カテゴリー別アーカイブ: 旅

10月の上高地

甥っ子、姪っ子と上高地へ行ってき上高地の続きです。

まず初日の19日は朝から雨。大正池から見る景色もご覧の通り。

雨にけぶる田代池

見事なサルノコシカケ

それと、こちらも見事なサルオガセの一種

晴れていれば雄大な山岳風景に目を奪われてしまうが、雨だからこそ小さな自然にも目が行くというもの。

ことわざの「鹿追う猟師は山を見ず」が当てはまるかと。。

と、思いつつも、若干??雨を恨めしながら歩き、田代橋へ。

ちょびっと紅葉していました。

お猿さんも雨の中採餌に励む。

歩きながら撮ってみました。交尾していたのでボスでしょうか。
マユミの実を食べておりました。

そして!!

雨が一層激しさを増した頃に河童橋に到着!!!

いいんだいいんだ、雨でも良い!!

「鹿追う猟師は山を見ず」だ・・・・・

 

でも鹿すらみえません・・・人ばっかり・・・

まぁ~こんな日はさっさと投宿しよう。

今回は「森のリゾート小梨平」のケビンに宿泊しました。

1人6000円タイプのケビンで標準的な間取りと設備です。個人的に欲を言えばトースターがあれば完璧かと思います。
ちなみにガス台は3口で、グリルもあります。なのでパンはグリルで焼けばOKです。蛇口からお湯もでます。ポットもある。

ストーブの灯油は半分量は500円で5時間くらい持つとの事。満タンは800円。お風呂は1人600円也。沸かし湯ながらいい湯です。

受付前の自販機、10円増し位の値段。

売店。リップクリームも売ってます。150円也。

携帯の電波だが、全員シムフリー使用者で窓際でなんとか電波が入るが、雨戸を閉めてしまうと不通となる。

窓を開けると電波が入りやすいため、ちょびっと窓を開けて白い息を吐きながら全員窓際に集まり、コソコソとスマホをいじるシュールな光景がひろがっておりました。

 

翌、10月20日
予報では曇りのち雨。

しかし朝から雨、予定していた明神から嘉門次小屋を回る散策を中止し、河童橋から岳沢湿原だけ行くことにした。

ビジターセンターに立ち寄り、古き友人を訪ねたがバスターミナルのインフォメーションセンターに居るかもしれないとの事だった。帰りに寄ってみよう。

散策路で見つけた不思議な樹木。

現地では3本の異なる木が融合していると思ったが、もしかしたら一つの木かもしれません。樹種は赤褐色の木肌からクロベと思われますが、どうだろうか。どなたか分かる方がいたらご教授お願いします。

ほどなくして岳沢湿原に到着。

水墨画のようで、これはこれで良い雰囲気です。少し晴れ間が見えてきた。予定していた明神まで散策をするか、それとも朝に決めた通りにするか。

たぶん晴れ間は今だけだから、河童橋に戻る事にした。
河童橋に戻ると目論見通り、岳沢が見えた。

ほどなくして上高地は思わぬ晴天となる。

霞沢岳側は湧き上がる雲と陽光の明暗が浮かびあがった。

明神岳の岩肌が黒光りしていて存在感を増しておりました。

奥穂高や西穂の峰々は最後まで見ることが出来なかったが、次回のお楽しみと言う事で上高地をあとにしました。

そして、友人を訪ねるためにバスターミナルのインフォメーションセンターに行き、受付のおばさんに「〇〇さんはいらっしゃいますか?」と尋ねたら「居るとすれば2階です」言う。

そっけない・・・。

オープンな事務所なのかと思い、2階に上がると伽藍洞で、奥に事務所らしき扉が見えた。なんとなく入っちゃいけない雰囲気だったのでその場をあとにしました。

受付おばさんと友人の組織が違うのかな?家に帰り調べてみると、建物は自然公園財団の物らしい。友人はその建物の中に入る組織の事務所にいる。

また会う事も出来るでしょう!!

彼と会ったのは2011年8月最後の白馬岳山行の時です。

offsenさんとの出会いもこの時でした。

offsenさんはこの時、彼らを駅まで送り届けたそうで、お礼状が葉書で届いたそうです。友人は当時20代前半です!!

葉書でお礼状を出すなんて素晴らしい好青年です。

 

私はと言うと、ただ山で知り合い、たまたま近所の学校に通っていたというだけの間柄です(笑)

それで友人とか厚かましいですね!!

失礼しました・・・。

 

なんだか文章がまとまりませんが、

以上で上高地散策リポートを終わります。

遅い夏休みシリーズ その5

遅い夏休みシリーズ その5

江ノ電、稲村ヶ崎駅で下車をして歩くこと数分で海岸沿いにでる。目的地の稲村ケ崎は夕日を待ちわびる人ですでにいっぱい。

振り返るとこんな景色。富士山は見えないけど良い雰囲気です。

しばし夕日を楽しむが、雲の向こうに日が沈んでしまった。

そのかわりに富士山が見えてきたし、少し色が変わってきた。

マジックアワーが期待できるかも!!

ま、若干??補正してるけども、これはこれで良いもんです。

江ノ島の灯台

良い景色でした。満足です。

今夜の宿は毎度おなじみの東横インは藤沢店。

おやすみなさいませ。

 

そして翌日。稲村ケ崎から帰宅しても良かったのですが、まぁ~江ノ島散策でもと思い藤沢に投宿しました。

そんな訳で予定外の江ノ島散策です。
ちょっとお遊び写真です。

江ノ島の中腹から見える景色。

イソヒヨドリ

魚見亭で早めの昼食。

お味と値段は観光地相当。

ま、眺めが良いのでOKです。

帰りは船で帰りたいとのご要望で、稚児ヶ淵から乗船料400円(だったかな?)で江ノ島大橋の袂まで帰りました。

男はつらいよシリーズ第29作、「寅次郎あじさいの恋」でかがりさん(いしだあゆみ)とみつおと3人で食事をした江の島亭。

私はてっきり海が見えるから魚見亭か富士見亭だとばかり思っていました。もう一度29作見返してみると、しっかり茅ヶ崎方面が写っていました。

広角で一枚。

寅さんファンとしては激しく後悔!!

2015年以前のブログに載せていた九州の旅で、下灘駅に行ったときは感動したな~。下灘駅に飾られているロケ当時の写真です。

寅さんの真似してみました。2014年4月に撮影。

江ノ島は近いのでまた行ってみようと思います。

時間もあるので、ついでに江ノ島水族館によってみました。
何年振りでしょか。なかなか見応えがあります。

山の神はシイラがお気に入りのようです。

クラゲの展示は見事。

そして科博で観た深海展以来、深海に興味津々になってしまった我々は深海2000をじっくりと見物しました。

思いがけず楽しめた江ノ島、帰りはロマンスカーで新宿へ!

と思いましたが、出発まで30分以上あるので急行で帰りました。

まっすぐ帰ろうかと思いましたが、オリンパスギャラリーで山崎 弘義さんの写真展を見ていくことにしました。正直なところ、この方を存じ上げなかったのですが、テーマに引かれました。
山崎 弘義 写真展「Around LAKE TOWN」 クリックどうぞ。

街の草創期から熟成まで、そしてどのように変貌していくのか。写真展をみて思った事は、昭和の時代にあちこちでニュータウンが作られた時もこのような光景が広がっていたんだろうな、っと何故か郷愁を感じた次第です。そしてずっと撮影を続けられるテーマだな~っと思いました。

それと、一枚の写真が何かを伝える事とはこういう事なのか、と思ったと同時に、写真には心を動かず力がある事を身をもって再認識しました。やっぱり写真は良い。

そのためには良いカメラと良いレンズがないとダメなので、(決してそんな事はありませんが・・)しっかり散財しようと心に誓った次第です!!帰りにヨドバシカメラに立ち寄った事は言うまでもありません。

最後はなぜか新宿の写真で終わりです。

これにて遅い夏休みシリーズ終了です。

 

御笑覧ありがとうございました。

ではでは。

遅い夏休みシリーズその4

遅い夏休みシリーズ その4

今回の旅のハイライトは、自分的には夜の観音崎散策で虫の観察と撮影でしたが、先述したとおり雨で残念ながら中止。

そして、2番目に位置付けていた横須賀軍港巡り。

京急汐入駅で下車

軍港巡り乗り場の汐入ターミナルの向かう道すがら、横須賀の地形を満喫する。

汐入ターミナルにつくといきなり目の前に「護衛艦いずも」が。

空母のようだが護衛艦との事。いきなりなんで驚いた!!

そして、いよいよ軍港巡りの船に乗船します。
乗船券は事前にネット予約をするシステムで、受付で名前を言って発券してもらいます。ちょっと興奮してしまったため、乗船した船の写真を撮り忘れました。

順不同ですが、とりあえず写真でお楽しみください。

アメリカ海軍のミサイル駆逐艦、カーティス・ウィルバー

同じく、89ミサイル駆逐艦マスティン、52ミサイル駆逐艦バリー

手前85、アメリカ海軍イージス艦マッキャンベル、62ミサイル駆逐艦フィッツジェラルド、67ミサイル巡洋艦シャイロー

共に、ミサイルが火を噴かないことを祈りましょう。
ちょっとおッかいないです。

こちらは海上自衛隊、水中処分母船です。

海中の爆発物を処分する船だそうです。
船員さんが手を振ってくれました。

こっちはオーストラリア海軍の潜水艦だそうです。

ど~言う訳だか、港が賑わっているそうです・・・。

入港する護衛艦さわぎり

私が愛してやまないタグボートの出番です。

乗船した船は最終便だったので、艦船も続々と入港してきます。

そして船は半島を削って作った水道を通ります。

海自 111護衛艦おおなみ 6102試験艦あすか

このタグボートは強そうだ!!

かなり満足感のあった軍港巡りもこれにて終了。
あっという間の45分間でした。

ヴェルニー公園を歩き横須賀駅に向かいます。いずもが近い!!

さて、横須賀をあとして今夜の宿泊地、藤沢へ向かいます。ちょっと時間も早いし、天気も良いので鎌倉で江ノ電に乗り換えをして、稲村ケ崎駅で下車。

目的は江ノ島と富士山と海の夕景。

どんな景色だろう。。

 

続く。

遅い夏休みシリーズその3

灯台をあとに向かった先は横須賀美術館。

ホテルから2~3分の距離にある美術館です。時間の関係で中を鑑賞することはできませんでしたが、併設するレストラン「アクアマーレ」で昼食としましたが、お昼時は大混雑。せっかくだからとテラス席の順番待ちを希望したので、余計に待ちました。

しかし、待つのが大嫌いな私でも待ち時間は全く苦にならない。
なぜなら、目の前はこんな感じで海が見えているからです。

ときどきこんな大型タンカーも通るので大興奮。

OMEGA TRADER 船籍は日本の様です。マリントラフィックなるアプリを見ると、今はマラッカ海峡辺りをうろついているらしい。それにしてもデカい!!

長さ333m、横幅60m、分かりやすく言うと、サッカーグランドが縦に3つ並べた大きさです。丸の内線新宿駅~新宿3丁目の駅間は300m。船内に動く歩道が会ってもおかしくないな・・。

そして! 私が愛してやまないタグボート!!

かわいい・・・。

またも大型船が入港。

名前からして中国船でしょう。

こちらは海のお掃除船、ベイクリン。

そんな景色を眺めつつ、待つこと小一時間で席に案内された。

青空に映えるミネラルウォーター。

相変わらず物撮りが恐ろしく下手くそです。
いつまでたっても下手くそだなと自負しています。

下手くそついでに、デザートのケーキセットでも。

ケーキにはチト五月蠅いワタクシですが、美味しかったです。
私の撮った写真を見ると美味しそうに見えませんが・・・。

今度来る時はちゃんと予約してこよう!!

横須賀アクアマーレ クリックどうぞ。

名残惜しい景色ですが、汐入へと向かいました。

続く。

 

京急観音崎ホテルへは馬堀海岸駅から無料シャトルバスが出ています。生き返り共無料バスを利用しました。観音崎散策や美術館鑑賞、さらに浦賀水道行く船を眺めるには最高のホテルと思いました。きっとまた行くことでしょう。

遅い夏休みシリーズ 灯台~

遅い夏休みシリーズその2

観音崎灯台
日本最初の洋式灯台として明治元年(1868)に起工し、翌年1月1日に点灯しました。映画「喜びも悲しみも幾歳月」(1957)のロケ地としても知られています。
(横須賀集客促進実行委員会のホームページより引用)

入場料金200円を払い階段を登ります。

わぁ!!

良い眺めです。

海堡

何番目の海堡かはわかりませんが、明治時代に良く作ったもんだと感心してしまった。後ろは風の塔です。

船が写っていますが、浦賀水道は大小500隻くらいの船が通るそうです。見ていて飽きません。すっかり魅了されました。

そして海上自衛隊の船も!! 107 護衛艦いかづち。

さらにアップ。う~~ん、、良い感じです。

本当に気分が良い!!30分以上眺めていましたが、小学生の団体が来たので灯台を下りました。

さて、第二目的地の観音崎自然博物館へ向かいます。

北門第一砲台跡を見学しながら向かいます。

ジックリと見学したら丸一日遊べそうです。

そした観音崎自然博物館へ。

秋の鳴く虫の展示をしていたので興味津々です。
まずは飼育するケースや鳴き声を楽しむ篭の展示。

初めて見ました。とても新鮮です。

エントランスホールにミヤコタナゴの展示水槽がお出迎えしてくれます。これは見ごたえがありました。

期待を胸にさらに奥へ進みます。60cm水槽に海洋生物の展示が数点。年配の方が手入れをされていました。正直なところ展示はイマイチでしたが、この方が親切丁寧に説明してくださったので、落ち気味だった気持ちもアップしました。

そして、お目当ての秋の鳴く虫の展示を見て満足満足。

だけどもね~~・・・

従業員?ボランティア?が常連さんだか友達だか知りませんが、べちゃくちゃと大きい声でしゃべりまくっていて、話が終わってもなんの挨拶もなく、ジロッと我々を見ておしまい。さっきの年配の方とは大違いでビックリしました。

奥に進むにつれ展示は古くなるシステム?らしい・・・。

こんな感じで・・・。

眼がいっちゃってますね・・・。

時間の無駄使い感は否めませんでしたが、まぁ~こう言う所は行ってみたいと分かりません。

それと「野山の鳴く虫図鑑」の著者:瀬長 剛さんはこの博物館でボランティア活動をされている方だそうです。ちょっと気になっている本なのであとで図書館で借りてこよう。

さて、気持ちも新たに、ホテルの向かいにある横須賀美術館へ向かいます。帰路は海岸沿いを歩きます。

トンネルを抜けると綺麗な海。

続く。

遅い夏休みシリーズ

観音崎編
ついに椎間板ヘルニアの症状は癒えず、縦走登山を断念。ならば潮騒を聞きながら傷心を癒し、そして海沿いに生息する直翅目の観察と撮影を使用と企んだが、先にも書いた通り直翅目の観察と撮影は撃沈した。

だけど海には癒された。

宿の希望はボロ宿だったが、目ぼしい宿は見つからず、仕方なく柄にもなく観音崎京急ホテルに投宿した。

しかし、これがまたいいホテルだった。
翌朝、ベランダからの一枚。

前日とはうって変わって良い天気で海も穏やか。窓を開けると心地よい潮騒が耳に入ります。

部屋に備え付けの双眼鏡を覗けば異国の船が行ったり来たり。

ベイブリッジと海上保安庁の船。

こんな景色を朝食の時も眺められる。

ゴルゴ13気どりのワタクシ!!

部屋からは船が撮り放題である。

チェックアウトし観音崎を散策。

続く。

次回は観音崎灯台です。

ページを新設

登山、自転車、かわらひこどれも停滞してますが、

「旅の記録」を新設いたしました。

どこまで増えるかわかりません。
登山や自転車と被る場合はどうするんだ!!

細かいことは抜きにして、備忘録ですのでご了承ください。

取りあえず第一弾、先日の、酒田市、鳥海山の旅をのせました。

お暇な時にでもご笑覧くださいませ。

この旅のハイライトは宿にあります。
sakatachoukai_129
OLYMPUS STYLUS TG-4 Tough

ではこちらからどうぞ。

しな織り

前々から気になっていた場所へ行ってまいりました。

酒田市、鳥海山の旅からの帰路、関川しな織りセンターです。

しな織りの詳しいことはこちらのHPでお願いします。

要はシナノキの樹皮を繊維にして織り上げた伝統工芸品です。

大体こういった自然の素材で作った物は高価なものが多いのですが、
しな織りも御多分にもれずかなりお高いものとなっております。

そんなしな織りですが、体験できます。
pa210093

山の神が1000円でコースターを作りました。
後日郵送ということで本日届きました。

私も山の神もこういった伝統工芸品には興味津々です。
高価ですがお気に入りの標品があれば買っても・・・。

いっかな??

ご無沙汰です

山形県は酒田市に行ってまいりました。

山居倉庫。JRの広告ポスター。
sktc_11
OLYMPUS STYLUS TG-4 Tough

しかし吉永小百合さんはいろんな所に行っておられます。
JR東北の広告ポスターにたくさん出ていますね。

それはさておき、鳥海山には数回行っております。しかし登頂はしておりません。今回は登山が目的ではなく、麓の遊佐町や、いつも通過で終わってしまう酒田市をのんびりと歩くことにしました。

山居倉庫
sktc_9
OLYMPUS PEN E-P5+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

おしん!!
sktc_10
OLYMPUS PEN E-P5+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

鳥海山湯ノ台登山口から見る紅葉。
sktc_2
OLYMPUS OM-D E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO 1.4x テレコンバーター

山頂は常に雲がかかっていました。

何故か節目の時に訪れる鳥海山です。

詳細はのちほど。