2015年10月3日 乳、東天狗岳、根石岳、箕冠山山行記録

2015年10月3日 乳、東天狗岳、根石岳、箕冠山山行記録

黒斑山山行に引き続いて体力増進目的で歩いてきました。
本来ならこの時期は紅葉を愛でつつ、のんびりする時期なのですが、そんな事をしていたら雪山シーズンを棒に振ってしまうので、目下体力作りに励んでおります。

と、言う事で晴天に恵まれた10月3日(土)、休日には山に行かない我が家ですが、体力作りの為そうも言っていられません。人気の八ヶ岳は混雑必至。ならばあまり人気のない裏から入山しようと言うことで、北八ヶ岳みどり池入口をin,outとし、周遊するコースを計画しました。

それでは出発です。時刻は6時30分。
まずシャクナゲ尾根から入り、ちょこっと急な斜面を登ること約15分、林道にでます。林道を少し歩いて、再び山に入ります。ご覧のように標識は豊富です。
g1

朝の木漏れ日を浴びながら緩やかな山道を歩きます。
g2

山の中もピンクリボンや標識は豊富でした。
g3

シャクナゲ尾根だけに本当にシャクナゲが多かったです。

ポッカリと青空が見えて、
mthm_13

程なくして白樺尾根との分岐に到着。ここまで2時間、順調です。
mthm_14

右に行くと白駒池です。登山口に行く途中に何度も白駒池渋滞中なる標識をみました。まさかこの時間からじゃなくて「昼間は混みますよ」の注意喚起かと思っておりましたが、本当に朝から大混雑だったようです、近寄りがたいです。

にゅうに向かいます。
mthm_15

緩やかな斜面を歩きます。
mthm_16

にう
mthm_17

ニュー中山峠、なんだかどこぞの観光ホテルみたいです。
mthm_18

そのうち論争が起きるんじゃないかと思うほど「にゅう」の表記がまちまちです、元祖とか本家とかそんな感じなのでしょうか。

程なくして「にゅう」に到着、眺めは最高でした。
g4

沢山の人で賑わっておりました。
mthm_25

白駒池ズーム
mthm_29

喧噪を逃れるように黒百合ヒュッテに向かいます。
mthm_32

登山道に倒木がある箇所がいくつかありました。
mthm_33

中山、高見石分岐
mthm_34

しらびその森を俯瞰。面白い紅葉でした。
mthm_35

mthm_36

予定より30分早く黒百合ヒュッテに到着です。
mthm_37

テント場に去年はなかった簀子がありました。
20分ほど休憩して出発です。

中山の縞枯れ現象。
mthm_38

稲子岳と画面中央のにゅう
mthm_40

にゅうのアップ
mthm_41

眼下に「しらびそ小屋」
mthm_42

浅間山
mthm_43

mthm_47

風が強い事もあって展望はバッチリでした。
mthm_46

北アルプスもバッチリです。槍穂は目立ちますね。
mthm_49

霧ヶ峰、美ヶ原、北アルプス、画面右は蓼科山。
mthm_50

画面中央に天狗の庭
mthm_52

mthm_53

東天狗岳到着
mthm_54

風が強いためさっさと根石岳に向かいます。
mthm_56

風が強いのでここらへんがちょっと緊張しました。
mthm_57

南八の主峰、赤岳も見えております。
mthm_58

さすが風の通り道です、凄い風でした。
mthm_60

mthm_62

本沢温泉への分岐です。
mthm_63

予定ではここから下りる計画でしたが、意外と早く歩けていることと、山ノ神の外反母趾痛が弱いため、夏沢峠経由で向かうこととしました。

根石岳に立つ私、帽子が飛ばされないように、ほおかぶりしています。
mthm_64

「ほうかぶり」は顔と耳の冷えを防止します。さらに横風が吹いて濃霧だと水滴が眼鏡ついてしまい、視界を妨げます。そんなときほおかぶりをするとそれを阻止できます。
絶対おすすめなのですが、誰もしていません。。。そして、風に吹かれている方だけ眼鏡が曇っている方を見かけます。。。
ちなみに山ノ神も格好悪い、変だ!!と言ってやりません。。

さみしい限りです。。。

さて
気を取り直して、東天狗から歩いてきた道です。
mthm_65

双耳峰の天狗岳。
mthm_66

根石山荘から箕冠山分岐を夏沢峠へ向かい、本沢温泉に下ります。
g5

硫黄岳の爆裂火口
mthm_71

俯瞰していいた森に入って行きます。
mthm_73

mthm_77

この爆裂火口を眺めながらはいれる温泉が本沢温泉。
mthm_78

の、露天風呂です。登山道から丸見えです。
mthm_75

mthm_80

今回は先があるので我慢です。

本沢温泉宿
mthm_82

テン場は宿からほんの少し離れた場所にありました。マウンテンバイクで来ていた自転車乗りの方々としばし談笑し、15時20分、本沢温泉を後にしました。

林道を歩くこと数分で「しらびそ小屋」への分岐となります。
mthm_83

みどり池方面に行きます。
mthm_84

一か所だけ登山道を塞ぐように倒木がありました。
mthm_87

すごすぎ、、直近に倒れた??
mthm_88

前がみえません。
mthm_89

mthm_90

前日は爆弾低気圧の通過で相当荒れた天気だったし、紅葉した葉や折れた木を見るとやっぱり直近なのかな??

そんな事を話しながら静かな森を歩きました。
mthm_92

mthm_93

森林軌道跡が見えてくると「しらびそ小屋」はすぐそこです。
mthm_94

しらびそ小屋
mthm_101

mthm_99

mthm_97

小屋前で談笑しておりました、今日はお泊りのようです。
mthm_102

それにしても酒臭い女子がおりましたな~~(笑)

時刻は16時30分、無事に下山口に到着です。
mthm_104

mthm_105

約15kmの緩やかなコースのおかげでさほど疲れる事もなく歩けました。山ノ神の外反母趾痛も外反母趾対策のインソールのおかげで痛みも少なく効果があったようです。
紅葉を愛でつつ、ちょっびっと岩場の天狗岳を歩き、初めての「にゅう」や根石岳を歩く事が出来、収穫の多かった山行でした。

おしまい。

やまと うるわし