セスジツユムシ

一昨日から話題となっている脱皮の昆虫ですが、最終結論としてセスジツユムシであろう、と言う結果になりました!!

SSP様、ツルリン様、大変お世話になりました。脱皮や羽化の場面は時系列で記録するべきだなと、改めて思った次第です。

時系列に記録をしておけば、一昨日の白い個体はどのくらいしたら色が出てくるのかとか、翅がどれだけ伸びるのかとか、変化がわかるし、その所要時間も分かります。

こちらは別の日に撮ったツユムシ??だと思いますが、正確には不明です。やっぱり時系列で撮るべきです。長い足がまだ抜けきれていません。色はすでに緑色ですね~。

OLYMPUS OM-D E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mmF2.8Macro +マクロフラッシュ STF-8

もしかしたら褐色型のツユムシは白いのかな??
しっかりと観察しておけば良かったです。

こちらはツクツクボウシ羽化です。金ピカですね。

OLYMPUS OM-D E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mmF2.8Macro +マクロフラッシュ STF-8

別個体のセスジツユムシです。

OLYMPUS OM-D E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mmF2.8Macro +マクロフラッシュ STF-8


OLYMPUS OM-D E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mmF2.8Macro +マクロフラッシュ STF-8

綺麗な乳緑色、これこそファイヤーキングの色ですね。

どれも自宅から歩いて数分の距離での撮影です。
身近なところに自然の神秘があるものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA