カテゴリー別アーカイブ: カマキリ

反省

写真はコカマキリ
augana

先日、北本自然観察公園に行ってきました。

そうそう、園内で見つかったピンクのシマヘビの「ももちゃん」
a1a

心臓が肥大して天国にめされたそうです。
今は剥製になって私を出迎えてくれています。

さて本題。

私は知らなかったのですが、カマキリにも外来種がいるそうです。
a1a_6

私の昆虫撮影や観察スタイルは「散歩道の昆虫撮影」が基本スタイルです。蝶の撮影は別腹でなのでいろんな所に行きますが、それでも基本的には近所での撮影です。ですので多くの種類を見ることが少ないのが現状です。

ハラビロカマキリの存在は当然知っておりますが、今までの記録を見ると2回しか撮影していませんでした。つまり、私の通常の行動範囲はハラビロカマキリが生息する環境はすくない、と言うことになります。

ですが、少しだけ散歩道を変えれば生息する環境は沢山あります。それでも目にする機会はオオカマキリや、コカマキリに比べ、格段に少ないのでハラビロカマキリの存在を忘れておりました。

今回、外来種の存在をしり、軽く衝撃を覚えたました。

「あ、そうだ・・ハラビロもいるんだよな~、外来種もいるのか・・」

チョット反省です。

まだカマキリがいる季節ですので、気に留めて行きたいと思います。

 

ではでは。

こりゃ~~秋だなぁ~

8/12頃より、ツクツクボウシが鳴き始めました。
今年の埼玉県中央部はとても涼しいです。涼しいという表現はちょっと変ですが、33℃くらいで、西日本や例年の気温に比べるととても過ごしやすいと感じています。

高温に弱いミンミンゼミも1日中、鳴いています。
ですので今年は蝉時雨がとても賑やかです。

そして先日玄関前にコカマキリが遊びにきていました。
sksk

捕まえて森に逃がしてあげました。
sksk_1

コカマキリ、ツクツクボウシ、秋を感じます。

コカマキリ

先日のサイクリングの時にけっこうな数を見ました。
こんな遅い時期までいたっけ??

思い込みで判断してはいけませんね。
観察が未熟でした。
kymnit_7

自転車が通り過ぎるとこちらをジロっと睨む!
kymnit_8

道路の真ん中にいたので草むらに戻しました。

カマキリに限らずなんで道路に出てくる昆虫がいるのか。
仮説
昆虫は変温動物なので道路は温かい為体温維持・上昇のため出てくる。餌が道路にあるとは思えないし・・・
轢死している昆虫を見ると私は草むらに返します。

Photo:RICOH WG-4 GPS