カテゴリー別アーカイブ: 登山

燕岳へ

燕岳へ行ってきました。

無事に登頂し、無事に下山し帰宅。
家に帰って寝るまでが登山です。

詳細は後程。

取りあえず・(星の写真は?)失敗写真です。

OLYMPUS OM-D E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

難しいです。

買い替えです

長年愛用の??コンパスです。

愛用と言っても活躍したことはないかな??
読図とかコンパスの使い方を練習した時くらい。

 

ま、でも持っていないと何かあった時に大変です。

なぜ買い替えかと言うと、気泡混入。
原因はいろいろあるようですが、真北を示さなくなるようです。

ただいま物色中です。

水ノ塔山山行記録やっと更新。

水ノ塔山山行記録更新しました。

クリックどうぞ。

さて、私は病弱です。

怪我も病弱と言うのだろうか・・・。
怪我と言うかなんというか、また腰痛です。

「次から次えと病気だらけだね」と・・・山の神・・・。

ど~もすみません。。

ただいまシップ攻撃をしております。

写真は数年前の3月に登った篭ノ塔山からみた北アルプスです。

白馬~針ノ木岳辺りまでの眺望です。

手前は湯の丸山。

神々しいです。

谷川岳へ

天気の良い日には拙宅から直線距離にして95km離れた谷川連峰がよ~く見えます。白き峰々は神々しい!でも天気のいい日はいっつも仕事、そして職場からも谷川連峰が見えるので悔しさ倍増。

 

そして本日やっと行ってまいりました!!

快晴の谷川へ・・・と行きたいところですが曇り。。

山頂直下は真面目に気を抜けないほど視界不良。
6mくらい離れていてこの視界でした。

OLYMPUS STYLUS TG-4 Tough

天気予報では曇りだったので、ガスッたら嫌だなと思っていましたが的中してしまった。

下山時、後続の方がしっかりと赤旗を立ててくれていたので非常に助かりました。この方々は木製のピッケルを持っていました。

基本的な事を思いも付かなかったことに猛省です。
この方々の行動を見習いたいと思います。

山頂

OLYMPUS STYLUS TG-4 Tough

欲をかいてオキの耳まで行ったら一瞬青空が!!

そしてこの景色。

OLYMPUS STYLUS TG-4 Tough

新潟方面は晴れ予報だったので期待通りとなりました。

悪いことと良いことが的中した山行となりました。

詳細は後程・・・

山行記録編集が溜まっていますが、今しばらく・・・

雪山といいつつ、ハナネコノメ?

「冬はやっぱり雪山だ!!」っと、昨日ブログに書きました。

でも体力不足で登れる所が限られているんです・・・

寂しい・・・。

なので舌の根も乾かぬうちに陣馬山~高尾山を歩きました。
一応これでも計画を立ててリハビリを行っております。

アイゼン、カンジキ歩行は取り合えず卒業で、今回の目的は長いコースを歩く事です。長いと言っても下り基調で17km位です。

膝痛がどう出るか不安なので、なるべく短い距離を選んで登っていましたが、距離を歩いて症状の変化も診ておかないといけません。結果、何とか無事に歩くことができました。

今現在、膝の痛みや腫れはなく、水も溜まっていない感じです。もと鍛錬しないと雪の八ヶ岳や谷川岳は無理ですね~・・。。

がんばろ!!

 

さて、今回の山行の詳細は後程まとめるとして、

高尾山6号路のハナネコノメ情報です。

まだまだこれから??でもあとちょっと??

こんなかんじの開花状況です。相変わらず可愛らしい花です。

あと数日で見頃ですね。

日当たりの良いところでは早くもヤマルリソウが咲いていました。ちょっと驚き。。。良い色ですね。

 

最後の最後で目を楽しませてくれました。

やっぱり里山も良いよな~~・・・雪山はも~いっか???

OLYMPUS STYLUS TG-4 Tough

 

水ノ塔山へ

行ってきました。

まさかのノートレース、ラッセルモドキをしてきました。

OLYMPUS STYLUS TG-850 Tough

そしてこれまたビックリ、トレース泥棒参上。
「トレースがないね~、まぁ~私はあとついていきますから~」
だって。

はぁ~~??? 山の神が珍しく怒っていましたよ。

我々が休憩するためにルートを外れると後を付いてきて、
「あれ?道案内がいなくなっちゃったな~」だって。。。

道を知らないなら来るな!!
ルート工作できないなら来るな!!
夏山をしっかり登っとけ!!

以上3点、私の心の叫びです!!

でも、確信犯かもしれませんね、道を知らないふりしてラッセル泥棒。

でもこの方、山頂直下を直登してました。
カンジキ履いてんだから巻き道行くんですよね、普通は。

ちょっと遠回りになるけどカンジキなら巻き道。
直登するならアイゼンがあった方が安全です。

まぁ~不愉快極まりない人でした。

しかしながら、北アルプス一望の景色を見たらどうでもよくなりました。

OLYMPUS STYLUS TG-850 Tough

詳細な後程。

原因がわかった??

唐突ですが、今月2月25日、いよいよスーパーラグビー開幕です。
2シーズン目のサンウルブズ!!楽しみです。
初戦は前回王者のハリケーンズ・・・。

頑張ってもらいましょう。

さてさて、またまた唐突ですが、膝痛の原因がわかりました。

MRI、CT検査の結果、「円盤状半月板」との事です。典型的なものではないらしいのですが、それが原因だろうと。

稲毛整形外科さんのホームページに合点のいく文章がありました。

引用します。
十字靭帯や側副靭帯に代表される靭帯性組織が発達し,primary stabilizerとして関節の安定性を維持しています.したがって,正常の膝関節では半月板が膝関節の安定性に大きく関与することはありませんが,靭帯機能が低下した場合にはsecondary stabilizerとして関節安定性に寄与すると考えられています。 引用終わり。

つまり、膝関節の安定性が悪くなり(筋力の衰え)、靭帯機能が低下して半月板で安定性を保とうとしたけど、円盤状半月板だったので症状がでた。と言う病態ではないかと思います。

でもちょっと疑問が残る。円盤状半月板は先天的なものなので、今に始まったことではなく、昔からあったはず。先生も中高生のころとか膝は痛くなかったのか?と言う疑問です。

痛かったような痛くなかったような・・・。

ラグビーなんて全身が痛いスポーツだから気にならなかった??
でも痛かった思い出もあるし・・・。う~~ん、困った。

20代後半頃に痛くなった事はあるんだけどな~・・・。

 

いずれにしても、筋力低下は間違いなくあって、それが原因で痛みが出ていることは間違いなさそうです。登山を続けるからには痛みと相談しながら鍛えるしかない。なんとも面倒な体ですね。

 

地道に地道にトレーニングしていきましょう。

 

先日の黒檜山山行記録を更新しました。ご笑覧ください。

今日は高尾山で膝痛について考える。

朝、玄関見る赤城山は雪雲の覆われていました。

昨日行っといて良かった~っとつくづく思いました。
今日だったらこの間の二の舞ですからね~。

今日は高尾山に行ってきました。膝の具合を見るためです。

膝は60~70度くらいの屈曲位で荷重がかかるとお皿の下に違和感と言うか痛みと言うか、なんとも言えない症状がでます。
以前はそれが時間の経過とともに「痛み」になりましたが、最近は痛みになることも無く、同じ度合いの症状が続きます。

ですので、荷重がかかりやすい下山時に症状が出るわけです。なので、やっぱり行程の長い山に行くのは恐いな~っと思う次第です。

筋力でカバーできるのか、はたまた何かしらの処置が必要なのか、この症状を整形外科の先生に言ってみようと思います。

さてさて、今日の高尾山山頂です。

OLYMPUS STYLUS TG-4 Tough

素晴らしい眺めでした。

なんだかんだ、富士山は綺麗ですね。

そしてそして、枯れて尚綺麗だな~っとおもったカシワバハグマ。

のっ! 後ろ姿。

OLYMPUS STYLUS TG-4 Tough

天然のドライフラワーですね。

OLYMPUS STYLUS TG-4 Tough

 

膝痛に不整脈、この2大持病が最大のストレス要因ですが、こういった植物を見ていると癒されますね~。

まだまだ見たい高山植物が沢山あるので頑張りましょう!!

まずまず

やっと、山頂に行くことが出来ました!!

昨年の8月以降、天候不良、体調不良等々が重なり、登山はほぼ中断状態でした。今年に入りやっと再開し、今回で3回目の登山。

1回目は体力が無く、途中まで。その日の夜は足が攣って大変でした。
2回目は赤城山系黒檜山でしたが、寒波襲来でこれまた敗退。

そして!

本日3回目にしてやっと山頂まで行くことができました。
山は同じく赤城山系、黒檜山。天候バッチリでした。

OLYMPUS STYLUS TG-4 Tough
絶景スポットなる看板が新設されたんですね。

 

でも霧氷は無し・・・ちょっと寂しいですが、展望は良かった。

OLYMPUS STYLUS TG-4 Tough

写真中央は谷川岳です。

まぁ~なんとか行くことが出来たけども、膝の違和感は拭えません。
これはきっとどうにもならないような気がします。

不整脈ですが、医者から言われた心拍110回/分の壁。。。

なんだっけ?? それ??

うそうそ、多少は気にしています。

主治医に言われる前から心拍を上げ過ぎないようにしていたので、このまま自分なりの調整方法で、医師の指示を守りつつ運動をしていこうと思っています。

膝痛に不整脈、どのように付き合っていくかが問題ですね。

 

ま、とりあえず、ボチボチ様子を見ながら登りましょう!!

山行記録は後程アップします。