カテゴリー別アーカイブ: カマキリ

ムネアカハラビロカマキリ その2

多忙につき、ほったらかしておりました。

11月11日にカマキリ愛様より、10月15日の記事のカマキリがムネアカハラビロカマキリとご教示頂きました。

写真を見返してみると、ムネアカの特徴である基節部分の黄色い突起がなく、小さな白い突起が8個ついています。

(大幅にトリミングしています)
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mmF2.8Macro +マクロフラッシュ STF-8

ちょっと高い所で捕食をしており、ハラビロだなぁ~っとあっさり決めつけておりました。なのでPCでもハラビロの捕食で、「獲物は何だろう」としか思考が働きませんでした。

この日の撮影対象はバッタ目だったので、私の被写体を捕られた!としか、思いませんでした。もっと広い視野を持たないといけないですね。

反省です。

 
カマキリ愛さま。
改めてお礼申し上げます。ありがとうございました。
今後ともご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願いいたします。

 

ムネアカハラビロカマキリ

埼玉県立自然の博物館研究報告によると、同種は中国原産で、北本自然観察公園では2013年に撮影された個体に同種の指摘を受けた。そして、その後も撮影され、埼玉県での公式な記録は2016年となった。研究報告をした年が正式な記録となったようです。

では国内はどうかと言うと、2010年が正式記録だが、標本の洗い出しをしたら2000年に採取した個体がムネアカだったことが判明したとの事です。

ここまでは埼玉県立自然の博物館研究報告を要約してみました。

そして、遅ればせながら、先日ワタクシも北本自然観察公園にて、ムネアカハラビロカマキリを撮影しました。

ってこれじゃわからんよ~・・・

 

ま、胸が赤いのですよ。

 

こっちは在来のハラビロカマキリです。

nikon D300s

鎌の所に黄色い歯状突起がありますが、ムネアカハラビロカマキリにはこれがないのが特徴です。

今までハラビロカマキリ自体、あまり撮影した事がなかったのですが、バッタ目を撮影するようになって出会う頻度が多くなった気がします。

ハラビロカマキリとの競合も懸念されているようですが、実際のところはどうなんでしょうか。研究者の方々に敬意を払いつつ、頑張っていただきましょう。

卵も特徴的との事なので注視したいと思います。

 

ではでは。


Nikon D7000+105mm micro

ハラビロカマキリの終齢幼虫だったかな???

昨日の続き

また雨ですか・・・
もうこれで最後の台風となってほしいと思う次第です。

さて昨日の続き。今日はクモとカマキリ!

気持ちの良い森の中の道。

OLYMPUS OM-D E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6

ちょっと開けた場所でオオカマキリを発見。

OLYMPUS OM-D E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6

ですが、もう元気がありません。お腹はパンパンだったので産卵はこれからかな?っと思われます。

こちらは卵塊を守るジョロウグモのメス。

OLYMPUS OM-D E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6

秋ならではの光景かと思います。

こちらも秋の風景。
エノキの黄葉とジョウロウグモ

OLYMPUS OM-D E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6

おわり。。

明日はジョロウグモの卵塊を襲うサシガメです!!

こうご期待!!

 

期待するほどでもないですが・・・

カビ

9月に撮影した写真です。

いつもの撮影コースを歩いてると白いものが目に入った。

?? ん? なんか変だ。

OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mmF2.8Macro +マクロフラッシュ STF-8

コカマキリがカビに寄生され息絶えていた。

OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mmF2.8Macro +マクロフラッシュ STF-8

植物のツルも絡まり痛々しいというかなんというか・・・

ショウリョウバッタが菌に寄生され死んでいるのは幾度となく見ているが、カマキリでは初めて見た。

寒い・・・

秋雨前線が本州の南岸に停滞して、西日本や東日本では広範囲で雨が降っている。との事です。(ウエザーニュースより抜粋)

雨がしばらく続くようです。

少し前に夜の森を歩いた時の記録です。

この日は北本自然観察公園の森を歩きました。
日没後の荒川の夕焼け。

OLYMPUS Tough TG-5

目的はバッタ目の撮影ですが、なんでも撮る!!

早速オオカマキリを発見、アオバハゴロモ危機一髪。

OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mmF2.8Macro +マクロフラッシュ STF-8

カマキリにとってはオヤツ程度にしかならないでしょう。

ハラビロカマキリが何かを捕食中。

OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mmF2.8Macro +マクロフラッシュ STF-8

夜なのに目が黒くなく、茶色です。日没間もないと黒くならないのかな??オオカマキリも少し緑色が残っています。

ちょっと不思議です。

ちなみに昼間のオオカマキリの眼は昼間は緑色。
いかにも悪そうな顔してますね。

 

さて、夜の森に戻りましょう。
暗闇にうっすらと浮かび上がっていたキツリフネソウ

OLYMPUS Tough TG-5 + FCON-T01

そしてお目当てのサトクダマキモドキを撮ることができた。

OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mmF2.8Macro +マクロフラッシュ STF-8

満足満足。するとどこからともなく、真っ暗な森の中に人工物を叩く大きな音が鳴り響きました。

あれれ??なんだろ。。。近くに人家は無いはずだけど・・・

変なのに巻き込まれても嫌なので、少し急ぎ足で学習センターに戻りました。人けのない所での撮影で一番の恐怖は人。気を付けましょう!!

帰りがてら、近所の撮影場所でツユムシの一種の幼虫を一枚。

OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mmF2.8Macro +マクロフラッシュ STF-8+LEDライト

この日一番のお気に入りが撮れました。

今夜は寒さのせいか虫もほとんど鳴いておりませんね、寂しいかぎりです。次の晴れ間が待ち遠しい!!

反省

写真はコカマキリ
augana

先日、北本自然観察公園に行ってきました。

そうそう、園内で見つかったピンクのシマヘビの「ももちゃん」
a1a

心臓が肥大して天国にめされたそうです。
今は剥製になって私を出迎えてくれています。

さて本題。

私は知らなかったのですが、カマキリにも外来種がいるそうです。
a1a_6

私の昆虫撮影や観察スタイルは「散歩道の昆虫撮影」が基本スタイルです。蝶の撮影は別腹でなのでいろんな所に行きますが、それでも基本的には近所での撮影です。ですので多くの種類を見ることが少ないのが現状です。

ハラビロカマキリの存在は当然知っておりますが、今までの記録を見ると2回しか撮影していませんでした。つまり、私の通常の行動範囲はハラビロカマキリが生息する環境はすくない、と言うことになります。

ですが、少しだけ散歩道を変えれば生息する環境は沢山あります。それでも目にする機会はオオカマキリや、コカマキリに比べ、格段に少ないのでハラビロカマキリの存在を忘れておりました。

今回、外来種の存在をしり、軽く衝撃を覚えたました。

「あ、そうだ・・ハラビロもいるんだよな~、外来種もいるのか・・」

チョット反省です。

まだカマキリがいる季節ですので、気に留めて行きたいと思います。

 

ではでは。

こりゃ~~秋だなぁ~

8/12頃より、ツクツクボウシが鳴き始めました。
今年の埼玉県中央部はとても涼しいです。涼しいという表現はちょっと変ですが、33℃くらいで、西日本や例年の気温に比べるととても過ごしやすいと感じています。

高温に弱いミンミンゼミも1日中、鳴いています。
ですので今年は蝉時雨がとても賑やかです。

そして先日玄関前にコカマキリが遊びにきていました。
sksk

捕まえて森に逃がしてあげました。
sksk_1

コカマキリ、ツクツクボウシ、秋を感じます。

コカマキリ

先日のサイクリングの時にけっこうな数を見ました。
こんな遅い時期までいたっけ??

思い込みで判断してはいけませんね。
観察が未熟でした。
kymnit_7

自転車が通り過ぎるとこちらをジロっと睨む!
kymnit_8

道路の真ん中にいたので草むらに戻しました。

カマキリに限らずなんで道路に出てくる昆虫がいるのか。
仮説
昆虫は変温動物なので道路は温かい為体温維持・上昇のため出てくる。餌が道路にあるとは思えないし・・・
轢死している昆虫を見ると私は草むらに返します。

Photo:RICOH WG-4 GPS