カテゴリー別アーカイブ: 蛾

真冬の森林公園

久しぶりに森林公園を歩いてきました。
園内を12km、園外を2.2km、95%早歩きです。

走れれば良いのですが、持久力のない体ですので早歩きが精一杯です。なので走れる人を尊敬してしまいます。

瞬発力はあるんだけどな~・・・何せ持久力がない。。。

本題に入りましょう!

木々の葉は落ち葉となり、ちょっと寂しい感じの雑木林を歩きます。

OLYMPUS STYLUS TG-4 Tough

この先はちょっとした坂道なので、汗かくとヤッケーだから、
ヤッケを脱ぎましょう!!  (大汗・・・)

などど一人事を呟き、杭にザックを引っかけようとしたところ・・・

 

おぉ!!! いるいる、こいつぁ~春から縁起がいいぜぇ~!!

シャクガの仲間の幼虫です。たぶん・・・。

OLYMPUS STYLUS TG-4 Tough + フラッシュディフューザー FD-1

ここにいました

OLYMPUS STYLUS TG-4 Tough

可愛いっすね~、思わずナデナデと触ってしまった。
でも迷惑そう・・・ ごめんなさいね。。。

冬の昆虫探しは結構楽しいですが、今日は歩くのが目的。
ガマンガマン、足を鍛えて膝痛を克服するのです!!

そして北展望台へ。

OLYMPUS STYLUS TG-4 Tough

画面中央に赤城山が見えているのですが、写っていませんね。
次はその赤城に登る予定です。綺麗な霧氷を期待しましょう。

トレーニングも終了し、植物売店で休憩。

目の前にくる野鳥を眺めつつ・・・ケーキを・・・

OLYMPUS STYLUS TG-4 Tough

トレーニングの意味なし・・・

だけど美味しかった「りんごとさつまいものパイ」
パスポート特典で500円が300円になります。

ごちそうさま。

そんなこんなで、穏やかな休日を過ごしました。

OLYMPUS STYLUS TG-4 Tough

またトレーニングに行こう!!!

 

つぎはチョコレートケーキかな??

三ツ又沼ビオトープ

買い物ついでに久しぶりに三ツ又沼ビオトープに行ってみました。

天気はドンよりしていて、今にも雨が降り出しそう。
ドイツ生活がある山の神はヨーロッパみたいだと懐古しているが、
自転車に乗る予定だった私としてはちっとも嬉しくもない。

そんな、ビオトープを歩いてきました。
a2a_6
OLYMPUS STYLUS TG-4 Tough

駐車場にはこんな注意喚起の看板。
a2a_11
OLYMPUS STYLUS TG-4 Tough

うわぁ~・・・おっかない。対処法は熊と同じようです。

周囲に気を配りながら歩きましょう。
a2a_13
OLYMPUS STYLUS TG-4 Tough
虫でも探しながら・・・寒いからいないか~っと思ったら、
木道からちょっと離れた足元の葉の裏にウラギンシジミ発見。

これでもかと腕を伸ばしやっと撮った一枚。
a2a
OLYMPUS STYLUS TG-4 Tough + フラッシュディフューザー FD-1

a2a_1
OLYMPUS STYLUS TG-4 Tough + フラッシュディフューザー FD-1

3匹いました。かなり嬉しい発見です。
E-M1を持ってくれば良かった・・・。

ま、しょうがない。

 

そ~言えば、クヌギの新芽に擬態した蛾の幼虫がいたな~っと、ふと思い出し、こう言う所にいるんだよ、山の神に説明しながらどれどれと、目線の高さにある枝先をつまんで見てみると・・・

わぁ!いた!! シャクガの幼虫です。
a2a_2
OLYMPUS STYLUS TG-4 Tough + フラッシュディフューザー FD-1

ちょっと自分でもビックリ!! 運が良い。

山の神にここだと言っても分からないのでツンツンさせると。。。
a2a_3
OLYMPUS STYLUS TG-4 Tough + フラッシュディフューザー FD-1

五月蠅いな~っと言わんばかりに体を起こしました。
枝だと思っていたものがいきなり動いて山の神ビックリ。

まったく!起こすんじゃいよ!!っと移動を始める。(ピンボケで残念)
a2a_4
OLYMPUS STYLUS TG-4 Tough + フラッシュディフューザー FD-1

ハイごめんなさい。おやすみなさ・・・。
a2a_5
OLYMPUS STYLUS TG-4 Tough + フラッシュディフューザー FD-1

と、お詫びを申し上げて退散しました。

曇天の空のもと、枝先を見つめる中年男子。。。地味な趣味です。

ま、何を言われても気にしません。帰路、またもや虫発見。

キボシカミキリです。
a2a_7
OLYMPUS STYLUS TG-4 Tough + フラッシュディフューザー FD-1

2匹いて、一匹は触角が切られていました。
a2a_8
OLYMPUS STYLUS TG-850 Tough

動きも緩慢で、簡単に撮らせてくれました。秋に成虫になったの個体なんでしょうかね、いずれにしても寒さに強い昆虫なのでしょう。

ついでに寄ったビオトープでしたが、楽しかったです。

a2a_12
OLYMPUS STYLUS TG-4 Tough

おわり。

リンゴドクガとキアゲハ

子どもの頃、夏休みにクワガタ虫を採りに森に入りました。
夢中で森を歩いていると首筋にもぞもぞした感触が。

はてなんだろうと首筋に手をやると柔らかいものが。。

大きなマイマイガの幼虫でした。今思えば終齢に近い幼虫でした。
マイマイガは1齢幼虫にだけ毒があるとのことですが、
私の首筋は蕁麻疹のような腫れかたをしました。

それ以来、毛虫が大嫌いです。でも撮影はします。

なぜなら美しいからです。

今回撮ったのはリンゴドクガの幼虫です。
ysm
OLYMPUS STYLUS TG-4 Tough + フラッシュディフューザー FD-1

怒ると毛束の間にある黒い線が現れます。
ysm_2
OLYMPUS STYLUS TG-4 Tough + フラッシュディフューザー FD-1

お恥ずかしい話、この手の毛虫は毒毛をもっていると思ってました。
幼虫も成虫も毒毛は無いそうです。勉強不足です。

「毛虫は危険」子どもの頃の体験がそう思わせてるのでしょう。

野外で楽しく安全に遊ぶには正しい知識を身に着けることは非常に重要です。毛虫は大嫌いですがしっかり勉強しようと思います。

 

ちなみにこちらの幼虫はキアゲハです。
ysm_1
OLYMPUS STYLUS TG-4 Tough + フラッシュディフューザー FD-1

怒ると臭線を出しますが何の問題もありません。

ベルベットとまではいかないものの、なかなか良い肌触りです。

撫でているのは山の神。。。ちょっとビビってます。

ヤママユ

先日の事。

トレーニングで武蔵丘陵森林公園を走りました。
sksk_3
OLYMPUS STYLUS TG-4 Tough

ひ~ひ~言いながら走ってちょっと立ち止まって休憩。何気に上を見たらモミジの枝にヤママユが止まっていました。

自然の中で見るのは久しぶりでちょっと感動。
sksk_5
OLYMPUS STYLUS TG-4 Tough

sksk_6
OLYMPUS STYLUS TG-4 Tough

いくぶん翅がすれていたので羽化後数日たっていると思われます。

大型の蛾は見ごたえがありますね。そして綺麗です。

ここでも秋を感じました。

ウンモンスズメ

武蔵丘陵森林公園 その4の前にちょっとブレイク。

2~3日前に梅雨が明け、今日は素晴らしく良い天気です。暑いです、確かに暑いのですが、日陰に入り風が吹くと涼しさを感じます。

子どもの頃の「夏」を思い出しました。湿度が低いからだと思いますが、毎日これくらいだったら良いのにな~っと思います。

さて、本題です。

拙宅の外灯に飛んできたウンモンスズメを見ました。
aunmm

久しぶりの出会いです。

綺麗な緑色です、グラデーションが実に美しいですね。
私は絵心が皆無なので、この階調を絵具で出すのは不可能です。

なので余計に美しく見えてしまいます。

横からも一枚。
aunmm_1

後翅の裏側は黄色に見えます。フラッシュを焚いた撮影ですので、もしかしたら光ったのかもしれません。だとすると構造色を持った翅のはずです。ミドリシジミやモルフォチョウなど構造色を持つ代表的な蝶ですが、構造色を持つ蛾の知識はほとんどありません。

勉強不足を反省しつつ、新たに構造色を持つ蛾の撮影に

「俄」 然やる気が出てきました。

蛾だけに・・・。

マツヨイグサの一種です
aunmm_2

スズメガが媒花昆虫です。

OLYMPUS STYLUS TG-4 Tough + フラッシュディフューザー FD-1

涼しい写真を?

拙宅の外灯にもやっとオオミズアオが飛んできてくれました。
P6080983

ですが翅が傷だらけでした。
P6081000

相変わらず美しい蛾です。

ペパーミント色、日本の色で言うと緑青でしょうか。

 

さて本題。

何が涼しいかと言うと、2009年の雪山山行記録をアップしました

2009年3月21日 谷川岳山行記録

2009年12月17日 北横岳山行記録

2009年12月24日 天狗岳山行記録

どうぞ御笑覧ください。

早く膝を治して、また登れるようにリハビリを頑張ります。

ほたる

近隣の地区で管理されているホタルの生息地に行ってきました。

夕飯食べて、さて言ってみるべぇ~と駐車所に向かったら凄い人の数。
これでは三脚を立てるのも無理かな~っと思いつつ取りあえず現場へ。

肝心のホタルはヘイケ、ゲンジとも観察者と同じくらい賑やかでした。

家族で来ている観察者の会話が耳に入ってきた。
お母さんらしき人は、「ホタルも虫だよ、でもホタルだからいいの」。

う~~んホタルはやっぱり人気がある!!

さて、撮影をしようにも人出が多く中々出来ませんでした。
すこし空いてきた時を狙って隅の方でコンポジットで一枚撮りました。

htr_2
OLYMPUS OM-D E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

初めてホタルを撮りましたが、ま~こんなもんかと・・・。

おいおい構図などに拘って撮ってみたいと思います。

 

 

そうそう、ちょっと話は変わります。

「ちょっと写真撮ってるんで・・すみません、そこ、」。
手で前に来ないように退いてくれとゼスチャーしておりました。

無垢な子どもは「なんで~??」と。。
一緒にいたお父さんは無言で退きました。

お父さんも子どもになんと説明してよいのやら。
だってここは皆が自由に観察できる場所なんですよ。

被写体はカメラから数メートル離れた場所でしょ?
そんな大きなスペースを一人で占領するなんてもってのほかです。
そんなことまでして撮った写真なんて何の値打もありません。
誰にも邪魔をされたくなければ、誰も来ない場所を自分で開拓すればいいのです。そのうちここは写真撮影禁止になるんじゃないかと今から心配です。

あまりこういう事は言いたくありませんが、観察者、撮影者ともに気分よく過ごせるようにしなければいけないなと思った次第です。
ま、たいていは撮影者のエゴでトラブルが発生していますね。

 

さて、気分を改め、このホタルの生息地を管理されている地区の方にお礼を告げ帰宅しました。

そしたら拙宅の外灯にも「ホタルが」・・
htr_1
OLYMPUS OM-D E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

「ホタルが」 ではなく 「ホタルガ」です。

外灯に飛んでくる蛾が多くなってきました。
こちらも楽しみです。

天候と時間が合えばまた観察に行ってみようと思っています。

ではでは。

クルマスズメ

「クルマ」 と聞くと、寅さんを連想してしまいます。
kurumasuzume
(クルマスズメ)

「トラ」 と言う言葉を聞いても、寅さん連想してしまいます。
a66_9
(オカトラノオ あと2~3日で開花でしょうか)

タコ社長、おいちゃん、おばちゃん、ひろし、工場の労働者諸君、
御前様に源公、そして「さくら」。  あ、満男もいた。

2017年に柴又駅前の寅さん銅像の脇にさくらの銅像が建つそうです。

あと備後屋もずっと出ていましたね。忘れちゃいけない谷よしのさん。
36作もでているので、ほぼレギュラーです。

名前をあげたらきりがないですが、だれ一人かけてもダメなような気がします。ですので全員の銅像を建てちゃえばいいと思っています。

そんなことしたら柴又駅前が大変なことになりそうですね(笑)

クルマスズメとオカトラノオに託けて、寅さん話がしたいだけかな?

ではでは。

2016年5月26日高尾山山行記録 更新

先日の高尾山では沢山の蛾に出会いました。

蛾の魅力は色もさることながら「模様」だと私は思います。
地味ながら多様な模様は魅力的です。

写真はウンモンスズメで、10年位前に撮影しました。
ウンモンスズメ Callambulyx tatarinovii gabyae Brykスズメガ科 (3)

抹茶色のマーブル模様が涼しげに感じます。

まだ一度しか見ていないのでもっと見たいな~っと思っております。

高尾山山行記録 更新しました。

御笑覧ください。こちらからかどうぞ。

武蔵丘陵森林公園 蝶

昨日に引き続き、森林公園ネタです。

今日は森林公園で撮った、観察した蝶です。

今年はゼフィルスの発生が早いようです。
写真には撮れませんでしたが、ミドリシジミもいました。
ほんのチラッとしか見れませんでしたが、ミドリシジミでした。

あの煌めきは私にとっては強烈です。

そして数多くいたのがアカシジミと、
s602_5

ウラナミアカシジミ
s602_6

すべてTG4での撮影ですので、中々撮らせてくれませんでした。
特にアカシジミは意外と神経質ですぐに逃げてしまいます。

望遠ズームで撮れば良いのですが、はやり画質が落ちます。
ならOMを持っていけば?となりますが、本来の目的は運動な訳で・・・

 

ま、そんな訳でちょびっと苦労して撮った2種です。

 

さて本命のサイクリングでトレーニングです。

しかし!!

なぜか路上に蝶がいっぴき・・・・・
慌てて自転車を降りて撮影。

メスグロヒョウモンの♂でした。
s602_8

メスは残念ながら見ることができませんでした。
s602_9

さすが森林公園!ますます魅力的です!!

ちょびっと呆れ顔の山の神を無視して撮影しました。

さ~走ります。
グルッと一周して渓流広場に戻る道すがら野草コースを散策。
膝の痛みが出ないようゆっくりと歩きました。

ダイミョウセセリがのほほ~んと吸蜜しておりました。
s602_11

チャバネセセリも一緒でした。
s602_12

なんかいると思い葉っぱを見ると幼虫がいっぴき。

ヤママユの幼虫かな?と思います。
s602_13

実に可愛らしい幼虫です。4~5齢くらいでしょか。

いっぱい食べて大きくなれよ~~!!

そういえば今日4車線の国道でオオミズアオが轢かれていました。
目の前の出来事になすすべもなく、、、残念です。

閑話休題。

樹液スポットなる看板が設置されていました。
s602_14

もう少しすればオオムラサキが見れるかもしれません。
この日は綺麗なヒオドシが来ていました。

スミナガシはいないのかな~・・ちょっと期待してみましょう。

そんな魅力いっぱい虫いっぱいの森林公園を後に帰路につきました。

森を見ながら走る、私にとっては贅沢な時間です。
s602_15

それでは。

OLYMPUS STYLUS TG-4 Tough + フラッシュディフューザー FD-1