TG-4 顕微鏡撮影

昨年、突然電源が入らなくなり、修理に出して無事退院。

でも、顕微鏡撮影でどうも左側が流れる。

こんなもんだっけ?

コンデジだし、っと少々諦めおりましたが、秩父宮に行くついでにオリンパスプラザに立ちより、ショールームの方に見て頂きました。そしたらやはりオカシイとの事で修理にだし、無事に退院してきた次第です。

修理内容はたぶんユニット交換でしょうか。
相変わらず詳細は不明です。

ちなみに、ショールームにいた方は4/3システムE-3の開発者だったそうで、私も所持していたので、大いに話が盛り上がってしまい、危うくキックオフに遅れるところでした。

本題に戻りますが、先日の森林公園でチューリップの中を撮影してみました。なんか綺麗に撮れましたよ。

このカメラは本当に良く撮れます。
クロスジギンヤンマ?の抜け殻も一枚。

ついでにもう一枚。ちゃんと背景もボケもでる。

なんと言ってもお気楽にマクロ撮影ができるのが良い。

ついでのついでにもう一枚。

鋭意調査中ですが、シモフリコメツキかな?と思います。

まぁ~良く撮れます。

今度TG-5が出るそうですが、スペック的に4Kが撮れるくらいで、大きな変化はないようです。欲を言えば撮像素子を大型化してほしいなと思います。

手放せない一台です。

 

ワイコンつけてもう一台買ってもいいな~。

「TG-4 顕微鏡撮影」への2件のフィードバック

  1. 登山をするようになって、それまで使っていたSONYのサイバーショットではすぐにレンズ内部にゴミが付着して困っていました。そこで防水、防塵のカメラを探し、TG-4と迷った末に価格の安い AW130の方を購入したんですが、私のレベルだと雨が降っても砂嵐が吹いても気にならない点だけで十分に重宝しています。(望遠が20倍くらいあると更に嬉しいんですけどね)
    しかしjimaさんおすすめはTG-4のようなので、もし今のカメラの調子が悪くなったら次はそちらを購入してみようかな?

    1. 24頁様こんばんは。
      AW130も良いカメラだと思います。撮像素子サイズも同じですし、TG-4と大差ないです。ですが、レンズの明るさはTG-4は開放値F2なので、コンデジと言えども大きなアドバンテージになると思います。
      私も、Richo GRをずっと使っていて、ゴミの付着に悩まされていました。以来、魅力たっぷりのコンデジであったとしても、手を出しません。
      防塵防滴、オリンパスのゴミ取り機構が搭載されたコンデジなら大いに検討すると思います。
      TG-4やAW130はその点は心配ないので、精神的に楽ですね。
      私の要望は撮像素子を1inch、25mm~200mmくらいの望遠でポケットに入るカメラであれば完璧です。

      そんなカメラは物理的に不可能でしょうね(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA