カテゴリー別アーカイブ: 蛾

森の忍者たち

樹木の葉の上で鳴いている虫。
アオマツムシ。

OLYMPUS OM-D E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mmF2.8Macro+Nissin i40

今の時期、樹上でやかましく鳴いています。沢山いる所では林床で鳴いているコオロギの鳴き声は全く聞こえません。

それはさて置き、忍者のお話。
森の忍者はだいたい隠れ身の術ではないでしょうか。

エントリーナンバー1番。
アオマツムシ

OM-D E-M1 Mark II+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mmF2.8Macro +マクロフラッシュ STF-8

これだけアップだと分かりやすいですが、アオマツムシの模様と、葉の色具合はいかがでしょうか。少し似ていますね。

もう一枚。

OM-D E-M1 Mark II+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mmF2.8Macro +マクロフラッシュ STF-8

遠目だと意外とわからないものです。何度も見ている昆虫ですが、こうしてみると意外と分かりにくいんだな~っと感心した次第です。

エントリーナンバー2番
ウラギンシジミの幼虫。どこでしょうか。

OM-D E-M1 Mark II+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mmF2.8Macro +マクロフラッシュ STF-8

ここです。クズの花のてっぺんにいました。

OM-D E-M1 Mark II+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mmF2.8Macro +マクロフラッシュ STF-8

言われれば分かりやすい擬態ですね。

エントリーナンバー3番
どこにいるのでしょうか。

OM-D E-M1 Mark II+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mmF2.8Macro +マクロフラッシュ STF-8

答えは画面のど真ん中。

キノカワガです。

OM-D E-M1 Mark II+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mmF2.8Macro +マクロフラッシュ STF-8

こちらも遠目で見れば難易度の高い擬態です。

キノカワガは何度も見たことはありますが、ウラギンシジミの幼虫は教わって初めて見ることが出来た次第です。

最後に・・・宇宙人に擬態した・・・・・

OM-D E-M1 Mark II+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mmF2.8Macro +マクロフラッシュ STF-8

それは冗談ですが、何度見ても宇宙人そっくりですよね~。
今が旬なのか、必ず見かけるオオトリノフンダマシです。

本日もご覧いただきありがとうございました。

OM-D E-M1 Mark II+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mmF2.8Macro +マクロフラッシュ STF-8

m(__)m

おすすめの本(私の愛読書です)

昆虫ナイトウォーク

10日くらい前だったかな?
もう少し前だったか、コオロギが鳴き始めました。
鳴き声からツヅレサセコオロギと思います。

まだまだ種類は少ないですが、コオロギ2~3種類、カンタン、
ハタケノウマオイ、ササキリの仲間が鳴き始めています。
写真はハタケノウマオイです。

OLYMPUS Tough TG-5 + フラッシュディフューザー FD-1

昼間に鳴く昆虫と言えばこの時期はセミでしょう。
そんなセミの羽化を昨晩撮影しました。

昆虫ナイトウォークの始まりです!!

まずはミンミンゼミです。

OLYMPUS Tough TG-5 + フラッシュディフューザー FD-1

翅が東京-名古屋間です。。。

 

・・・透明です・・・
(少し涼しくなったでしょうか)

 

セミの羽化は子どもの頃、父と見た覚えがあります。
とても衝撃的な出会いで、その時に見たのは間違いなく翅が乳白色に輝くアブラゼミでした。

(ブレ写真ですがご了承ください)
OLYMPUS Tough TG-5 + フラッシュディフューザー FD-1

美しい乳白色です。
ファイアーキングみたいですね。

この時期、もう一つの楽しみはカラスウリの花を撮る事。

OLYMPUS Tough TG-5 + フラッシュディフューザー FD-1

妖しくも美しい花です。

受粉昆虫はスズメガです。

そして家に帰ってきて何気に外壁を見るとスズメガが一匹。

OLYMPUS Tough TG-5 + フラッシュディフューザー FD-1

モモスズメと思います。カラスウリの受粉昆虫ではありませんが、収穫の多いナイトウォークでした。

 

夜に撮影することが多くなる時期です。怪しまれないよう、しっかり虫屋の格好をして撮影したいっと、思っております。

どっちだろう

蝶に比べて蛾の種類は多く、識別には苦労しています。
図鑑やネットの情報だけでは不十分で、やっぱり自分の目で確かめるのが一番だと思います。

それも自分の足で情報を稼ぐことが一番。先日トンボの調査観察をされている方とお話しする機会がありました。その方も同様の事を申しており、ちょっと嬉しくなりました。

つまり自分のフィールドには何がいるのかな?っという観察眼を養うことが大切なんじゃないかと思います。

さて、そうはいっても難しいのが「蛾」です。

昨日載せた、オスグロトモエの幼虫。成虫の写真が確かあったはず!! データを見てみるとやっぱり撮ってました。

2014年8月に撮っていました。

こちらはメス

Canon power Shot A80
こちらは2004年9月、4時52分の撮影。
こんな早朝から何をやっていたのでしょうか・・・アホですね。

類似種で、ハグルマトモエがいます。違いはトモエ紋がオスグロに比べて、大きいそうです。

こういう細かい部分の違いは、フィールドで両種をしっかり観察して初めてわかるのでは、と思っています。

違いの分かる男になるにはフィールドに立つしかないのです!!

こちらもよく分からない。
昨日の撮影です。森林公園のオリーブの木で食事中でした。

OLYMPUS Tough TG-5

サザナミスズメだと思いますが・・・。

成虫の写真も確か撮っていたような・・・
似ている種は沢山いますが、おそらくこれか??

Canon power Shot A80
こちらは2004年8月、22時18分に撮影。
こんな夜分に何をやっていたのでしょうか・・・アホですね。

 

さてさて、同定はこれ如何に・・・修行しないとね。

 

青空・・・今日見れた・・・

 

 

でも仕事・・・。

昆虫色々

ツユムシの幼虫が出始めています。

こちらはササキリの幼虫、

OLYMPUS Tough TG-5 + フラッシュディフューザー FD-1

オンブバッタ

OLYMPUS Tough TG-5 + フラッシュディフューザー FD-1

幼虫と言うよりは「赤ちゃん」と言った感じです。

幼虫と言ったら・・・こんな感じ。
オスグロトモエの幼虫と思います。

OLYMPUS Tough TG-5 + フラッシュディフューザー FD-1

ルリタテハの幼虫。3枚。

OLYMPUS Tough TG-5 + フラッシュディフューザー FD-1


OLYMPUS Tough TG-5 + フラッシュディフューザー FD-1


OLYMPUS Tough TG-5 + フラッシュディフューザー FD-1

ルリタテハ成虫

OLYMPUS STYLUS TG-4 Tough + フラッシュディフューザー FD-1

ツマグロヒョウモン幼虫

OLYMPUS Tough TG-5 + フラッシュディフューザー FD-1


OLYMPUS Tough TG-5 + フラッシュディフューザー FD-1

成虫 メス

OM-D E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO 1.4x テレコンバーター

前2匹がオス

OM-D E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO 1.4x テレコンバーター


OM-D E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO 1.4x テレコンバーター


OM-D E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO 1.4x テレコンバーター

タテハチョウの豹変ぶりがなんとも・・・

 

夏らしくない天気が続いております。猛暑も困るけど、日が出ないのも農作物等に悪影響が出ないかちょっと気になります。

昆虫たちにはどんな影響があるのかな??

雨ですね。

ちょっとストレスの溜まる雨の休日。

写真を整理し先日の至仏山山行記録を更新しました。

御笑覧ください。

 

先日、森林公園をジョギングした時の写真の続きです。
水生植物の池ではチョウトンボが飛んでいます。

ヤマユリ

ちょっとグロテクスですが、おそらくフクロウが吐き出したペリットです。

獣毛、蝉の頭部、爪などが見てとれました。水に入れて分解すれば何を食べていたのかがわかります。研究者でもないのでそこまではしませんが、興味があることろです。

 

今日はミンミンゼミが元気よく鳴いておりました。暑さに弱いとされているセミですから、これくらいが丁度良いのか?とおもいました。

早くに鳴き始めたニイニイゼミの声はあまりしませんでした。
そのニイニイゼミの抜け殻。

泥をかぶっているので一目瞭然です。

雨に濡れたアスファルトを歩くセスジスズメの幼虫。

たまにこういうシーンを見ますが目的はなんなのだろうか。
おせっかいと思いつつ、潰されるよりは良いだろと思い、食草の傍に逃がしてあげました。

 

この雨・・・仕事の時は晴れるんだろうな・・・。

ハスオビエダシャクとお客様

昨年の今頃は昆虫撮影を再開したおかげでデブエットに成功!!
そのおかげか、膝を痛めほぼ一年間、痛い目にあう。

運動をしないと太る体質のなので今年は昆虫撮影を封印し運動に励む。だけどもギフチョウだけは新潟に撮りに行こうと企むが、漏水による痛い出費により断念。

それとオオシモフリスズメの撮影も断念した・・・。
春の三種盛りの撮影は程遠い状態です。

そんな寂しさを紛らわすために、運動がてら夜の森を散策。

そしてやっと撮れたハスオビエダシャク。

OLYMPUS STYLUS TG-4 Tough + フラッシュディフューザー FD-1

後ろ側

OLYMPUS STYLUS TG-4 Tough + フラッシュディフューザー FD-1

高い所に止まったので撮影に一苦労。
他にも数匹飛んでおりました。

肌寒さを感じつつも爽やかな気分で帰宅すると、お客様が。

ツチイナゴです。

OLYMPUS STYLUS TG-4 Tough + フラッシュディフューザー FD-1

玄関前の隙間でお出迎えをしてくれました。

寒い冬を乗り越えた個体です。
こちらは晩秋のツチイナゴ。クリックどうぞ。

もっとたくさんのお客様をお迎えしたいと思います。

ではでは。

真冬の森林公園

久しぶりに森林公園を歩いてきました。
園内を12km、園外を2.2km、95%早歩きです。

走れれば良いのですが、持久力のない体ですので早歩きが精一杯です。なので走れる人を尊敬してしまいます。

瞬発力はあるんだけどな~・・・何せ持久力がない。。。

本題に入りましょう!

木々の葉は落ち葉となり、ちょっと寂しい感じの雑木林を歩きます。

OLYMPUS STYLUS TG-4 Tough

この先はちょっとした坂道なので、汗かくとヤッケーだから、
ヤッケを脱ぎましょう!!  (大汗・・・)

などど一人事を呟き、杭にザックを引っかけようとしたところ・・・

 

おぉ!!! いるいる、こいつぁ~春から縁起がいいぜぇ~!!

シャクガの仲間の幼虫です。たぶん・・・。

OLYMPUS STYLUS TG-4 Tough + フラッシュディフューザー FD-1

ここにいました

OLYMPUS STYLUS TG-4 Tough

可愛いっすね~、思わずナデナデと触ってしまった。
でも迷惑そう・・・ ごめんなさいね。。。

冬の昆虫探しは結構楽しいですが、今日は歩くのが目的。
ガマンガマン、足を鍛えて膝痛を克服するのです!!

そして北展望台へ。

OLYMPUS STYLUS TG-4 Tough

画面中央に赤城山が見えているのですが、写っていませんね。
次はその赤城に登る予定です。綺麗な霧氷を期待しましょう。

トレーニングも終了し、植物売店で休憩。

目の前にくる野鳥を眺めつつ・・・ケーキを・・・

OLYMPUS STYLUS TG-4 Tough

トレーニングの意味なし・・・

だけど美味しかった「りんごとさつまいものパイ」
パスポート特典で500円が300円になります。

ごちそうさま。

そんなこんなで、穏やかな休日を過ごしました。

OLYMPUS STYLUS TG-4 Tough

またトレーニングに行こう!!!

 

つぎはチョコレートケーキかな??

三ツ又沼ビオトープ

買い物ついでに久しぶりに三ツ又沼ビオトープに行ってみました。

天気はドンよりしていて、今にも雨が降り出しそう。
ドイツ生活がある山の神はヨーロッパみたいだと懐古しているが、
自転車に乗る予定だった私としてはちっとも嬉しくもない。

そんな、ビオトープを歩いてきました。
a2a_6
OLYMPUS STYLUS TG-4 Tough

駐車場にはこんな注意喚起の看板。
a2a_11
OLYMPUS STYLUS TG-4 Tough

うわぁ~・・・おっかない。対処法は熊と同じようです。

周囲に気を配りながら歩きましょう。
a2a_13
OLYMPUS STYLUS TG-4 Tough
虫でも探しながら・・・寒いからいないか~っと思ったら、
木道からちょっと離れた足元の葉の裏にウラギンシジミ発見。

これでもかと腕を伸ばしやっと撮った一枚。
a2a
OLYMPUS STYLUS TG-4 Tough + フラッシュディフューザー FD-1

a2a_1
OLYMPUS STYLUS TG-4 Tough + フラッシュディフューザー FD-1

3匹いました。かなり嬉しい発見です。
E-M1を持ってくれば良かった・・・。

ま、しょうがない。

 

そ~言えば、クヌギの新芽に擬態した蛾の幼虫がいたな~っと、ふと思い出し、こう言う所にいるんだよ、山の神に説明しながらどれどれと、目線の高さにある枝先をつまんで見てみると・・・

わぁ!いた!! シャクガの幼虫です。
a2a_2
OLYMPUS STYLUS TG-4 Tough + フラッシュディフューザー FD-1

ちょっと自分でもビックリ!! 運が良い。

山の神にここだと言っても分からないのでツンツンさせると。。。
a2a_3
OLYMPUS STYLUS TG-4 Tough + フラッシュディフューザー FD-1

五月蠅いな~っと言わんばかりに体を起こしました。
枝だと思っていたものがいきなり動いて山の神ビックリ。

まったく!起こすんじゃいよ!!っと移動を始める。(ピンボケで残念)
a2a_4
OLYMPUS STYLUS TG-4 Tough + フラッシュディフューザー FD-1

ハイごめんなさい。おやすみなさ・・・。
a2a_5
OLYMPUS STYLUS TG-4 Tough + フラッシュディフューザー FD-1

と、お詫びを申し上げて退散しました。

曇天の空のもと、枝先を見つめる中年男子。。。地味な趣味です。

ま、何を言われても気にしません。帰路、またもや虫発見。

キボシカミキリです。
a2a_7
OLYMPUS STYLUS TG-4 Tough + フラッシュディフューザー FD-1

2匹いて、一匹は触角が切られていました。
a2a_8
OLYMPUS STYLUS TG-850 Tough

動きも緩慢で、簡単に撮らせてくれました。秋に成虫になったの個体なんでしょうかね、いずれにしても寒さに強い昆虫なのでしょう。

ついでに寄ったビオトープでしたが、楽しかったです。

a2a_12
OLYMPUS STYLUS TG-4 Tough

おわり。