またホタル

またホタル撮影に行ってきました。

そろそろゲンジボタルは終焉で、あまり飛んでいませんでした。
ちょっと残念。来年まで楽しみはとっておきましょう。
ちょびっと飛んでいたのをライブコンポジットで撮影。
htr_2
OLYMPUS OM-D E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED12mmF2.0

でもちょびっとピンボケ・・・。

19時過ぎに現地に到着し、薄暮の時に構図やらピントの調整をしたかったのですが、観察は20時~21時までとの看板が・・。

ま、しょうがないです、ここのルールですから。

そんな言い訳がましい事を言ってちゃダメですね。
もっと勉強します。。。

ですがホタルの飛翔範囲はどうにもなりません。
光跡がどう映るかは運次第です。

続いてヘイケボタルに挑戦。草陰で弱く光ります。
htr_1
OLYMPUS OM-D E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED12mmF2.0

ヘイケも飛びますので光跡が写りますが、下草の付近で点で写っているのがヘイケの特徴です。
htr_3
OLYMPUS OM-D E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED12mmF2.0

光跡は運しだい、と言いつつもこれは中々面白く遣り甲斐のある撮影になりそうです。ヘイケボタルはまだまだこれからなので、時間があれば挑戦しようと思います。

ではでは。

「またホタル」への4件のフィードバック

  1. こんばんは。
    ホタルの光跡は何とも言えない色で良いですね!
    自宅近くで撮影できるなんて、羨ましい限りです!
    光跡は私もチャンスがあれば撮ってみたいですが、
    設定など難しいのでしょうか?
    私は光跡はまだ撮れないので、とりあえず単体写真で我慢です~

    1. umajinさんこんばんは。
      オリンパスEM-1でライブコンポジット撮影をしました。
      ISO400、60秒露出に設定し、あとはシャッターをポチッと押して、10分待って出来上がりです。
      まだ慣れない部分が多く、露出時間の設定やピントに難儀していますが、撮影はいたって簡単です。
      今思うと、ヘイケボタルはあまり飛ばないので、isoを上げて露出時間を短くして点光源として撮影すれば良かったかな?と思いました。だけどノイズが多くなるので悩むところです。

  2. 「光跡」と言うのですね。
    私は一昨年、尾瀬で初めてホタルをみました。
    それまでは、こちらにあるjimaさんの画像のように光の線‥光跡写真でのみホタルを知っていました。
    なので、ホタルに初めて出会ったとき、目で見たホタルが光の線ではなかったことに衝撃を受けたんです。

    私の目は過去を見ることはできず、今だけを見ているので飛ぶホタルの光跡は見れないのですね。
    カメラの眼はすごいけど、撮る人の技術が、もっとすごいの知ってます♪

  3. お師匠さま、こんにちは。
    いつもコメントありがとうございます。

    “私の目は過去を見ることはできず~,,
    ひじょうに示唆に富んだお言葉と受け止めました。

    物としてのカメラは凄い進歩ですが、人間の心のカメラには、
    到底敵いません。いかようにも写せる魔法のカメラです。

    撮る人の技術、これがなかなか・・トホホな写真ばっかりです。
    24頁さんご夫妻が撮る写真は私の好みにしっくりきます。
    ですので構図など参考にさせて頂いております。m(__)m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA