カテゴリー別アーカイブ: ラグビー

サンウルブズ NZ遠征

さて、本日はNZ遠征初戦、クルセイダーズ戦です!!

前回に引き続き連勝だ!!!・・・

 

・・・さすがにそれは無理かな・・・

なにせクルセイダーズは連勝中。

それでも何か一つでもいいので収穫があれば良いなと思う。
スクラムで負けないとか、ラインブレイクできるとか・・。
勝たなきゃ意味は無いけど、次に繋がる何かが欲しい。

あと一時間でキックオフです。

応援しましょう!!

サンウルブズ 今季初勝利

やっと勝った!!
サンウルブズ 21 v 20 ブルズ

霧雨が降る秩父宮ラグビー場。お風呂のリフォームを余儀なくされているので、今回は一番安い立見席で観戦しました。

でも実はけっこう見やすいんですよね。

そして今季初勝利!!!やった!!!!

そしてそして節約したつもりなのにサンウルブズレプリカシャツと、なぜかジャパンのシャツも買ってしまった・・・。

 

節約の意味なし。

まぁ~良いじゃないか!!
勝ったことだし。お祝いだ!!

下の写真は38歳の現役、大野均選手。

最後までファンサービスをしていました。

緑のピッチに桜の花びらが舞い降り、とても素敵な一瞬でした。

カメラが携帯なのが残念だったな~。。

サンウルブズ3連敗

スーパーラグビーが開幕して3週目です。
今年はニュージーランドカンファレンスと当たります。

初戦はハリケーンズ戦。17vs83
もぉ~ぼろ負け。。。
まぁ~これはしょうがない、昨年の王者ですからね。
オールブラックス予備軍みたいなチームです。
前半は主要メンバーがいなかったものの、王者相手に3トライは大したもんです。でも負けは負け。勝たなきゃ意味が無いのです!っとエディーは再三言い続けたそうです。スクラムが互角で喜んでちゃダメってことです。

第2戦目、キングス戦。23vs37
勝てたんじゃないのか?? あぁ~・・そんな内容でした。
ミスからの失点が多くストレスの溜まる試合内容でした。選手たちに疲れが溜まっているような印象を受けました。

第3戦目、チーターズ戦。31vs38
第2戦目同様、ストレスの溜まる試合内容でしたが、ストレスの内容がちょっと違う感じ。ミスはなく、ブレイクダウンも早い、ディフェンスもまずまず。
だけどもディフェンスミスから失点している。フィジカル面は互角なので、今後修正をすれば十分勝てる相手だと思います。
5月27日に秩父宮でチーターズと再戦するので応援に行くか!!

も、しれません。。まだ未定。

昨年は1勝。今年は2勝してほしいな~~。。

 

まったく関係ないですが、今朝ウグイスの鳴き声を聞きました。

春です。

原因がわかった??

唐突ですが、今月2月25日、いよいよスーパーラグビー開幕です。
2シーズン目のサンウルブズ!!楽しみです。
初戦は前回王者のハリケーンズ・・・。

頑張ってもらいましょう。

さてさて、またまた唐突ですが、膝痛の原因がわかりました。

MRI、CT検査の結果、「円盤状半月板」との事です。典型的なものではないらしいのですが、それが原因だろうと。

稲毛整形外科さんのホームページに合点のいく文章がありました。

引用します。
十字靭帯や側副靭帯に代表される靭帯性組織が発達し,primary stabilizerとして関節の安定性を維持しています.したがって,正常の膝関節では半月板が膝関節の安定性に大きく関与することはありませんが,靭帯機能が低下した場合にはsecondary stabilizerとして関節安定性に寄与すると考えられています。 引用終わり。

つまり、膝関節の安定性が悪くなり(筋力の衰え)、靭帯機能が低下して半月板で安定性を保とうとしたけど、円盤状半月板だったので症状がでた。と言う病態ではないかと思います。

でもちょっと疑問が残る。円盤状半月板は先天的なものなので、今に始まったことではなく、昔からあったはず。先生も中高生のころとか膝は痛くなかったのか?と言う疑問です。

痛かったような痛くなかったような・・・。

ラグビーなんて全身が痛いスポーツだから気にならなかった??
でも痛かった思い出もあるし・・・。う~~ん、困った。

20代後半頃に痛くなった事はあるんだけどな~・・・。

 

いずれにしても、筋力低下は間違いなくあって、それが原因で痛みが出ていることは間違いなさそうです。登山を続けるからには痛みと相談しながら鍛えるしかない。なんとも面倒な体ですね。

 

地道に地道にトレーニングしていきましょう。

 

先日の黒檜山山行記録を更新しました。ご笑覧ください。

SUPER RUGBY

結果は先のブログに書いた通りでございます。

流石は一昨年の覇者です、強いです。

ですが参戦一年目、しかも時間の無い中でのチーム編成等々を鑑みると、
けっこう頑張ってるな~っと言うのが率直な感想です。
brp_12

それにしてもデカい選手ばかり。
brp_16

スケルトンは本当にデカい!!

サンウルブズ
brp_15

フィットネスに優れた日本人選手はあまりいません。人種によるものでしょうね。これはしょうがないことです。しかし立川選手はシーズン序盤より、明らかに強くなっているように感じます。更に田村選手はなんだか安定感が出てきて、こちらも安心感があります。

しかしフィットネスで勝っていたワラターズに後半にズタボロにされました。フィットネスは日本の得意分野でしたが、暑さにやられたか。。しかしそれはワラターズも同じこと。来年に期待しましょう。

国内開催はこれで最後です。流石に南アフリカまで応援に行けませんので、残りの試合はTVで声援を送りたいと思います。

brp_20

OLYMPUS STYLUS TG-850 Tough

Super Rugby

ROUND15 2016.7.2 Sat 14:15
SUNWOLVES 12 v 57 WARATAHS

国内最終戦。

気温35.5度の秩父宮に行ってきました。
brp_14

結果は残念ながらぼろ負け・・・

詳細は後程・・・

しかし強いは・・ワラターズ・・・

ワラビーズ代表選手10人もいるんだもん。。。

雨の森林公園 その3 はちょっとブレイク。

ラグビーネタです。

ラグビーテストマッチ 日本vsスコットランド
2戦2敗 ペナルティーキックでコツコツと点を積み重ねる、スコットランドらしいプレースタイルで負けました。

今回のスコットランドはほぼフル代表でした。

日本は怪我やリオの7人制で主要選手が少ない中での試合でしたが、今回ばかりはま~ま~良くやったと思います。

でも!!
日本はよろしくないプレーが続出だし、選手起用にも疑問が残る。レフリングも少々納得のいかない面もある。これらすべてがマッチしないと、フィジカルで劣る日本に勝ち目はないと思います。

このままでは絶対ダメ!!良くやったけど負けちゃダメです。

エディー以前のjapanに戻らないこと願うばかりです。

7月2日 サンウルブズvsワラターズ 観戦に行ってきます。
楽しみです。

サンウルブズ VS レッズ

久々のラグビーネタです。
サンウルブズ VS レッズ
35V25で負けです。

内容的にはサンウルブズもまとまってきているかな?
攻撃もいい感じだし、ハンドリングエラーもまーそれなり。
もう少し攻守を洗練されてくれば良い試合ができると思う。

サンウルブズの事はこれくらいにして、今回はレッズのディフェンスについて一言いたい。サンウルブズの攻撃が良かった面もありますが、
レッズのディフェンスがお粗末すぎる。

最たるものが五郎丸のショルダーチャージでしょうね。まずはフィルヨーンに対するパスの後のショルダーチャージ。
その次は リアキ モリに対するショルダーチャージ。

どちらもNOペナルティー。サンウルブズのとってアウェイだから?

リアキ モリに対するショルダーチャージにより、肩鎖関節脱臼による負傷退場。今期のスーパーラグビーから離脱です。

スーパーラグビーもそうですが、6月のジャパンvsスコットランド戦にも影響が出てくるでしょう。

反則なしの正規のプレーで怪我をしたなら同情しますが、反則すれすれ、しかも相手も大怪我をしかねない危険なプレーによる負傷。これは同情の余地はありません。

 

 

さて、気持ちを新たに!!
残り4試合、頑張れサンウルブズ!!

初勝利!!

スーパーラグビー第9節
サンウルブズ VS ジャガーズ 秩父宮ラグビー場

36v28で念願の初勝利です!!

おめでと~~!!

第8節のチーターズ戦ではひどい結果でした。
昔の日本代表のようでした。昔と言ってもエディーになるまでこんな感じでした。だからつい最近までひどい状態だったわけです。旧態依然とした協会の運営では日本ラグビーは100%強くなりません。ま~それはひとまず置いといて・・・。

とにかく念願の初勝利です。
そして勝利の瞬間を秩父宮で見届けました。

試合終了後のピッチ。
ssw_15

サインに応じるトュシピシ。
ssw_16

ピシは今期限りです。来期はヨーロピアンラグビーに行く予定です。

大味な試合内容が多かったサンウルブズでしたが、今回は比較的チームがまとまった試合内容だったように思います。

ジャガーズを勝手に分析すると、セオリー通りのトライは1本だけで、あとはトリッキーな動きでトライをとった感じです。私からは戦略の見えない試合運びでした。ディフェンスもいい加減なので、サンウルブズのラインブレイクは時間の問題とよんでいました。それが最終のラスト1分でのトライに結び付き、勝利を決定づけました。

突破力にたけた選手のいないサンウルブズが勝つためには、規律を守り地道にプレーするのみです。

っと、アタクシは思う次第でございます。

さて、次節のフォース戦は見に行けませんが、第15節のワラターズ戦は観戦に行こうと思います。

とにかくおめでと!!

スーパーラグビー

SUNWOLVES  27 v 30  BULLS

Singapore National Stadium

サンウルブズの負け。3点差。

今回の敗因を勝手に分析。

一言!!体格差!!
フィジカル、コンタクトの強いブルズ、昔のジャパンはスピードこそあれ、体格差で大きく不利でした。スーパーラグビー参戦するにあたり、一番懸念したのがやはりフィジカルの強さでしたが、これが現れた試合だったかなと思います。

3点差まで追い上げたのは、後半に足が止まったブルズに対し、まだ走れたことが追い上げの要員でしょう。またブルズはローテーションと言いつつ、戦力をやや下げたメンバーでの試合でした。南ア代表ストラウスが最高齢でチームを引っ張っていたように思います。

ちなみこのストラウス、我が家では「チャーリーとチョコレート工場」に出てくるチョコばっかり食べている、オーガスタス・グループに似ているので、チャーリーと呼んでいます。

閑話休題

さて、敗因はもちろんこれだけではありません。早急に修正が必要なのはラインアウトでしょう。これは最低レベルです。

フィジカルで多少劣りますが、小粒でも山椒のようにピリリと辛いプレーを地道に地道に行うことが大切だと思います。

がんばれ!!