女子ラグビーワールドカップ

女子ラグビーワールドカップ2017 アリルランド大会

サクラフィフティーン、もうちょっとガンバレ!

初戦はSix Nations、6か国対抗で優勝したフランス。
結果は 72v12 で敗戦。

感想としては前半は浮足立っていて連続失点。
フランスとの体格差はいかんともしがたく、タックルミスを連発。後半は幾分ほぐれた感じで低くタックルをする選手もいた。

現代ラグビーは男子もそうだが、体格差はあってもスキルやフィットネスでカバーできるように思う。骨量、筋肉量の違うアジア人は低く低く地道に地道にしつこくタックルに行く必要がある。

ちなみに先に行われた男子のアイルランド戦は、緊急招集されたトンプソンルークは体が大きく、力もあり、フィットネスもある。その選手が地道なプレイをするのである。

鬼に金棒とはこの事だなと思いました。

さて、今回はどうだったか。

残念ながらそれが無いに等しい試合だったように思う。
派手なプレイは出来ない分、ブレイクダウンを丁寧にしてオフロードパスをせず、忠実にボールを生かし繋ぐ、これを確実にし、低いタックルを繰り返していけば最小の失点になるように思う。

次戦はアイルランド戦、正直今のサクラフィフティーンでは勝てる試合ではないが、どこまで善戦できるかが重要と思う。

フランス戦を見てアイルランドはきっとフィジカルの持ち込むだろう。体格差が物を言う、いわゆる肉弾戦だ。

地道にいくのだ!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA