最低と最高

前回投稿から早くも4日が経過。

日がたつのが早い・・・。

さてさて、例によってネタがありませんのでラグビーネタで。

11月のテストマッチ期間でジャパンは4試合やって一勝二敗一引き分け。

世界選抜戦はまだ見ていないので内容は不明です。結果は負け。

二戦目のワラビーズ戦、観戦予定でしたが所要で行けずテレビ観戦。負けでしたが、まぁ~さすがにワラビーズですよ。でもいんじゃないですかね。ワラビーズ相手に30点も取れたことはちょっとは希望が持てますよ。強くなったな~という印象です。

三戦目、トンガ戦。安定の勝利です。ちょっと気負いすぎな一面もありましたが、まぁ~トンガ出身のジャパン選手もいたので気持ちはわかります。見ていて負ける気がしない。

そして四戦目、フランス戦。驚きの引き分け。

恥ずかしながらヨーロッパラグビーを観る機会がないので、選手の力量などがわからないのですが、フランスも負けが込んでいたので真剣にプレイをしていたと思います。

それでもジャパンが引き分けに持ち込んだのは、限りなく勝利に近い引き分けといっても過言ではないでしょう。

ただキックでも得点を逃したのはちょっと痛かった。タラればなないが、もしかしたら勝っていたかもしれないかな。いずれにしても今後の期待の持てる内容だったと思います。

そして、何が最低か!!!というと、某民放テレビの実況。
本当に最低最悪、しかも元ラグビー経験者というのに・・。

思わず消音してテレビ観戦しておりました。聞いてらんない。
トンガ戦は違う実況だったので聞いてられましたが・・・。

 

そして最高だったのは引き分けだったこと、言わずもがなですね。

ではでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA