2016年6月利根川サイクリング 赤岩の渡船

6月利根川サイクリング 赤岩の渡

梅雨の晴れ間、膝痛が治らないのでサイクリングです。
目的は念願の赤岩の渡船に乗ること。楽しみです。

まずは荒川の河畔林を愛でる。
asjuiw (1)

なぜか分かりませんが、河畔林が好きなのです。なんでだろ?

荒川左岸から武蔵水路沿い走り埼玉古墳で休憩。
asjuiw (2)

いつ食べても美味しい清月堂の甘納豆で栄養補給。
友人が草津へ家族旅行に行くというので、買ってきてもらいました。
ちちやの温泉饅頭も美味しいですが、私はこれが大好きです。

利根大堰の超狭い歩道を走り、群馬県側へ渡って利根川左岸を上流へ。
asjuiw (3)

きた!!
asjuiw (5)

赤岩の渡船に関する詳しい情報は、千代田町のHPから得られます。

注意書きに遊覧船ではありませんと・・・

う~ん・・・気分は遊覧なんですけど・・・良いのかな~・・・
asjuiw (4)

恐る恐る船頭さんに声をかけると「はいよ~」っと。

そして乗船です。
asjuiw (6)

すると船頭さんがいろいろと話しかけてくれました。

「初めてかい?自転車の人は常連さんもいるよ~」
「写真撮ってやるよ、せっかくだからね」

記念写真を撮ってもらいます。

完璧に遊覧気分です。良いのでしょうか。
asjuiw (7)

しかも無料、地域住民以外は、100円くらいとれば良いのに。
asjuiw (8)

いよいよ接岸。
asjuiw (9)

「また来てね~」っと船頭さん。
asjuiw (10)

原付バイクを載せて群馬県に戻っていきました。

楽しかったです、また行きますね。

さて、今度は利根川右岸を妻沼に向けて走ります。

グライダーが青空に吸い込まれていきます。
asjuiw (12)

asjuiw (11)

お腹がすきました。

妻沼聖天院のお稲荷さんを食べに行きます。
asjuiw (13)

フリマか何かの催しで賑わっておりました。
asjuiw (15)

食べかけ写真ですみません。
asjuiw (16)

味付けが濃いので運動後に食べると良い塩梅です。
ですが二本目はやっぱり味が濃いと感じます。

食後は刀水橋を渡り再び群馬県へ渡ります。

昔の木造の橋脚でしょか。歴史か感じます。
asjuiw (17)

利根川右岸を走ります。利根大堰の狭い歩道は走りたくないので、昭和橋まで走り、埼玉県に戻りました。昭和橋から上流方面を一枚。
asjuiw (18)

その昔、サクラマスを狙いに利根川に通いました。
ヒットするのはニゴイばかり・・良い思い出です。

昭和橋のたもとの道の駅羽生があり、そこで休憩。
asjuiw (21)

アイスを買います。これはミカンをそのまま凍らせたアイスでした。
asjuiw (19)

驚いたのはこれ。

右下のボタンを押すと「ああ上野駅」が流れます。
asjuiw (20)

買い物に来ていた御ばあ様が2回ほどポチッと。。。

ここからの帰り道、頭の中は「ああ上野駅」のリフレインの嵐・・

♬ 「どこか~で故郷の~香りをの~せ~て~」 ♬~

っといつの間にか口ずさんで、なぜが蟹股でペダルを漕いでいました。

いかんいかん。

そういえば青森駅のメモリアルシップ八甲田のそばにもありました。
htr

とうぜん「津軽海峡冬景色」!!

どちらも上野が出てきますね、「上野駅」が歌詞に入った歌はどれくらいにあるのでしょうか。気になるところです。

連絡船と言えば私が子どもの頃、青函連絡船出港時に「ホタルの光」が流れました。ドラの音はなぜが面白いと感じていました。

そんな鼻歌を歌いつつ、緑のヘルシーロードを走り古代蓮の里から埼玉古墳へ。
asjuiw (22)

asjuiw (23)

働くトラクターを見つつ、
asjuiw (24)

家路につきました。

走行距離90km

久しぶりに長距離(私にとって)を走りました。

念願の赤岩の渡船に乗れて楽しいサイクリングでした。

おしまい。