カテゴリー別アーカイブ: 撮影機材

TG-5  プロキャプチャー撮影

昨日の夕方、拙宅地方は突風と局地的豪雨に見舞われました。
駐車場について車を出ようとしたら豪雨で車に缶詰。

雷鳴も近づき、車の中とは言えちょっとビビってしまった。
そしたら目の前に稲妻が走り、ドッカ~~んと一発。

ひえぇ~~っと恐れ戦く・・・が、ふと思いつく。

そ~だ、プロキャプチャーモードで撮ってみよう!!

次の稲妻を待つこと数分。

光った!!! パシャ!!

プライバシーに配慮しモザイクをかけています。

自分では光ったと同時にシャッターを押していますが、この通り。
何も映りません。当たり前ですね。

プロキャプチャーモードとは。
プリキャプチャー撮影は、シャッターボタンを押す前の画像を一時的に保管しておいて、シャッターボタンを押したときに一定の枚数をさかのぼって記録してくれる。この機能を活用することで、レリーズを切る前のシーンを押さえられる可能性が高まるのだ。TG-5のプロキャプチャーモードは、シャッターボタン半押しでプリキャプチャーがスタートし、全押しした0.5秒前から約5コマを記録する仕様となっている。
オリンパスホームページより引用)

で、こんな風に写ります。

プライバシーに配慮しモザイクをかけています。

4.3.2.1.とさかのぼって記録されていました。

つまり、1.が光って、よし!!っとシャッターを押しているのですが、写っているのは最初に乗せた何も写っていない絵が記録されているのです。

でもプロキャプチャーモードを使うとこのように、1.2.3.4と順番に、いとも簡単に稲妻が撮れてしまう訳ですね。

今まで私が稲妻を撮る時は、NDフィルターを使ってシャッタースピードを遅くして、三脚に載せて、長秒露出で撮っていました。正直面倒です。

今回は写り込みがないよう、車のフロントガラスにカメラを押し付け、光るの待つだけ。

待つことは変わりないですが、実に楽に撮れました。

蝶の飛翔を撮ろうと思って買ったカメラですが、意外といろいろな場面で使えそうです。遊びの幅が広がりました。

こちらもひたすら待って撮れた写真。

稲妻が横に伸びるのがよくわかります。

ではでは。

OLYMPUS Tough TG-5

Olympus Tough TG-5

買ってしまった・・・

また散財ですが・・・

レンズを下取りに出したので意外と安く購入。

何が変わったのか・・・

それはメーカーホームページを参照ください。まぁ~いろいろな機能が追加されました。キャプチャーモーションだとか4K動画撮影だとか。

あと、STYLUS の冠がなくなり、Tough が冠となった。

 

TG4 は STYLUS  TG-4 Tough
TG5 は Tough  TG-5

 

どうでもよいですね・・・失礼しました。

 

早速撮影。

ヤブキリ番長がこんなに大きくなっていました。

OLYMPUS Tough TG-5 + フラッシュディフューザー FD-1

画素数も1600万画素から1200万画素に変更になりました。

一見すればスペックダウンですが、高感度に強いと思います。
それと顕微鏡撮影時にTG4は800万画素になってしましましたが、TG5は1200万画素のまま記録できます。

まぁ~、初期不良が出ないことを祈ります。

 

それと、ついでに以前から気になっていたこちらも購入。
フィッシュアイコンバーターFCON-T01。

OLYMPUS STYLUS TG-4 Tough

35mm換算 18.5mmになるのでワイドな写真となります。
広角マクロ撮影は大好物なのでこれからが楽しみです。

 

久しぶりにミドリシジミの発生地に行ってみました。

数匹が卍飛行をしておりました。

TG-4 顕微鏡撮影

昨年、突然電源が入らなくなり、修理に出して無事退院。

でも、顕微鏡撮影でどうも左側が流れる。

こんなもんだっけ?

コンデジだし、っと少々諦めおりましたが、秩父宮に行くついでにオリンパスプラザに立ちより、ショールームの方に見て頂きました。そしたらやはりオカシイとの事で修理にだし、無事に退院してきた次第です。

修理内容はたぶんユニット交換でしょうか。
相変わらず詳細は不明です。

ちなみに、ショールームにいた方は4/3システムE-3の開発者だったそうで、私も所持していたので、大いに話が盛り上がってしまい、危うくキックオフに遅れるところでした。

本題に戻りますが、先日の森林公園でチューリップの中を撮影してみました。なんか綺麗に撮れましたよ。

このカメラは本当に良く撮れます。
クロスジギンヤンマ?の抜け殻も一枚。

ついでにもう一枚。ちゃんと背景もボケもでる。

なんと言ってもお気楽にマクロ撮影ができるのが良い。

ついでのついでにもう一枚。

鋭意調査中ですが、シモフリコメツキかな?と思います。

まぁ~良く撮れます。

今度TG-5が出るそうですが、スペック的に4Kが撮れるくらいで、大きな変化はないようです。欲を言えば撮像素子を大型化してほしいなと思います。

手放せない一台です。

 

ワイコンつけてもう一台買ってもいいな~。

ゴミか??

OM-D E-M1を購入後、一度センサークリーニングをしました。
そろそろお掃除に出したいのですが、多忙のため中々。。

そしてついに??ゴミが写ってしまった??

先月の写真ですが、ダリアにとまったキタテハです。
pb150001
OLYMPUS OM-D E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

PCモニターでみて、あれ!!ゴミか???

どこだかお判りでしょうか。
画面左側の水滴がついている花びらの横です。

トリミングしたものがこちら。
pb150001_1

よぉ~~く見たら虫でした。
流石オリンパスだなと、レンズの描写性能に驚きました。

蝶の撮影には欠かせない一本となりました。
pb150047
OLYMPUS OM-D E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

年内にお掃除に出せればよいのですが。。。

行けるかな~。。。

帰って来たTG-4

ちょっと前の話ですが、故障して修理に出していたTG-4ですが、一週間程で帰ってきました。
a1a_14

保証期間内なので費用は無料。
ピックアップサービスの送料1620円のみでした。
a1a_9
OLYMPUS STYLUS TG-4 Tough

修理表を見るとメイン基盤の交換と書いてありました。
カメラの内部で何が起こったのでしょうか、気になる所です。原因があれば、扱いに気を付けようもあるのですが・・・。

顕微鏡モードで。
a1a_10
OLYMPUS STYLUS TG-4 Tough

しかし良く撮れます。

が!! 周辺がこんなに流れたっけか???

コンデジだからこんなもんか?

ま~細かいことは気にしないようにしよう。。

さっそく原因解明

私はSILKYPIX Developer Studio Pro 7 で現像しています。

Web向けに現像すると、なんと50%のアンシャープマスクがかかっていました。慣れ過ぎて基本的な設定を見落としていました。

こちらがアンシャープマスク無し。
aaa

こちらがアンシャープマスク50%の写真。
a1a_12

以後、気を付けます。

円形のモヤ

OLYMPUS STYLUS TG-4 Toughを愛用しております。

購入してから少し気になっていた、画面中央に出る円形のモヤが、ハッキリと写真にでました。
tbs_2 (2)

あらら、これはどうしたんでしょ、よろしくないですね。

そんな訳で、7/2 スーパーラグビー観戦後にオリンパスプラザに修理に出しました。そして一昨日回収に行ってきました。

 

恐怖の電車に乗って・・・(理由は昨日の記事を見てください・・)

 

それはさておき。結果ですがゴーストだそうです。デジタルカメラ全般に言える事なのですが、顕微鏡モードを搭載している特殊なカメラなので、どうしても出てしまうということでした。プロの先生方もその認識しているようで、それぞれ撮り方の工夫をしているそうです。

写りが良いだけに、望遠側も!!と期待が高かった分、ちょっと残念な結果でした。それでも広角は顕微鏡モードの描写は素晴らしいものがあり、満足のいく写真が撮れます。手放せない存在となっています。

さて、プラザへの回収後はグレゴリーやルコック、カペルミュールのお店に寄ったり、珍しくプラプラとしてきました。

夕飯は渋谷 松川で鰻を頂いてきました。
brp_4

大変美味しゅうございました。

そしてまた電車で帰るわけですが・・・

またしてもあの文字が・・・

 

女性専用車両・・・

 

よく見ると時間帯によって、と書いてある・・・
調べてみると23時からなので一安心。

よかった~~。。。

それはさておき、レンズのモヤが気になっておりましたが、
結果がハッキリして心のモヤはとれました。

膝のリハビリ中の撮影がメインとなりますが、細々と昆虫撮影を続けて行こうと思います。

ではでは。