2017年3月13日谷川岳山行記録

2017年3月13日谷川岳山行記録

膝痛も癒えてきて登山を再開したのが1月13日。今冬の目標を谷川岳と定め、それなりに山行を重ね、それなりにトレーニングをしてきました。天神尾根ルートなので、なんてことない行程ですが、今の私にはそれなりに辛いコースでもあります。

さて、では言葉少なにまとめてみます。

ロープウェイで天神平へ。

相向かいの白毛門山頂付近は雲の中です。

天神平到着。

まずは天神尾根までの一登りです。

気温が高く、手元の簡易気温系は確か3度くらいだったと思います。
天気予報通り、曇りです。ガスるなと思ったら案の定そうでした。

尾根に出たらあとはひたすら登ります。

まさに熊の穴。熊穴沢非難小屋の出入り口です。

談笑する声が聞こえてきました。

もぉ~何も見えません。

何も見えないので、経過時間を考えつつ自分の場所を見定めます。そろそろ天狗の留まり場か??っとおもったらひょっこり岩がでてきました。

これだったかな~??。そもそも天神尾根はあまり使わないのでよく覚えていません。時間経過からするとこれだろうと判断し先を進みます。

ちょっとしたクラックを越えます。

すると急斜面に変わりました。

(6m後方の山の神。視界不良です)

そうすると肩の小屋は近い、っと思ったら西黒尾根に向かう3人組がうっすらと見えました。

ひょっこり平らな所に出たので、目を凝らすと小屋が見えました。

目に入ってくるのは白一色、ちょっとクラッときました。
小屋の裏側で少々休憩し、山頂へ。

無事到着、せっかくなのでオキにも行きます。

自然の造形。凄いです。

少し進むと晴れ間が見えてきました。天気予報通り。

オキの耳に到着。

そして一瞬の晴れ間。平標山方面です。

最高の景色でした。

さて、長居は無用です、さっさと下りましょう。
群馬県側に戻るにつれてガスも濃くなりましたが、登行時よりは晴れてきました。しかし、山頂直下の急斜面はガスは同じよう。後続の3人パーティーの人たちが赤旗を立てていたので、とても助かりました。本来なら自分たちでも用意しなければいけない物です。反省です。

標高を下げるにつけガスが取れてきました。

西黒の斜面にはクラックが沢山。

白毛門の山腹に日が差してきました。

無事下山。天神平に戻ってきました。

帰りのロープウェイでは清水峠の方も見えました。

カモシカも見つけました。

やっと山頂が見えた白毛門。

終了です。

まぁ~なんとか今冬の目標達成です。

雪山はなんとなくスポーツ感覚が前面に出てしまい、今一つスッキリしない部分が残ります。雪山ですから油断できない一面があるので、そう思うのかもしれません。

だけども雪景色は本当に綺麗なので、やめられませんね。

ではでは。