コオロギ 鋭意精査中

秋の虫がだいぶ多くなり、鳴き声も少し賑やです。
賑やかなのは良いのですが、識別が難しい。

夕飯を食べながら聞こえてくるコオロギの種類は、エンマ、ツヅレサセ、ハラオカメ、モリオカメ、ミツカドくらいです。

外に出るともっと賑やかで、キリギリスの仲間もたくさん出てきているのでますます混乱してきます。

ウマオイ、ササキリの仲間、クサキリ、ツユムシ等々。

今思うとマツムシも鳴いていたかな?っと思います。

そして写真はもっと難しいです。
エンマコオロギ

意外と簡単に見つかったミツカドコオロギ

これがなんだろな~~・・。鳴き声は地味だったように思います。

それとこれは昼でも見られる私のお気に入りの虫です。

アカハネナガウンカです。
失敗写真ですが、可愛い昆虫です。

こちらが・・・どっちだろ。

鳴き声はシィチョッシィチョッシィチョッっと早かったので、
ハタケノウマオイと思いますが、間違いかな・・・自信なし。

また夜に歩いてみます。

鳴き声と姿をマッチングさせるのはちょっと大変ですが、
そこそこ遣り甲斐のある作業かな~っと思います。

撮影機材
OLYMPUS Tough TG-5 + フラッシュディフューザー FD-1
with 昆虫ナイトシステム(後日掲載します!!)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA