2015年7月30日~8月1日 白山山行記録 1日目

2015年7月30日~8月1日 白山山行記録 1日目

「白山かぁ~・・・良いよね~・・でも遠いよね~・・・」
まぁ~だいたいこんな感じでいつもうだうだと行先を決めます。

次に、交通費の算段から登山前の宿泊場所、登山ルートなどを決めていきます。今回は・・いや、今回も!!前日の夜中に前夜泊の場所を決定する有様。。。もうちょっと計画的にすれば良いものを。。。

7月29日、13時ごろに自宅を出発。一路金沢へ。距離にして450kmを走る。金沢と言えば寿司!もちろん回転!!
食べログで検索し地元でも人気の「まいもん寿司店」に入ったのが19時30分ごろ。ノドグロ最高でした!!回転だけど。。。

で、宿は毎度お馴染み、東横INNは金沢兼六園香林坊へ21時に投宿。翌30日、3時起床、4時出発。

と言うわけで、金沢観光一切なし!時間がないのでしょうがない。楽しみはとっておきましょう。

登山口到着は5時30分頃、しかし大雨・・
しばし待機・・・寝る。

天候が若干回復してきたので8時に出発する。
hs_1

去年の12月以来のテン泊装備ですが、シュラフを新調したのでザックも小さ目です。そこそこ軽快に歩けました。
hs_2

軽さもありますが、なんといっても登山道が歩きやすい!
hs_3

ご丁寧に土嚢まで階段状になっていました

中飯場
hs_4

hs_5

甚之助避難小屋。人がいっぱいなのでこのアングルで撮影。hs_7

避難小屋を出てから15分くらいしたらパラパラと・・・そして土砂降り。

室堂へ向かう分岐でカッパを着る人達はすでにびしょ濡れ。私達はビビリなのでパラパラ降って来た時に着たので対して濡れませんでした。でもすでに汗でびしょ濡れ。
hs_9

ここで一考、雨で濡れるのとカッパを着て蒸れて濡れるのとどう違うのか。蒸れは体温を奪いませんが雨は奪います。同じ濡れでも質が違うのです。上ガッパだけでズボンを履かない人、中々着ようとしない人、人それぞれですが、今回は我々のビビリ(私だけ?)が功を奏しました。

笹原を叩きつける雨音しか聞こえません。
hs_10

何度も振り返り、後ろから来る山ノ神を確認しつつ進みます。
hs_13

今日の目的地は南竜ヶ馬場キャンプ場で、地図上でもゴールはすぐそこですが、ガスでまったく見えませんでした。
hs_14

ガスの中にうっすらと建物が見えてきました。hs_16

南竜ヶ馬場ビジターセンター到着です。雨はすでに小降りになってました。受け付けをしてストーブの焚かれたセンター内でしばし休憩。濡れた服を乾かせたこと感謝感謝!お礼にポテトチップを購入。。。ただ食べたいだけ。。。hs_17

雨も止んだのでセンターから5分程離れた野営場に行きます。
hs_23

本日のお宿とミヤマキンポウゲ
hs_21

高山植物に囲まれた野営場は贅沢そのものです。テガタチドリ。

hs_22

ニッコウキスゲhs_24

hs_26

ホソバノキソチドリhs_28

バイカオウレンhs_30

ショウジョウバカマhs_31

ハクサンオオバコhs_32

アオノツガザクラhs_35

 

コバイケイソウとイブキトラノオhs_41

ハクサンフウロhs_40

素晴らしいロケーションです。

この日は前日からの疲れもあり18時には夢の中。

しかしちょっと肌寒く感じて目が覚めてしまった。。。

あれれ、やけに明るい、まだ7時くらいなのかな??

 

いやいや、満月が山を照らしておりました。

2日目へ。

「2015年7月30日~8月1日 白山山行記録 1日目」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


やまと うるわし