サンウルブズxチーフス

何から書こうか。

まずは前々説のシャークス戦から。
南アフリカへ遠征し、敵地一戦目。
お話になりませんね、初先発選手もいてちっとも動けてない。

敵地二戦目、ライオンズ戦。
シャークス戦で惨敗だったから惨劇が待ち受けるだろうと思ったら、なんとライオンズ相手に負けはしたが2点差。

サンウルブズのラッシュディフェンスが功を奏した。所々問題はあるもののやればできるのです、こういうラグビーが!!

さて、昨日の第五節、チーフス戦。
オールブラックス代表メンバー数名を要する強豪チーム、昨年まで日本代表のリーチが所属していたチームです。
そのリーチ選手。

手前を歩くは姫野選手。将来はJapanを背負う選手です。

チーフスの注目選手はダミアンマッケンジー。

彼はオールブラックスキャップはまだ一桁だが、今後の活躍が期待されている選手です。この日は彼見たさに訪れたファンも多いのではと思います。マッケンジーはゴールキックを蹴る時にニヤっと笑うのがルーチン。

ニヤニヤされまくりだった。

そして、今もっとも注目されている選手はホセア・サウマキ

私ごときが言うまでもなく、今後細かい修正をしていけば、恐ろしく凄い選手に育つと思います。トンガ7人制代表の経験があるため、時間的余裕がなく、Japanになるにはかなりハードルが高いが何とかJapanになっていただきたい選手です。

でっ!!!!!

肝心の結果ですが・・・惨敗ですよ惨敗!!!!!

これはね、技術がないとかフィジカルが弱いとか、もうそういう次元の話ではないです。技術、フィジカル、フィットネス、多少劣勢な部分もあるけども、問題はヘッドコーチ及び首脳陣に問題があるとしか思えない。

サッカーだったらどうなるんだろうか、おそらく解任でしょ。

ただそこはラグビー。

別に勝っても負けてもマスコミはちょびっとしか動かないし、仮に勝っても「ふ~ん」で終わってしまう。経済も動かない、だから注目されない、どうでもいい・・・この流れです。

ジョイミーヘッドコーチは良い選手を集めて強化するタイプですね、選手を育てるタイプではなさそうです。スーパーラグビー参戦目的は日本代表強化ですから、その目的から外れる。

どうせ負けるなら誰がやっても一緒でしょ。しかも外国人選手が未だに多いのはどういう算段だろうか。理解に苦しむ。

ま~そんな思いを胸に、秩父宮をあとにしました。

さい先良い

気温が上がって花粉飛ぶ!!

辛い季節がやってきました。
辛いにはつらいですが、嬉しいことも。

それは越冬から覚めた昆虫が出始めていること。

日中はヒオドシチョウを見ました。

越冬個体と思います。

そして先ほど、散歩中にケラを見ました。だけどちょっと変。

やっぱり負傷していました。

アスファルトには体液のシミが・・・自然界は厳しい。

そしてもう一つはカマドウマの幼虫・・かな??

カマドウマに関してはお勉強中なので、種名はわかりません。
恐らくポピュラーなマダラカマドウマと思いますが・・・

 

ちょっと苦手だな~・・・カマドウマは・・・・・。

帰りがてらにもう一匹ケラを発見。こちらは元気そう。

今年の昆虫撮影&観察のテーマはバッタ目なので、幸先の良いスタートをなりました。

 

ではでは。

撮影機材
OLYMPUS Tough TG-5 + フラッシュディフューザー FD-1

2018 SUPER RUGBY 第3節

SUNWOLVES 17 vs REBELS 37

大敗・・・

3月3日、快晴。秩父宮ラグビー場。
開場待ちに並びました。

なぜなら・・・

 

自由席だからです。

前回はお布施のつもりで良い席を買いましたが、
毎回だと破産するので・・・。

しかし、このゴール裏はラインは意外と見やすいのですよ。
ラグビーは陣取り合戦ですから、蛇腹のように陣地が移動します。試合を横から見ると右に行ったり左に行ったりします。つまりテレビ観戦するのと一緒です。ゴール裏から見ると陣地が手前に来たり、奥に行ったりします。これはテレビでは見れません。ラグビーは左右にボールを展開して陣地を進めることが多いですから、ゴール裏の観戦は意外と試合の流れや攻守の陣形がわかりやすく、意外と良い場所なのです。

それにチケットが1500円と安い。前回は5000円・・・。
しかし差額分をデパ地下で散財してちゃ意味がない・・・。

さて、今、秩父宮を青山ラグビーパーク構想が進められていて、いろんなイベントを企画しています。その一環?なのか、今回はDJ KOOさんがお見えになりました。

しかも私たちの席の真裏でまさに超S席。

しかしながら・・・

ワタクシ共はその辺りの知識や興味は皆無に等しく、その昔「テレビのCM等で流れていたね」、位の知識しかないので、申し訳ながら選手のウォームアップを見ておりました。

そのウォームアップ風景。

銀狼、まさに狼色に髪を染めたラファエレ選手

調子良さそうでしたが・・・

さぁ~試合開始

前半開始早々、SOのヘイデンパーカー負傷交代。
ラファエレが脳震盪で負傷交代。
その数分後、ウイングの山田選手が脳震盪で負傷交代。

前半20分も立たないうちに3人が負傷交代を余儀なくされ、選手が足りなくなり、フォワード選手がバックスに入る事になる。

案の定、トライを量産された。
後半にカークがトライを取った。

そのカーク(試合終了後にサインをするカーク)

しかし試合終了間際にカークのペナルティでペナルティトライを取られて万事休す。

う~~ん・・・

っと考え込む私・・・(緑の帽子です)

緑色のキャップはアイルランドのキャップです。

ど~したもんでしょうね、これで来年はワールドカップですよ。初戦でもメンバーを見て、???っと思い、今回はこの結果。

そもそもスーパーラグビー参戦はJapanの底上げが目的では?
今回の試合を観て不満、疑問、不安、嫌気、いろんな気分が交錯した人はいっぱいいると思います。困ったもんです。

更に!!

青山ラグビーパーク構想は良いとしても、有名芸能人を呼んでも集客には繋がらないし、ラグビー人気が上がるとは思いませんし、肝心の選手のレベルアップには繋がりません。誤解なきよう書きますが、郷ひろみさんやDJ kooさんが良いとか悪いとかじゃなく、ラグビーを見に来てるのであって、ショーを見に来ているわけではないのです。

選手の育成が最優先と思いますが、どう考えているのか・・。

観戦記のはずが愚痴になってしまいました。

ではでは。