スーパーラグビー サンウルブズ

2018年、サンウルブズ、いままでの戦績
25-32  ブランビーズ H
17-37 レベルズ   H
22-50 シャークス  A
38-40 ライオンズ  A
10-61 チーフス   H
29-50 ワラターズ  H
10-24 ブルーズ   H

全部!!!負け!!!

ホーム秩父宮の試合は全部観戦に行っています。

唯一、満足のいく試合は南アフリカで行ったライオンズ戦。
強豪相手に2点差は大したもんです。前節のシャークス戦がひどすぎた事もあり、余計にそう感じたのかもしれません。

それにしてもね~・・・

そもそもスーパーラグビー参入は日本代表強化が目的でだったはずだが、今は日本代表資格のない外国人選手が多い。

ブルーズ戦もそうだが、試合の流れによっては日本生まれの日本人がたった2人になってしまい、多国籍軍となっている。代表強化の目的はどこに行ってしまったのか。

NDS(National Development Squad)
将来日本代表に選出される可能性のある高いポテンシャルを持った人材に加え、スーパーラグビーチーム ヒト・コミュニケーションズ サンウルブズのメンバーのうち遠征に参加しない選手たちも招集し、日本代表のマインドセットを共有することで、将来日本代表に選出された際にスムーズな合流を目指す取り組みです。
(JRFUホームページより抜粋)

現在NDSはニュージーランドに遠征中。

サンウルブズとNDSがうまく噛みあって良い結果をを期待したい。

6月にはイタリアと2試合、ジョージアと1試合があります。

これに全勝し良い試合内容でなければ、ラグビー界もサッカー同様、監督解任騒ぎになるでしょう。

と、言うか、すでに解任してほしいと個人的に思う今日この頃。だけども、この私の思いが「妄言多謝」になってくれ!

とも思っています。

ビィーとビャァー

ビィー (クビキリギス)

ビャァー (シブイロカヤキリ)

越冬したシブイロカヤキリとクビキリギス。
寒い冬をよく頑張りましたね。良かった。

ここ数日、夜の気温が上がらないため鳴いていませんが、先日の暖かい日に撮った個体です。

ビィーとビャァー、微妙に鳴き声が違いますがシブイロカヤキリの方が五月蠅い印象があります。

鳴き声での識別は難しいですが、姿を見ればわかると思います。クビキリギスは頭が尖がっているので、「トンガリのクビ」

シブイロカヤキリの頭も尖がっていますが・・・短足です。なんとも身につまされる思いですが、「短足のシブ」です。

前脚、真ん中の脚、後ろ脚とありますが、後ろ脚が短いです。

これで夏になるとクサキリも出てくるので厄介です。

ではでは。

2018年 全国高等学校選抜ラグビーフットボール大会

2018年 全国高等学校選抜ラグビーフットボール大会
決勝トーナメントが本日始まりました。

2019年ラグビーワールドカップの会場にもなります。

ラグビー競技場は改修工事中ですので、今は陸上競技場で試合を行っています。チケット代は500円なり。

決勝トーナメント表

関西勢は大阪桐蔭、御所、報徳、天理、4校も決勝進出です。関東2校、中部地区1校、九州1校。関西強し!!

 

野球とラグビー、、、同じ選抜でも扱いがドエライ違いますが、
生徒たちは熱い戦いをしています。

駐車場には関西ナンバーの車もちらほら見かけました。
親御さんたちも熱いですね。

今日は準々決勝、7日準決勝、8日決勝です。

お近くの方は是非!

さくら

今更ですが、桜の話題でも。

まずは3月24日(土)秩父宮の帰りに千鳥ヶ淵へ。

まだ3~5部咲き程度でしたが人はいっぱい。

田安門の桜は良い感じでした。

さぁ~千鳥ヶ淵緑道に行きましょう・・・・・

っと、向かいましたが、あまりの人出に嫌気が差してしまった。まぁ~とにかく凄い人の数でした、スーパーラグビーの比じゃない人気ぶりでした。

ちょろっと写真を撮ってさっさと退散。このまま電車に乗るのもつまらないので、靖国通りを歩き、神保町は白山通りにある、今月末で閉店してしまう「いもや」に行こう!と言う事になった。

その「いもや」

しかし、、、ここも人がイッパイ・・・行列だ。

もしかして「とんかつ」の方も・・・

行列だ・・・

別れを惜しむ方がいっぱいいるのです。

お疲れ様でした。

後楽園駅まで約2.4kmのお散歩でした。

 

本題のさくらに戻ります。

お次は3月28日、サイクリングでお花見をしました。
荒川サイクリング道路の吉見町の桜です。

この日は川越まで走りました。64km程度のサイクリングでした。

帰路、夕日に照らされた菜の花。

同じく、吉見町の桜。

黄昏時、とても良い雰囲気でした。

今年は良い花見ができました。

ではでは。

撮影機材
OM-D E-M1 Mark II+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
OLYMPUS Tough TG-5