カテゴリー別アーカイブ: トンボ

わからない・・・

何かというと、トンボ・・。

アジアイトトンボ??かアオモンイトトンボ??

たぶんメス??

OM-D E-M1 Mark II+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mmF2.8Macro +マクロフラッシュ STF-8

たぶんオス??

OM-D E-M1 Mark II+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mmF2.8Macro +マクロフラッシュ STF-8

なんでこんなにも分からないのか自分でも不思議です。

やっぱり良い図鑑を買うしかないようです。。。

この本の存在は発売当初から知っておりまして、SSPにトンボの件で質問をさせて頂いた時にも筆者の尾園先生から御返答を頂きました。

でもまだ買っていない不届き者です。

この本なら詳細な識別点や綺麗な生態写真などが豊富で、楽しく学べると思います。

わかっちゃいるけど・・・

なんでだろう、トンボの世界に足を踏み込めない自分がいます。

 

秋の夜長、トンボについて考えてみようと思います。

蝶とチョウトンボ 武蔵丘陵森林公園

ただいま腰痛再発中・・・なので運動も登山も禁止。
でも家で養生するのは嫌なのでせめて歩きたい。

ならば昆虫撮影だ・・・いつもの森林公園です。

やっと青空が。

OLYMPUS Tough TG-5

だけど、つかの間・・・すぐに曇ってしまった。

アスファルトで何かを吸っているアカボシゴマダラ。

OLYMPUS Tough TG-5


OLYMPUS Tough TG-5(ノートリミング。)


OLYMPUS Tough TG-5

すべて外来種で要注意生物に指定されている。
在来種のアカボシゴマダラは奄美大島に生息する。

外来種の春型は白化するため、ゴマダラチョウに似ている。
夏型は在来、外来種共に同じような斑紋となる。
しかし、奄美大島から飛んでくるはずもなく、関東地方で見られるアカボシゴマダラは外来種である。

外来種は駆除の対象となる。

こんなに近くで撮れる蝶ですから、踏みつぶす事なんて簡単です。実際このあと指にのせて遊んでました。

でもね、蝶に罪は無い。

昨年も書いたと思うが、アサギマダラを生息場所から捕獲して、本来生息していない捕獲者の居住場所から放蝶したりするのも私は反対。なんの意味もない。自然のままが一番いいのです。

さて、気を取り直して、ヤマトシジミです。
交尾個体とそれを邪魔するオス。

OLYMPUS Tough TG-5


OLYMPUS Tough TG-5

昆虫の世界も大変です。

 

あ、そうそう、銀杏って夏に成るんですね。知りませんでした。

 

閑話休題。

チョウトンボです。

OLYMPUS OM-D E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO 1.4x テレコンバーター

このトンボはいつ見ても溜息が出るほど綺麗です。

OLYMPUS OM-D E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO 1.4x テレコンバーター

腰痛は困ったもんですね。どうにかならないかな・・・。
昆虫と遊んでもらって気分的には良くなっています。

 

青空はいつ見れるでしょうか。

雨ですね。

ちょっとストレスの溜まる雨の休日。

写真を整理し先日の至仏山山行記録を更新しました。

御笑覧ください。

 

先日、森林公園をジョギングした時の写真の続きです。
水生植物の池ではチョウトンボが飛んでいます。

ヤマユリ

ちょっとグロテクスですが、おそらくフクロウが吐き出したペリットです。

獣毛、蝉の頭部、爪などが見てとれました。水に入れて分解すれば何を食べていたのかがわかります。研究者でもないのでそこまではしませんが、興味があることろです。

 

今日はミンミンゼミが元気よく鳴いておりました。暑さに弱いとされているセミですから、これくらいが丁度良いのか?とおもいました。

早くに鳴き始めたニイニイゼミの声はあまりしませんでした。
そのニイニイゼミの抜け殻。

泥をかぶっているので一目瞭然です。

雨に濡れたアスファルトを歩くセスジスズメの幼虫。

たまにこういうシーンを見ますが目的はなんなのだろうか。
おせっかいと思いつつ、潰されるよりは良いだろと思い、食草の傍に逃がしてあげました。

 

この雨・・・仕事の時は晴れるんだろうな・・・。

TG-4 顕微鏡撮影

昨年、突然電源が入らなくなり、修理に出して無事退院。

でも、顕微鏡撮影でどうも左側が流れる。

こんなもんだっけ?

コンデジだし、っと少々諦めおりましたが、秩父宮に行くついでにオリンパスプラザに立ちより、ショールームの方に見て頂きました。そしたらやはりオカシイとの事で修理にだし、無事に退院してきた次第です。

修理内容はたぶんユニット交換でしょうか。
相変わらず詳細は不明です。

ちなみに、ショールームにいた方は4/3システムE-3の開発者だったそうで、私も所持していたので、大いに話が盛り上がってしまい、危うくキックオフに遅れるところでした。

本題に戻りますが、先日の森林公園でチューリップの中を撮影してみました。なんか綺麗に撮れましたよ。

このカメラは本当に良く撮れます。
クロスジギンヤンマ?の抜け殻も一枚。

ついでにもう一枚。ちゃんと背景もボケもでる。

なんと言ってもお気楽にマクロ撮影ができるのが良い。

ついでのついでにもう一枚。

鋭意調査中ですが、シモフリコメツキかな?と思います。

まぁ~良く撮れます。

今度TG-5が出るそうですが、スペック的に4Kが撮れるくらいで、大きな変化はないようです。欲を言えば撮像素子を大型化してほしいなと思います。

手放せない一台です。

 

ワイコンつけてもう一台買ってもいいな~。

武蔵丘陵森林公園へ

久しぶりに森林公園に行ってきました。

あっという間に緑が濃くなりとても賑やか里山。
ちょっと気になっていたトンボの羽化後の写真が撮れました。

たぶん、クロスジギンヤンマだと思います。自信なし。雌か?

OLYMPUS OM-D E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

そしてこっちは羽化に失敗したのか、それとも何らかの原因で水没したのか不明ですが、虫の息でした。こっちもクロスジギンヤンマなのかな~・・・クロスジが見えないけど・・・

OLYMPUS OM-D E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

識別が出来ないくせに撮りたがるのです。

 

さてさて、ちょっと早めにご紹介したいのがネモフィラです。

OLYMPUS STYLUS TG-4 Tough

ネモフィラと言えばひたち海浜公園が有名ですね。
大御所と比べちゃ可哀想ですが、こちらも綺麗ですよ。

心地よい春風に吹かれてみてはいかがでしょうか。
のんびりお弁当でも食べましょう。

ではでは。

autumn

最近寒くなってきましたね~~

オータム・・・   余計に寒くなりましたね。

今日みたいに曇ると急に寒くなる。晴れると爽やかな秋空になります。秋は意外と蝶が多く観察でき好きな季節です。

秋型のキタテハは綺麗だな~っと感じます。
inakamiti
OLYMPUS STYLUS TG-4 Tough

名前が覚えられないトンボも心なしか撮影しやすい。
これは・・・アキアカネ!! っと思います。
inakamiti_2
OLYMPUS STYLUS TG-4 Tough

夜に鳴く虫が少なくなり寂しいですが、まだまだ昆虫は楽しめます。

次の休みはこんな青空を期待しましょう!
inakamiti_5
OLYMPUS STYLUS TG-4 Tough

ではでは。

体育の日

1964年(昭和39年)の東京オリンピックの開会式が行われた10月10日を、1966年(昭和41年)から国民の祝日とした。 引用:wiki

2020年の東京オリンピックの開会は7月24日が開会式!!
梅雨明けのクソ暑い時期になんでやるんだろ~な~。。

商業オリンピックなので放映権云々でこの時期なんでしょうけど、屋外競技の観戦は熱中症続出するんじゃないでしょうか。

今日みたいに爽やかな秋空のもとに行ってほしいもんです。

 

もし昆虫の世界でオリンピックがあったら・・・

私はトンボの連結個体の産卵シーンが金メダル候補かな?
なんて思います。息がピッタリのシンクロみたいです。
augana_1
OLYMPUS OM-D E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO 1.4x テレコンバーター

 

それと、7月24日も是非とも国民の祝日にして欲しいですね!!

雨の森林公園 その2

木々の葉に落ちる雨音を楽しみつつ昆虫撮影。

コフキゾウムシ
tbs_8
OLYMPUS STYLUS TG-4 Tough + フラッシュディフューザー FD-1

彫刻の池ではキイトトンボをたくさん見ました。
tbs_10
OLYMPUS STYLUS TG-4 Tough + フラッシュディフューザー FD-1

そして名もなきトンボ・・・
tbs_17
OLYMPUS STYLUS TG-4 Tough + フラッシュディフューザー FD-1

ウソです、イトトンボの羽化後間もない個体で、時間の経過とともに色がついてくると思われます。

名前が分からなくて撮っていると、すこし虚しくなります。

こちらは ウナギイヌ・・・
tbs_11

の、尻尾に似ているイトトンボの抜け殻。

こちらが本物のウナギイヌ
assd

撮りながらウナギイヌそっくり!!
と思ってましたが、そうでもないかな??

そんな雨中の撮影は続くのであった。。。

梅雨入りの武蔵丘陵森林公園  とんぼ その2

ショウジョウトンボ
a66
OLYMPUS OM-D E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO 1.4x テレコンバーター

これくらいはすぐに分かりますよ。余裕です!!

じゃ~これは??
P4250077
OLYMPUS OM-D E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO 1.4x テレコンバーター

ウスバキトンボかも? なんだろな? SSPで御教示いただきました。
そしたらショウジョウトンボの未成熟個体との御返答を頂きました。

ぜんぜん違うじゃ~ないですか~~~。
だからトンボは分からないのです。

 

さて、水面を見ているとイトトンボ(種 不明・・)がいました。
ですが何かがおかしいのです、蠢いている感じです。
良く見るとマツモムシに食いつかれていました。
a66_1
(盛大にトリミングしています)
OLYMPUS OM-D E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO 1.4x テレコンバーター

このあと水中に完全に引きずり込まれてしまいました。
いろんなドラマが展開されているな~っと感じました。

チョウトンボの飛翔写真に挑戦!!
a66_2
(大きめにトリミングあり)
OLYMPUS OM-D E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO 1.4x テレコンバーター

こう言う写真は訓練が必要ですね。
私は一生撮れるようにはならないと思います・・・。
なぜならセンスがないから。。すでに諦めています。

なので止まっているトンボが可愛く思えてなりません。
a66_3
OLYMPUS OM-D E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO 1.4x テレコンバーター

なんという身勝手な人間なのでしょか・・・。

また明日。。

梅雨入りの武蔵丘陵森林公園  とんぼ。

関東地方も梅雨入りだそうです。
s602_13
OLYMPUS OM-D E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO 1.4x テレコンバーター

ジメジメと蒸し暑い日も来ることでしょう。
熱中症、食中毒にはご注意くださいませ。

これを書きながら思い出しましたが、そろそろ蛍の季節です。
今はいろんな所で保護されていて鑑賞会なども盛んです。

時間があれば観察に行きたいな~っと思っております。

今日の午後、膝の具合を見るべく試験歩行をしました。
ただ歩くのもなんなのでカメラをもって武蔵丘陵森林公園へ。

ま~昆虫撮影目的が7割なんですけどね・・・。

 

サポーターをガッツリまいて負荷をかけずにゆっくりと歩きました。
ゆっくり・・ではなく、ほとんど停滞。チョウトンボの撮影に夢中です。
s602_1
OLYMPUS OM-D E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO 1.4x テレコンバーター

光線の具合で色合いが随分と変化しています。
s602_17
OLYMPUS OM-D E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO 1.4x テレコンバーター

命の糧となりました。
s602_6
OLYMPUS OM-D E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO 1.4x テレコンバーター

さて、歩いてみましょう。鈍い痛みと言うか違和感を感じます。すたすた歩きたいと思いつつ、いやいや、焦ってはダメ。地道地道に。。

そ~言えば歩くのがやたらと早い昆虫を先日撮りました。

 

トビズムカデだと思います。きもちわるぅ~・・・
P5220032
OLYMPUS STYLUS TG-850 Tough

歩くのが速いですが、なんとかカメラに収まりました。
ゴキブリと多足類は苦手ですが、ゴキブリ以外なら撮ります。

ゴキブリは撮る前に瞬殺です。

 

さて、気分を新たにしましょう!!

先日も撮ったキイトトンボです。
s602_16
OLYMPUS OM-D E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO 1.4x テレコンバーター

s602_21
OLYMPUS OM-D E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO 1.4x テレコンバーター

実はキイトトンボは見たことがなく、ちょっと憧れのトンボでした。
連結態もいましたが残念ながら撮れませんでした。次回持ち越しです。

さて、緩やかな丘陵地帯を歩いていると、樹液独特の匂いがただよってきました。樹液酒場発見です。コクワガタが発生していました。
s602_1
OLYMPUS STYLUS TG-4 Tough + フラッシュディフューザー FD-1

この時期にコクワガタは何度も観察しているのでなんとも思いませんが、なんと根元にはカブトムシが発生していました。
s602_15
OLYMPUS OM-D E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO 1.4x テレコンバーター

温暖な場所では5月下旬から発生するらしいですが、この時期に見たのは初めてです。クワガタとカブトムシは夏休みの昆虫と言う固定観念がありますので、余計にびっくりした次第です。

リハビリin 武蔵丘陵森林公園 明日に続きます。

ではでは。