屋は補強の支柱がたっておりました。

薄氷の双六池
sgrk_103

来た道を引き返します。
sgrk_109

槍のてっぺんにヘリが飛んでいました。
sgrk_110

荷揚げでもなさそうだし、救助でもなさそうでした。

鏡池山荘は昨日で小屋締めなので、池に掛かる橋を撤去していました。
sgrk_111

なので橋げたを歩きます。
sgrk_112

昨日と比べて雪が解けてしまった槍穂。
sgrk_114

でも美しいですね。

鏡池からシシウドヶ原へ、
sgrk_115

sgrk_116

sgrk_117

チボ岩を通って秩父沢へ。
sgrk_118

sgrk_123

sgrk_125

小池新道入口は紅葉真っ盛りでした。
sgrk_128

sgrk_130

sgrk_129

小池新道入口に戻りました。
sgrk_131

sgrk_132

わさび平小屋までは素晴しいブナの紅葉!!
sgrk_133

sgrk_134

sgrk_136

sgrk_138

sgrk_139

sgrk_140

sgrk_143

わさび平小屋からはいつも苦痛の林道歩きとなりますが・・・
今回もしんどい林道歩きでした。
sgrk_145

登山指導センターで下山届を提出して中崎山荘に入湯。
sgrk_146

今年の北アルプス登山はこれにて終了。
辛いけど歩けて良かったな~っとしみじみです。

平湯バスターミナルでお土産を買って帰路につきました。

めでたしめでたし。

やまと うるわし