オオモンクロクモバチ

狩りバチの仲間はとても興味深いハチです。

先日のジョギング中に足元を黒い物が飛びました。

様子が変だなと思ったら案の定、狩バチでした。

オオモンクロクモバチ (ぶれてます)

OLYMPUS Tough TG-5 + フラッシュディフューザー FD-1

狩られたクモ

OLYMPUS Tough TG-5 + フラッシュディフューザー FD-1

クモは死んでいません。麻酔をかけられ、いわば仮死状態です。狩りバチの幼虫が仮死状態の新鮮な餌を食べるわけです。

オオモンクロベッコウと呼ばれていましたが、今はクロクモバチと呼ぶのが正解のようです。

ここら辺の分類は今一つ理解していません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA