2015年9月28日黒斑山山行記録

2015年9月28日黒斑山山行記録
私が一番好きな山です。
黒斑山が!と言うより浅間山系が大のお気に入りです。

近くて、こじんまり、でも雄大な景色、四季を通して楽しめる。
眺めも良い、高山蝶もいる、でも花はちょっと少なめかな?

ですが山頂まではちょうど良い運動量で、且つ大自然が満喫できる懐の深い優しい山でもあります。

今回もいつもの車坂峠から入山し黒斑山、蛇骨岳、仙人岳、Jバンドを下り、草すべりを登り返して車坂峠へ戻るコースを歩いてきました。

では参りましょう!
約10ヶ月ぶりの再訪ですが、登山口が綺麗になっていました。
krf

krf_1

マツムシソウが咲き残っていました。
krf_2

山頂付近は雲の中です。
krf_4

下の方は晴れ。
krf_5

雲海
krf_6

まだ青々としているマラマツ
krf_7

八ヶ岳連峰
krf_8

久しぶりの登山に心が躍りました。
krf_9

光り綺麗でした
krf_10

krf_11

登山道もかなり整備されておりました。
krf_12

こんな道標まで。。。
krf_13

トーミの頭に到着。ガスで下がみえません。
krf_14

振り返り池の平を撮っていたら・・・
krf_16

雲が流れて湯の平がお目見え。
krf_17

何度見ても素晴らしい景色です。
krf_18

トーミの頭から程なくして黒斑山山頂。
krf_19

この日初めて人と遭遇しました。一人で浅間山を眺めながらお弁当を食べていたので写真だけ撮って先にすすみました。

ホシガラス
krf_20

山頂からちょこっと行った先の休憩適地で小休止しました。
浅間山の展望が抜群に良いです。火口をアップで!
krf_22

ちょっとすすんで蛇骨岳。
krf_23

ここに来ると嬬恋が一望できとても綺麗です。画面左端は四阿山です。
krf_24

パッチワークのようです。
krf_25

湯の平も素晴らしい!!
krf_27

良く見ると池塘がありました。噴火後は元々は湿原だったのでしょうか。興味の湧くところです。
krf_28

とんがってる山は牙山で、画面中央付近の谷を下って行くと浅間山荘天狗温泉宿があります。
krf_31

すこ~し黄色く色づいてきております。
krf_32

下ばかり見ていないで先に進んで仙人岳へ。
krf_29

krf_34

仙人岳
krf_35

北アルプスがはっきり見えるようになってきました。
krf_36

画面左から五竜岳、唐松岳は雲の中、不帰ノ嶮から白馬鑓。
krf_37

嬬恋方面の4段紅葉?? 4色弁当の方がしっくりきそうです。
krf_38

仙人岳から少々ゴツゴツした岩場を歩いてJバンドへ。
krf_39

krf_40

krf_41

下りる前にブルーベリーを頂く。
krf_42

クロマメノキが豊富な浅間山系です。

落石は無いと思いますが、可能なかぎりさっさと下ります。
krf_43

krf_44

第一外輪山はこれにて終了です。湯の平におりてきました。
krf_45

ここからとりあえず火山館を目指します。

火山レベル2なので前掛山は入山禁止。
krf_47

と、書いてあるにも関わらず、屁理屈をこねて歩く人がたくさんいます。尾瀬の至仏山も下り禁止のはずですが、屁理屈をこねて下ってブログに堂々とアップする人もいます。それが地元民だったりするわけですから手に負えません。程度が低いです。

火山規制がとれたらまた登りたいと思っております。
で、火山館で休憩。トイレが新しくなっていました。
krf_49

ここでもマツムシソウが咲き残っていました。
krf_48

krf_50

 

さて、草すべり分岐に戻り、いよいよ今日のハイライトです。
krf_51

草すべりの急登です。いつ見ても急な斜面です
krf_53

湯の平は標高2000mですので、入山口の車坂峠と一緒です。なので標高差約300m強の登り。最大傾斜40%くらいで距離900m。なかなかの急斜面です。
krf_54

その急斜面をとくとご覧ください。。。

と思いましたが、そう言う写真が無く、浅間山ばっかり撮っていました。
krf_57

あまり迫力が伝わりませんが、滑ったら簡単には止まらない角度です。
krf_58

krf_59

稜線分岐間近です。
krf_61

火山館から小一時間で稜線到着です。
krf_60

稜線分岐から軽井沢を俯瞰
krf_56

手前の小さい山は離山、その奥が軽井沢スキー場の矢ヶ崎山、
その奥は裏妙義の丁須の頭付近、最奥が妙義山になります。

最後にもう一度、トーミの頭から浅間山と湯の平を見て下山しました。
krf_62

あと少しするとカラマツの紅葉が進み、黄金色に染まる湯の平が見れることでしょう!!その時に登れたら良いなと思っています。

おわり。