蝶とチョウトンボ 武蔵丘陵森林公園

ただいま腰痛再発中・・・なので運動も登山も禁止。
でも家で養生するのは嫌なのでせめて歩きたい。

ならば昆虫撮影だ・・・いつもの森林公園です。

やっと青空が。

OLYMPUS Tough TG-5

だけど、つかの間・・・すぐに曇ってしまった。

アスファルトで何かを吸っているアカボシゴマダラ。

OLYMPUS Tough TG-5


OLYMPUS Tough TG-5(ノートリミング。)


OLYMPUS Tough TG-5

すべて外来種で要注意生物に指定されている。
在来種のアカボシゴマダラは奄美大島に生息する。

外来種の春型は白化するため、ゴマダラチョウに似ている。
夏型は在来、外来種共に同じような斑紋となる。
しかし、奄美大島から飛んでくるはずもなく、関東地方で見られるアカボシゴマダラは外来種である。

外来種は駆除の対象となる。

こんなに近くで撮れる蝶ですから、踏みつぶす事なんて簡単です。実際このあと指にのせて遊んでました。

でもね、蝶に罪は無い。

昨年も書いたと思うが、アサギマダラを生息場所から捕獲して、本来生息していない捕獲者の居住場所から放蝶したりするのも私は反対。なんの意味もない。自然のままが一番いいのです。

さて、気を取り直して、ヤマトシジミです。
交尾個体とそれを邪魔するオス。

OLYMPUS Tough TG-5


OLYMPUS Tough TG-5

昆虫の世界も大変です。

 

あ、そうそう、銀杏って夏に成るんですね。知りませんでした。

 

閑話休題。

チョウトンボです。

OLYMPUS OM-D E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO 1.4x テレコンバーター

このトンボはいつ見ても溜息が出るほど綺麗です。

OLYMPUS OM-D E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO 1.4x テレコンバーター

腰痛は困ったもんですね。どうにかならないかな・・・。
昆虫と遊んでもらって気分的には良くなっています。

 

青空はいつ見れるでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA