カテゴリー別アーカイブ: クモ

卵嚢を襲うサシガメ

昨日の予告通り、ジョロウグモの卵塊を襲うサシガメです。

昨日は卵塊と書いたが卵嚢(らんのう)が正解のようです。

さて、その卵嚢に口吻を突き刺し、チューチューと卵を襲うサシガメが目についた。メスグモは一目散に卵の元へ・・・・

とはいかないようですね。メスグモも動くのがやっとのようで、ノソノソと登ってきて足を一本サシガメに伸ばすだけ。

動きが遅いとはいえ、体が何倍も大きいメスグモにはサシガメも後ずさりするしかありません。

更に体を張るメスグモ

サシガメはグングン後退していきました。

快晴の秋空の元、命を守る戦いが繰り広げられていました。

OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mmF2.8Macro +マクロフラッシュ STF-8

昨日の続き

また雨ですか・・・
もうこれで最後の台風となってほしいと思う次第です。

さて昨日の続き。今日はクモとカマキリ!

気持ちの良い森の中の道。

OLYMPUS OM-D E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6

ちょっと開けた場所でオオカマキリを発見。

OLYMPUS OM-D E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6

ですが、もう元気がありません。お腹はパンパンだったので産卵はこれからかな?っと思われます。

こちらは卵塊を守るジョロウグモのメス。

OLYMPUS OM-D E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6

秋ならではの光景かと思います。

こちらも秋の風景。
エノキの黄葉とジョウロウグモ

OLYMPUS OM-D E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6

おわり。。

明日はジョロウグモの卵塊を襲うサシガメです!!

こうご期待!!

 

期待するほどでもないですが・・・

宇宙人侵略計画!?

我々は宇宙人だ!👽

OLYMPUS OM-D E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mmF2.8Macro +マクロフラッシュ STF-8

今日は我々の宇宙船を紹介しよう!!

OLYMPUS Tough TG-5 + フラッシュディフューザー FD-1

地球を占領するのだ!!!

 

ワッハッハッハッ~~~

 

はぁ~~ぁ・・・。。

さて、写真はオオトリノフンダマシです。
鳥の糞に擬態している様ですが、私にはどうしても宇宙人に見えてしまいます。2枚目はその卵です。つまり命を乗せた宇宙船というわけですね。

 

いつ見ても不思議なクモです。

森の忍者たち

樹木の葉の上で鳴いている虫。
アオマツムシ。

OLYMPUS OM-D E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mmF2.8Macro+Nissin i40

今の時期、樹上でやかましく鳴いています。沢山いる所では林床で鳴いているコオロギの鳴き声は全く聞こえません。

それはさて置き、忍者のお話。
森の忍者はだいたい隠れ身の術ではないでしょうか。

エントリーナンバー1番。
アオマツムシ

OM-D E-M1 Mark II+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mmF2.8Macro +マクロフラッシュ STF-8

これだけアップだと分かりやすいですが、アオマツムシの模様と、葉の色具合はいかがでしょうか。少し似ていますね。

もう一枚。

OM-D E-M1 Mark II+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mmF2.8Macro +マクロフラッシュ STF-8

遠目だと意外とわからないものです。何度も見ている昆虫ですが、こうしてみると意外と分かりにくいんだな~っと感心した次第です。

エントリーナンバー2番
ウラギンシジミの幼虫。どこでしょうか。

OM-D E-M1 Mark II+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mmF2.8Macro +マクロフラッシュ STF-8

ここです。クズの花のてっぺんにいました。

OM-D E-M1 Mark II+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mmF2.8Macro +マクロフラッシュ STF-8

言われれば分かりやすい擬態ですね。

エントリーナンバー3番
どこにいるのでしょうか。

OM-D E-M1 Mark II+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mmF2.8Macro +マクロフラッシュ STF-8

答えは画面のど真ん中。

キノカワガです。

OM-D E-M1 Mark II+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mmF2.8Macro +マクロフラッシュ STF-8

こちらも遠目で見れば難易度の高い擬態です。

キノカワガは何度も見たことはありますが、ウラギンシジミの幼虫は教わって初めて見ることが出来た次第です。

最後に・・・宇宙人に擬態した・・・・・

OM-D E-M1 Mark II+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mmF2.8Macro +マクロフラッシュ STF-8

それは冗談ですが、何度見ても宇宙人そっくりですよね~。
今が旬なのか、必ず見かけるオオトリノフンダマシです。

本日もご覧いただきありがとうございました。

OM-D E-M1 Mark II+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mmF2.8Macro +マクロフラッシュ STF-8

m(__)m

おすすめの本(私の愛読書です)

もはや閲覧注意か・・・

雄大な山岳風景、可憐な高山植物、満点の星空、
そんな美しい自然の写真を数多く載せていました。

 

 

しかし・・・今は・・・

宇宙人襲来だとか・・・(トリノフンダマシ)

OLYMPUS OM-D E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mmF2.8Macro +マクロフラッシュ STF-8

幽体離脱だとか・・・(お寝坊さんのアブラゼミ)

OLYMPUS OM-D E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mmF2.8Macro +マクロフラッシュ STF-8
(当地方だともうすこし早い時期に羽化するセミです。)

私も気持ち悪いと思うコモリグモだとか・・・

OLYMPUS Tough TG-5 + フラッシュディフューザー FD-1
(背中に乗っているのは小さい子グモです。子煩悩です)

コウガイビル。私の靴のサイズは27.5cmです。

OLYMPUS Tough TG-5 + フラッシュディフューザー FD-1

ヤマナメジクジ・・・でかい、でかるすぎる!!

巨大なクモ(種名は精査中)

OLYMPUS OM-D E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO 1.4x テレコンバーター

もはや「閲覧注意」と化したこのブログ。

いったいどうなるんでしょうか。自分でも迷走気味です。

さっさと腰痛(椎間板ヘルニア)を治して山に行きたいです。

 

でも昆虫撮影はやめません。

昆虫撮影(観察)は私の心の支えです

クツワムシ

ああ!!

宇宙人だ!!

OLYMPUS OM-D E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mmF2.8Macro +マクロフラッシュ STF-8

韮澤潤一郎さんに知らせなきゃ!!

冗談はさておき、オオトリノフンダマシです。
どうみても宇宙人そっくりです。

 

本題です。
クツワムシの撮影に行ってきました。運転をすると腰が痛くなりますが、30kmくらいの運転なら問題ないです。

撮影場所は毎度お馴染みの北本自然観察公園です。
暗くなるにつれて多くのクツワムシが鳴き始めました。

褐色型(赤系)のクツワムシです。

OLYMPUS OM-D E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mmF2.8Macro +マクロフラッシュ STF-8

この日はメスも見れて収穫が多かったです。

OLYMPUS OM-D E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mmF2.8Macro +マクロフラッシュ STF-8

動画も撮影して帰路につきました。

帰り際、近所のいつもの撮影場所に行くと、障子の張ってある枠が捨てられていて、すぐ傍にはコンビニ袋に入ったゴミが捨てられていました。

憤りを感じます。人があまり通らない場所ですので、(だから虫も多いのですが)ゴミを捨てる人が多いのでしょう。以前はため池にバイクや自転車も捨てられていました。困ったもんです。

撮影場所も考えないと身の危険を感じます。

そんなこんなで、昆虫ナイトウォークも身の安全を優先して撮影場所を選んで行こうかと思う次第です。

クツワムシ動画です。カメラ、照明は手持ちですのでブレが酷いです。酔わないようにご注意くださいませ。

機材はTG5に懐中電灯です。

あっ!!

これは!!!

セアカゴケグモ??

STYLUS TG-4 Tough + フラッシュディフューザー FD-1

イエイエ違います。これは「フノジグモ」だそうです。

私はクモはよく分かりません。この種も初めて見ました。

綺麗な朱色に魅かれての撮影です。
双翅目を捕食中でした。

最近はヒアリが話題になっていますが、セアカゴケグモも生息域を拡大しているようです。これからの時期、野山で遊ぶ機会が増えるので注意が必要ですね。

気を付けましょう!!

オオモンクロクモバチ

狩りバチの仲間はとても興味深いハチです。

先日のジョギング中に足元を黒い物が飛びました。

様子が変だなと思ったら案の定、狩バチでした。

オオモンクロクモバチ (ぶれてます)

OLYMPUS Tough TG-5 + フラッシュディフューザー FD-1

狩られたクモ

OLYMPUS Tough TG-5 + フラッシュディフューザー FD-1

クモは死んでいません。麻酔をかけられ、いわば仮死状態です。狩りバチの幼虫が仮死状態の新鮮な餌を食べるわけです。

オオモンクロベッコウと呼ばれていましたが、今はクロクモバチと呼ぶのが正解のようです。

ここら辺の分類は今一つ理解していません。