リンゴドクガとキアゲハ

子どもの頃、夏休みにクワガタ虫を採りに森に入りました。
夢中で森を歩いていると首筋にもぞもぞした感触が。

はてなんだろうと首筋に手をやると柔らかいものが。。

大きなマイマイガの幼虫でした。今思えば終齢に近い幼虫でした。
マイマイガは1齢幼虫にだけ毒があるとのことですが、
私の首筋は蕁麻疹のような腫れかたをしました。

それ以来、毛虫が大嫌いです。でも撮影はします。

なぜなら美しいからです。

今回撮ったのはリンゴドクガの幼虫です。
ysm
OLYMPUS STYLUS TG-4 Tough + フラッシュディフューザー FD-1

怒ると毛束の間にある黒い線が現れます。
ysm_2
OLYMPUS STYLUS TG-4 Tough + フラッシュディフューザー FD-1

お恥ずかしい話、この手の毛虫は毒毛をもっていると思ってました。
幼虫も成虫も毒毛は無いそうです。勉強不足です。

「毛虫は危険」子どもの頃の体験がそう思わせてるのでしょう。

野外で楽しく安全に遊ぶには正しい知識を身に着けることは非常に重要です。毛虫は大嫌いですがしっかり勉強しようと思います。

 

ちなみにこちらの幼虫はキアゲハです。
ysm_1
OLYMPUS STYLUS TG-4 Tough + フラッシュディフューザー FD-1

怒ると臭線を出しますが何の問題もありません。

ベルベットとまではいかないものの、なかなか良い肌触りです。

撫でているのは山の神。。。ちょっとビビってます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA