カテゴリー別アーカイブ: 植物

昆虫ナイトウォーク

10日くらい前だったかな?
もう少し前だったか、コオロギが鳴き始めました。
鳴き声からツヅレサセコオロギと思います。

まだまだ種類は少ないですが、コオロギ2~3種類、カンタン、
ハタケノウマオイ、ササキリの仲間が鳴き始めています。
写真はハタケノウマオイです。

OLYMPUS Tough TG-5 + フラッシュディフューザー FD-1

昼間に鳴く昆虫と言えばこの時期はセミでしょう。
そんなセミの羽化を昨晩撮影しました。

昆虫ナイトウォークの始まりです!!

まずはミンミンゼミです。

OLYMPUS Tough TG-5 + フラッシュディフューザー FD-1

翅が東京-名古屋間です。。。

 

・・・透明です・・・
(少し涼しくなったでしょうか)

 

セミの羽化は子どもの頃、父と見た覚えがあります。
とても衝撃的な出会いで、その時に見たのは間違いなく翅が乳白色に輝くアブラゼミでした。

(ブレ写真ですがご了承ください)
OLYMPUS Tough TG-5 + フラッシュディフューザー FD-1

美しい乳白色です。
ファイアーキングみたいですね。

この時期、もう一つの楽しみはカラスウリの花を撮る事。

OLYMPUS Tough TG-5 + フラッシュディフューザー FD-1

妖しくも美しい花です。

受粉昆虫はスズメガです。

そして家に帰ってきて何気に外壁を見るとスズメガが一匹。

OLYMPUS Tough TG-5 + フラッシュディフューザー FD-1

モモスズメと思います。カラスウリの受粉昆虫ではありませんが、収穫の多いナイトウォークでした。

 

夜に撮影することが多くなる時期です。怪しまれないよう、しっかり虫屋の格好をして撮影したいっと、思っております。

良かった!!

昨晩の遅くにLINEがきた。

送り主は友人のボリちゃんだった。
最近はクライミングに夢中で、最近は屋外の岩場も登っている。
登行スタイルは違えど、山の同士、嬉しいかぎりです。

何かな??っと見たら、今富士山に登っているとの連絡だった。
確か高山は苦手で2000mでも高地障害が出たはず。

返信をしたら予防薬を飲んでいるという。。。

用意周到、抜かりなし。流石だ。。

そして無事山頂に立ち、御来光の写真を送ってくれた。

いやぁ~~良かった良かった。
無事に下山もしたとの連絡も入り益々良かった。

私もどこでも良いので、秋になる前に夏山に一度は登りたい。

 

里山はと言うと、秋と名の付く花が咲いています。
アキノタムラソウ。

OLYMPUS Tough TG-5

フシグロセンノウも10月まで咲くという。

OLYMPUS Tough TG-5

どちらも森林公園での撮影。

 

ま、とにかく!!

めでたし、めでたし。

蝶とチョウトンボ 武蔵丘陵森林公園

ただいま腰痛再発中・・・なので運動も登山も禁止。
でも家で養生するのは嫌なのでせめて歩きたい。

ならば昆虫撮影だ・・・いつもの森林公園です。

やっと青空が。

OLYMPUS Tough TG-5

だけど、つかの間・・・すぐに曇ってしまった。

アスファルトで何かを吸っているアカボシゴマダラ。

OLYMPUS Tough TG-5


OLYMPUS Tough TG-5(ノートリミング。)


OLYMPUS Tough TG-5

すべて外来種で要注意生物に指定されている。
在来種のアカボシゴマダラは奄美大島に生息する。

外来種の春型は白化するため、ゴマダラチョウに似ている。
夏型は在来、外来種共に同じような斑紋となる。
しかし、奄美大島から飛んでくるはずもなく、関東地方で見られるアカボシゴマダラは外来種である。

外来種は駆除の対象となる。

こんなに近くで撮れる蝶ですから、踏みつぶす事なんて簡単です。実際このあと指にのせて遊んでました。

でもね、蝶に罪は無い。

昨年も書いたと思うが、アサギマダラを生息場所から捕獲して、本来生息していない捕獲者の居住場所から放蝶したりするのも私は反対。なんの意味もない。自然のままが一番いいのです。

さて、気を取り直して、ヤマトシジミです。
交尾個体とそれを邪魔するオス。

OLYMPUS Tough TG-5


OLYMPUS Tough TG-5

昆虫の世界も大変です。

 

あ、そうそう、銀杏って夏に成るんですね。知りませんでした。

 

閑話休題。

チョウトンボです。

OLYMPUS OM-D E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO 1.4x テレコンバーター

このトンボはいつ見ても溜息が出るほど綺麗です。

OLYMPUS OM-D E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO 1.4x テレコンバーター

腰痛は困ったもんですね。どうにかならないかな・・・。
昆虫と遊んでもらって気分的には良くなっています。

 

青空はいつ見れるでしょうか。

レンゲショウマとキツネノカミソリ

武蔵丘陵森林公園のレンゲショウマです。

OLYMPUS Tough TG-5

写真は4日前ですので、そろそろ見頃かもしれません。
野草園コースで見ることができます。

キツネノカミソリは今日撮影しました。

植物売店から裏手に下っていきます。蚊が物凄いので蚊の対策が必要なのと、マムシもいるので足元にも注意が必要です。

OLYMPUS Tough TG-5

登山中止

私はビビリ症なので、天気が怪しい場合は山には行きません。

今回はテント泊で八ヶ岳か白馬岳をなんとなく予定していましたが、中止にいたしました。高山植物が良い時なので残念です。

と、言いつつもせめて八方池まで、、栂池自然園くらいは・・
などと往生際の悪いワタクシもいるわけで・・・。

2連休の初日は山のライブカメラと睨めっこしてました。
2日目の今日は拙宅地方も雨が止んだので、いつもの森林公園へ。

ショウリョウバッタがお出迎えをしてくれました。

野草園ではレンゲショウが少し咲いています。

これからが盛りのようです。

ヤマユリはもう終焉ですね。絵描きのオジサンがいました。

先日ヤマユリは変異に富む事を知りました。
今日、見つけたヤマユリ。

赤い点々が大きい個体です。

こちらは赤筋のヤマユリ。 赤筋モドキだそうです。

変種の中でも最も美しいと言われているようです。

天然の変異なので貴重なのかな??っと思います。

私の昆虫撮影フィールドでは普通に見られたヤマユリですが、今は見ることが本当に少なくなりました。理由は様々でしょうが、管理された公園でしか見れないのはいろんな意味で寂しいかぎりですね。

約10kmほどのお散歩でした。

ショウリョウバッタの抜け殻です。

次の休みは晴れますように!!

OLYMPUS Tough TG-5 + フラッシュディフューザー FD-1

雨ですね。

ちょっとストレスの溜まる雨の休日。

写真を整理し先日の至仏山山行記録を更新しました。

御笑覧ください。

 

先日、森林公園をジョギングした時の写真の続きです。
水生植物の池ではチョウトンボが飛んでいます。

ヤマユリ

ちょっとグロテクスですが、おそらくフクロウが吐き出したペリットです。

獣毛、蝉の頭部、爪などが見てとれました。水に入れて分解すれば何を食べていたのかがわかります。研究者でもないのでそこまではしませんが、興味があることろです。

 

今日はミンミンゼミが元気よく鳴いておりました。暑さに弱いとされているセミですから、これくらいが丁度良いのか?とおもいました。

早くに鳴き始めたニイニイゼミの声はあまりしませんでした。
そのニイニイゼミの抜け殻。

泥をかぶっているので一目瞭然です。

雨に濡れたアスファルトを歩くセスジスズメの幼虫。

たまにこういうシーンを見ますが目的はなんなのだろうか。
おせっかいと思いつつ、潰されるよりは良いだろと思い、食草の傍に逃がしてあげました。

 

この雨・・・仕事の時は晴れるんだろうな・・・。

森林公園

またもや森林公園です。

またもやヤマユリ情報です。

昨年、たくさんの花をつけたヤマユリの記事を書きました。

そのことを先日の記事に載せました。

そして、本日新たな情報と言いましょうか新事実を知りました。

下の方の記事に注目。

たくさんの花をつける事を帯化といい、異常現象なんですね。
そして毎年帯化するとは限らない。

なるほど~、だから昨年みたたくさんの花をつけた株が見れなかったのか~っと納得いたしました。

このポスターは植物売店の中にあります。ご一読ください。
前の記事も訂正しておきます。

そして今日は北口の方まで走ってみました。
(走ると言ってもジョギングで・・・体力なし・・)

赤い点々がない花がありました。

説明ポスターを見ると変異に富むとの事です。

なんとも面白い現象で、変異を探すのも面白いなと思いました。

OLYMPUS Tough TG-5