遅い夏休みシリーズ

観音崎編
ついに椎間板ヘルニアの症状は癒えず、縦走登山を断念。ならば潮騒を聞きながら傷心を癒し、そして海沿いに生息する直翅目の観察と撮影を使用と企んだが、先にも書いた通り直翅目の観察と撮影は撃沈した。

だけど海には癒された。

宿の希望はボロ宿だったが、目ぼしい宿は見つからず、仕方なく柄にもなく観音崎京急ホテルに投宿した。

しかし、これがまたいいホテルだった。
翌朝、ベランダからの一枚。

前日とはうって変わって良い天気で海も穏やか。窓を開けると心地よい潮騒が耳に入ります。

部屋に備え付けの双眼鏡を覗けば異国の船が行ったり来たり。

ベイブリッジと海上保安庁の船。

こんな景色を朝食の時も眺められる。

ゴルゴ13気どりのワタクシ!!

部屋からは船が撮り放題である。

チェックアウトし観音崎を散策。

続く。

次回は観音崎灯台です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA