スーパーラグビー

SUNWOLVES  27 v 30  BULLS

Singapore National Stadium

サンウルブズの負け。3点差。

今回の敗因を勝手に分析。

一言!!体格差!!
フィジカル、コンタクトの強いブルズ、昔のジャパンはスピードこそあれ、体格差で大きく不利でした。スーパーラグビー参戦するにあたり、一番懸念したのがやはりフィジカルの強さでしたが、これが現れた試合だったかなと思います。

3点差まで追い上げたのは、後半に足が止まったブルズに対し、まだ走れたことが追い上げの要員でしょう。またブルズはローテーションと言いつつ、戦力をやや下げたメンバーでの試合でした。南ア代表ストラウスが最高齢でチームを引っ張っていたように思います。

ちなみこのストラウス、我が家では「チャーリーとチョコレート工場」に出てくるチョコばっかり食べている、オーガスタス・グループに似ているので、チャーリーと呼んでいます。

閑話休題

さて、敗因はもちろんこれだけではありません。早急に修正が必要なのはラインアウトでしょう。これは最低レベルです。

フィジカルで多少劣りますが、小粒でも山椒のようにピリリと辛いプレーを地道に地道に行うことが大切だと思います。

がんばれ!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA