jima のすべての投稿

コオロギ 鋭意精査中

秋の虫がだいぶ多くなり、鳴き声も少し賑やです。
賑やかなのは良いのですが、識別が難しい。

夕飯を食べながら聞こえてくるコオロギの種類は、エンマ、ツヅレサセ、ハラオカメ、モリオカメ、ミツカドくらいです。

外に出るともっと賑やかで、キリギリスの仲間もたくさん出てきているのでますます混乱してきます。

ウマオイ、ササキリの仲間、クサキリ、ツユムシ等々。

今思うとマツムシも鳴いていたかな?っと思います。

そして写真はもっと難しいです。
エンマコオロギ

意外と簡単に見つかったミツカドコオロギ

これがなんだろな~~・・。鳴き声は地味だったように思います。

それとこれは昼でも見られる私のお気に入りの虫です。

アカハネナガウンカです。
失敗写真ですが、可愛い昆虫です。

こちらが・・・どっちだろ。

鳴き声はシィチョッシィチョッシィチョッっと早かったので、
ハタケノウマオイと思いますが、間違いかな・・・自信なし。

また夜に歩いてみます。

鳴き声と姿をマッチングさせるのはちょっと大変ですが、
そこそこ遣り甲斐のある作業かな~っと思います。

撮影機材
OLYMPUS Tough TG-5 + フラッシュディフューザー FD-1
with 昆虫ナイトシステム(後日掲載します!!)

クロアナバチ

残念な休日です。しっかり雨が降っております。
登山の予定が無い休日はジョギングやお散歩、自転車にあてるのですが、それも出来ないとちょっとストレスが溜まります。

さて、題名のクロアナバチです。

OLYMPUS Tough TG-5 + フラッシュディフューザー FD-1
(この個体は森林公園で撮影)

毎年同じ場所に巣を作ります。ただその場所が問題??で、
住宅街の歩道に面した場所で、しかも通学路なのです。
人相の悪い中年男がじっと地面を見つめて、時々撮影している。

怪しい!!!

少しでも怪しまれないよう、山の神に時間がある時は2人で撮影に行くようにしています。このご時世ですから、近隣住民の安心を得るためにも幾何かの対策は必要なんじゃないかと思います。

その撮影風景ですが、今年は動画撮っています。

この日は三脚を忘れたので直置きで撮りました。
まずは一つ目の坑道を掘る作業するクロアナバチです。

別個体A。
3本ある坑道の中央を埋め戻す風景です。4倍速編集です。
坑道を3本掘り、中央の穴が本当の巣だそうです。ダミーの穴は何のために掘るのか知識不足で分かりません。調べてみます。

個体Aの別アングルです。2倍速編集しています。

撮影機材はOLYMPUS Tough TG-5 です。

ちょっとした動画撮影ならまったく問題ないかと思います。

これで獲物を持ってくるシーンが撮れれば最高なのですが、それには長時間待たなければなりません。

やはり営巣場所が問題です。もっと人の通らない場所を見つけるしかなさそうです。

やっぱり微妙だなぁ~

ノコギリクワガタ

OLYMPUS Tough TG-5 + フラッシュディフューザー FD-1


OLYMPUS Tough TG-5 + フラッシュディフューザー FD-1

カミキリファンには申し訳ないですが、ちょっと微妙。

何が微妙かと言うと・・・

なんとなくゴキちゃんに似ている感じが・・

OLYMPUS OM-D E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO 1.4x テレコンバーター

するのです。だからちょっと苦手です。

 

それにしても天気も微妙ですね。

お隣の市は暑さで有名な熊谷市ですが、涼しい毎日が続いています。天気予報もずっと曇り。稲作や果物、野菜などの出来具合に影響が出なければ良いのですが。

ブドウは水分が多すぎると亀裂が入ってしまうそうです。梨は水分が多いと水っぽくなり、甘みが薄くなるそうです。

函館の親戚に美味しい梨を食べてもらいたいのですが・・・。

女子ラグビーワールドカップ

女子ラグビーワールドカップ2017 アリルランド大会

サクラフィフティーン、もうちょっとガンバレ!

初戦はSix Nations、6か国対抗で優勝したフランス。
結果は 72v12 で敗戦。

感想としては前半は浮足立っていて連続失点。
フランスとの体格差はいかんともしがたく、タックルミスを連発。後半は幾分ほぐれた感じで低くタックルをする選手もいた。

現代ラグビーは男子もそうだが、体格差はあってもスキルやフィットネスでカバーできるように思う。骨量、筋肉量の違うアジア人は低く低く地道に地道にしつこくタックルに行く必要がある。

ちなみに先に行われた男子のアイルランド戦は、緊急招集されたトンプソンルークは体が大きく、力もあり、フィットネスもある。その選手が地道なプレイをするのである。

鬼に金棒とはこの事だなと思いました。

さて、今回はどうだったか。

残念ながらそれが無いに等しい試合だったように思う。
派手なプレイは出来ない分、ブレイクダウンを丁寧にしてオフロードパスをせず、忠実にボールを生かし繋ぐ、これを確実にし、低いタックルを繰り返していけば最小の失点になるように思う。

次戦はアイルランド戦、正直今のサクラフィフティーンでは勝てる試合ではないが、どこまで善戦できるかが重要と思う。

フランス戦を見てアイルランドはきっとフィジカルの持ち込むだろう。体格差が物を言う、いわゆる肉弾戦だ。

地道にいくのだ!!!

お盆休み

各地で帰省ラッシュにより渋滞が発生していますね~。

お盆は殺生しちゃいかんと言われていますが、昆虫には関係ないことでしょうね。

ちょっとビビりながら撮りました。
キイロスズメバチの狩り、獲物はニイニイゼミです。

OLYMPUS OM-D E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO 1.4x テレコンバーター

ちょっとシュールに、ソフトクリームのディスプレイを入れて撮ろうと欲をかいたらスズメバチがこちらに向かってきたので、上手く撮れなかった一枚。ビビった・・・。

OLYMPUS Tough TG-5 + フラッシュディフューザー FD-1

く、くやしい!!
ハチ一匹にビビってしまった・・・。

色気を出すとロクなことがないので退散です。

う~~ん、やっぱりビビッてしまった自分が情けない・・・
悔しい思いを胸に樹液酒場に行くとここにもスズメバチが。

チャイロスズメバチです。

OLYMPUS OM-D E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO 1.4x テレコンバーター

このハチはキイロスズメバチの巣を乗っ取る社会寄生種です。
詳しくはこちらのホームページをご覧ください。
森林総合研究所
レッドデータブックとちぎ

さっきまでちょっと憎たらしいキイロスズメバチでしたが、
アンチクショ~っも大変なんだな、っとちょっと同情しました。

家に帰ってよく写真を見るとタマムシの翅が。
トリミングの拡大写真です。

撮影中も周囲に気を配り観察すべきと反省しました。

 

それにしても腰痛が良くなりません、やっぱり年々治りが遅くなっています。しかし激烈な痛みはなく、鈍い痛みが続くのです。これはこれで困ったもんです。

本当の気持ちは本腰を入れて昆虫撮影をしたいのですが、今は運動をして筋力の維持向上が必要な体です。激しい運動が出来ない分、スローな運動をして、そのついでに昆虫撮影を楽しみたいと思います。

 

ではでは。

昆虫ナイトウォーク

10日くらい前だったかな?
もう少し前だったか、コオロギが鳴き始めました。
鳴き声からツヅレサセコオロギと思います。

まだまだ種類は少ないですが、コオロギ2~3種類、カンタン、
ハタケノウマオイ、ササキリの仲間が鳴き始めています。
写真はハタケノウマオイです。

OLYMPUS Tough TG-5 + フラッシュディフューザー FD-1

昼間に鳴く昆虫と言えばこの時期はセミでしょう。
そんなセミの羽化を昨晩撮影しました。

昆虫ナイトウォークの始まりです!!

まずはミンミンゼミです。

OLYMPUS Tough TG-5 + フラッシュディフューザー FD-1

翅が東京-名古屋間です。。。

 

・・・透明です・・・
(少し涼しくなったでしょうか)

 

セミの羽化は子どもの頃、父と見た覚えがあります。
とても衝撃的な出会いで、その時に見たのは間違いなく翅が乳白色に輝くアブラゼミでした。

(ブレ写真ですがご了承ください)
OLYMPUS Tough TG-5 + フラッシュディフューザー FD-1

美しい乳白色です。
ファイアーキングみたいですね。

この時期、もう一つの楽しみはカラスウリの花を撮る事。

OLYMPUS Tough TG-5 + フラッシュディフューザー FD-1

妖しくも美しい花です。

受粉昆虫はスズメガです。

そして家に帰ってきて何気に外壁を見るとスズメガが一匹。

OLYMPUS Tough TG-5 + フラッシュディフューザー FD-1

モモスズメと思います。カラスウリの受粉昆虫ではありませんが、収穫の多いナイトウォークでした。

 

夜に撮影することが多くなる時期です。怪しまれないよう、しっかり虫屋の格好をして撮影したいっと、思っております。

青空と夕焼け

8月7日(月曜日)
青空と入道雲が見れた。

午前中だけ晴れました。ところにより、ずっと晴れだったみたいですが、この腰痛じゃ登山はできません。

リハビリを兼ねて「避暑地」を少し歩きました。

 

ウソです。

近所の雑木林です。
なんとなく避暑地っぽい? 暑かったですが・・。
緑があると体感的にも気分的にも涼しくなります。

でもでも・・・気になる場所が・・・

クズが生い茂る荒れ地ですが、ソーラー発電だけは絶対反対。
そんな人工物を見て歩くなんてまっぴらごめんです。
そういえば、関越自動車から見える美里町の諏訪山にもソーラーパネルがありますね。グーグルマップでも見れます。どういう経緯が知りませんが、残念です。

閑話休題

やっと夏らしくなりました。

8月8日(火曜日)
未明に台風が過ぎ去り、雲は多いが晴れた。

ミントで吸蜜するヒメアカタテハ。

なぜか田んぼの脇で毎年咲くのです。

ザクロ

久しぶりに撮ったムラサキシジミ。

こちらは去年も撮ったかな??
ジャコウアゲハの幼虫。ウマノスズクサを美味しそうに食事中。

ジョギング0.5割、早歩き9.5割、13kmのお散歩でした。
おそらく気温はそんなに高くないと思いますが、湿度が高い感じで、蒸し暑い日でした。

そして夕焼け。
ちょこっとだけですが。

やっと夏本番になるのかな?

おわり。

 

毎年のように、私の休日は台風と重なります。予定ではテントで1泊の山行予定でしたが、今回も大当たり。いずれにしろ腰痛で行けないので晴れたらもっと悔しい思いをしていたでしょう。

そんな連休を日記風にまとめてみました。

明日はもっと暑く(熱く!!)なるようです。

ご自愛くださいませ。

不惑

不惑=「物の考え方などに迷いのないこと」
国語辞書 – 大辞泉より抜粋。

台風5号もやっと40歳を迎え?、迷いがなくなったようです。
だからと言って日本列島を縦断するんじゃありません!

(気象庁HPより頂きました。(問題あれば削除します)

っと、小言の一つでも言ってやりたいくらい、迷走台風ですね。
この台風が過ぎれば真夏の空が帰ってくるのでしょうか。

自分史上、最も長く続いている趣味は昆虫撮影や観察です。
これに迷いはありません。観察や撮影スタイルも「身近な昆虫」が基本的なコンセプトとなっております。

身近な昆虫の代表格カブトムシ。
この構図は青空が欲しかった。(森林公園にて)

OLYMPUS STYLUS TG-4 Tough + FCON-T01

ですが、最近は森の中にいるだけで満足している自分がいて、躍起になって撮影することが少なくなったな~っと感じています。

その点はもしかしたら何かの迷いなのかもしれません。

不惑で思い出しましたが、来月、深谷トリニタス不惑のチームと試合があるようです。お誘いを頂きましたので、腰をしっかり治して試合に臨みたいと思います。

良かった!!

昨晩の遅くにLINEがきた。

送り主は友人のボリちゃんだった。
最近はクライミングに夢中で、最近は屋外の岩場も登っている。
登行スタイルは違えど、山の同士、嬉しいかぎりです。

何かな??っと見たら、今富士山に登っているとの連絡だった。
確か高山は苦手で2000mでも高地障害が出たはず。

返信をしたら予防薬を飲んでいるという。。。

用意周到、抜かりなし。流石だ。。

そして無事山頂に立ち、御来光の写真を送ってくれた。

いやぁ~~良かった良かった。
無事に下山もしたとの連絡も入り益々良かった。

私もどこでも良いので、秋になる前に夏山に一度は登りたい。

 

里山はと言うと、秋と名の付く花が咲いています。
アキノタムラソウ。

OLYMPUS Tough TG-5

フシグロセンノウも10月まで咲くという。

OLYMPUS Tough TG-5

どちらも森林公園での撮影。

 

ま、とにかく!!

めでたし、めでたし。