2016年10月12~14日 鳥海山、酒田市の旅 1日目

人生の節目と言ったら大袈裟ですが、何かの転機の際に行っているような気がする鳥海山。今回は訳あって鳥海山には登りませんでした。

その分、いつもは通り過ぎるだけの酒田市を見物してきました。

そんな旅の備忘録です。

10月12日、朝3時50分、高速に乗りました。長いドライブの始まリです。
天候は関東は晴れ。長岡を過ぎた辺りで雨が降ってきました。予報通りです。

日本海東北自動車道、神林岩船港インターで下車しました。岩船港鮮魚センターに寄るのが目的です。途中、越後川口で小一時間ほど休憩をしましたので、鮮魚センターについたのが9時30分くらいでした。

お店は開店したばかりなので混雑はしていませんでした。お目当ての海鮮丼はなく、ラーメンや蕎麦などのメニューしかありません。仕方がないので、2階にあるレストランで食事をしました。

しかし・・・大失敗です。

ほんとに海の傍なのでしょうか。やはり観光地です。分かってはいるのですが、つい期待をしてしまいました。高い勉強代でした。

さて、気も新たに。ドライブ再開です。いつもの海岸線を走ります。

日本海夕陽ライン! いい響きですが今日はドンより天気。
sakatachoukai

sakatachoukai_1

ま、これはこれで普段見れない海をみて気分は高揚気味です。

のんびりと走り、酒田港に到着。
sakatachoukai_2

数年前に両親を連れて来た時は大混雑で入れなかった、
「海鮮どんや とびしま」で遅い昼食をとります。
sakatachoukai_3

ちょっと時間が遅かったので売り切れもありましたが、鮭はらこ丼と、
刺身定食を注文しました。待つこと数分。

評判がいいので期待をしておりましたが、ガックリ・・・。
味、量ともに普通、米に至っては・・・最低。

ヤオヒロ(上尾市のスーパー)で買った方がよっぽど美味しい・・・
エビは美味しかったですが、刺身は小さくホントにひどい。
量も少ない。(個人的な感想です)もう行くことはないでしょう。

またまた高い勉強代を払いました。

釈然としない気分を払拭すべく、お隣の海洋センターを見物しました。
sakatachoukai_4

大好物のタグボート
sakatachoukai_5

sakatachoukai_6

日本海溝って深い!!
sakatachoukai_8

断崖絶壁の上に日本列島があるのがよく分かります。
sakatachoukai_10

sakatachoukai_11

海洋センターからの鳥海山の眺め。麓だけ晴れていました。
sakatachoukai_12

チェックインまで時間があるので酒田の街を歩きます。
sakatachoukai_14

事前に調べて行ったのでまずは有名どころから。

山王クラブ
sakatachoukai_15

映画「おくりびと」のロケ地、「割烹 小幡」
sakatachoukai_20

sakatachoukai_16

sakatachoukai_19

sakatachoukai_17

老朽化のため中は見れませんでした。

酒田市唯一の木造洋風建築、旧白崎医院。
sakatachoukai_22

手術室
sakatachoukai_23

二階
sakatachoukai_25

部屋
sakatachoukai_26

sakatachoukai_28

窓の外に高い建物が見えます。
sakatachoukai_29

観光案内版に載っていない古い建物が多くあり、中々面白い。ちょっと行ってみました。
sakatachoukai_31

裏手に不思議な階段。
sakatachoukai_30

sakatachoukai_32

街全体が映画のセットのようで、とても趣のある街でした。
sakatachoukai_21

sakatachoukai_44

sakatachoukai_49

sakatachoukai_43

この他にもたくさんあります。しかし個人の家が多く撮って良いのか否か判断が付きかねるので撮影はしませんでした。そんなこと言ったら↑の写真も個人の物だから撮っちゃいかんでしょ!とお叱りをうけるかもしれません。その時は削除します。。。

さて、見物の順番ですが、割烹小幡、旧白坂医院、日和山公園となります。日和山公園から再開します。
sakatachoukai_34

sakatachoukai_33

sakatachoukai_35

sakatachoukai_36

と、ま~眺めの良い公園です。

お蕎麦屋さん
sakatachoukai_42

砂高山海向寺への道、即身仏をお祀りしているそうです。
sakatachoukai_45

砂高山海向寺から見る酒田の街
sakatachoukai_46

日和神社
sakatachoukai_47

sakatachoukai_48

相馬樓
sakatachoukai_53

江戸時代、北前船によって運ばれ、東北の地に根づいた「京文化」。
鮮やかな紅色が印象的な舞娘茶屋「相馬樓」。引用:庄内観光ナビ。

東北の地で舞妓はんの文化が体験できるそうです。

「ほな、宿にいかはりますかー」

長くなりましたのでお宿のページに移ります。

やまと うるわし