似た者同士

すっかり昆虫ブログと化した「たたなづく」です。

以前は蝶を中心に撮影をしていましたが、今年からはバッタ目に力を入れております。何故バッタなのかと言うと、身近な割に知らない事が沢山ある、例えば童謡の「むしの声」なんかは多くの人が聞いた事があると思います。だけども実際の虫の声を聴き、実物を見た事がある人は少ないと思うし、私もその一人です。

これが最大の理由です。

そんな訳でキリギリス亜目のキリギリスやコオロギなど、鳴く虫を中心に撮影と観察をしております。もうバッタの仲間は数がすくないので、来年から少しづつ撮影していこうと企んでいます。

 

前置きが長くなりましたが、似た者同士です。

一枚目
顔がとがっているクビキリギス、「とんがりのクビキリ」

二枚目
頭が尖っていないクサキリ、「でこっぱちのクサ」

三枚目
足の短いシブイロカヤキリ、「短足のシブ」(ひどい・・・)

クビキリギスの顔はミツクリザメにそっくりと思ってしまいます。
クサキリは明らかにクビキリとは違う頭の形です。
シブイロはクビキリと頭の形は似ていますが、短足です。

この似た者同士が同時に見れるのもあと数日でしょう。

ではでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA