双六岳山行

10月15~16日と双六岳に行ってきました。

12日に吹雪いたのでちょっと心配しましたが、両日とも快晴。
冠雪の槍穂を眺めながらの山行は爽快そのもの!!

紅葉と槍ヶ岳(小池新道より)
sgrk_2
Photo:OLYMPUS STYLUS TG-850 Tough

と、ちょっと言い過ぎかな??

実の所、寝不足で体のエンジンがかからず脚が重い・・・
しかも小屋泊まりなので荷物も軽いのにまったくの絶不調。

初日に双六岳まで行く予定が樅沢岳に変更する始末。。

残照の槍ヶ岳(樅沢岳より)
sgrk_4
Photo:OLYMPUS OM-D E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED14-150mmF4.0-5.6

大キレットと北穂高岳(樅沢岳より)
sgrk_3
Photo:OLYMPUS OM-D E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED14-150mmF4.0-5.6

まったく体ができておりませんでした。猛省です。
更に鏡池では素晴しい景色なのに写真はボロボロ。

なんだか反省の多い登山でした。

とは言っても、やっぱり気分が良い!!年に一度はここに来ないと心身ともに具合が悪くなってしまいます。

10/16双六岳山頂
sgrk_5
Photo:OLYMPUS OM-D E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED14-150mmF4.0-5.6

今年はいろいろあって山行もままならない状態でしたが、やっと北アルプスに来れた喜びは大きかったです。

紅葉は1400m付近が見頃です、ちょうど「わさび平小屋」近辺のブナの森が素晴らしく、何度も足を止めては見入ってしまいました。
sgrk_6
Photo:RICOH WG-4 GPS

ちなみに登山道の積雪はほとんどありません。日影の一部に凍結箇所がある程度で問題ありません。双六岳直登コースについては、登りは問題ないですが、下りは軽アイゼンがあった方が安全と思います。私達は安全を考慮して軽アイゼンを持って行ったにもかかわらず、雷鳥見たさに巻き道コースで小屋に戻りました。

結局見れませんでしたが・・・。

黒斑山山行記録もあるので、レポートは今しばらくお待ちくださいませ。

「双六岳山行」への2件のフィードバック

  1. このコース、今年は行きたいなあと思っていたんですが…
    行けませんでした。
    鏡池からの景色、のんびり眺めて過ごしたいです。
    来年こそ!

    1. kyouさんこんばんは、いつもコメントありがとうございます。
      このコースは異常に歩きやすいです(笑)日本語が変ですが、kyouさんならば屁の河童ですよ。私達でさえ標準コースタイムを短縮できるくらいですから。ただ新穂高まで遠いです。。次回は夜中に出発するのは止めて、前日入りにします。。
      「鏡池からの景色、のんびり眺めて過ごしたい・・」
      そうなんです、ここに泊まりたい!と思いつつ、いつも通過してしまいます。ここに泊まればこのコースの魅力を十分満喫できると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA