カテゴリー別アーカイブ: 風景

厄年かな??

私は迷信めいた事は全く気にしないタイプの人間ですが、体の変調が続くと、ちょっとは信じたくもなります。でもそれは現実逃避的な意味合いもあって、体の異変を直視したくないからかもしれません。

元々あった不整脈の発作が数年ぶりに出てしまい、ちょっと辛い日々を送っています。日々といってもまだ3日目。このまま慢性化するのでは?っとちょっぴり不安です。

ま、そうなったら開き直ってしまうしかないですね。

さてさて、このところ好天ですが、寒い!!
今朝は赤城山が霧氷で白くなっていました。
里の紅葉も一段とすすんだことでしょう。

先日撮影した欅。カップルがお弁当を広げていました。

ほのぼのです。

トンボもそろそろ終焉でしょうか、何トンボだろう・・・。

厄年はとっくに過ぎておりますが、お祓いでもしてこようか・・。

 

いやいや、そんな時間があったら森で心を清めよう。。

里の紅葉 その2

撮影場所はいつもの武蔵丘陵森林公園。

今は黄葉の紅葉が良い感じです。

黄色い紅葉はアオハダと言う木だそうです。違う種類も黄色く紅葉していますが、私にはわかりません。でも綺麗です。

クヌギ、コナラの紅葉は場所によってだいぶ差があるようです。

ヤマザクラの紅葉。

モミジは言わずもがな。

まだまだ楽しめそうです。

ではでは。

撮影機材
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO 1.4x テレコンバーター

OLYMPUS OM-D E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

紅葉見ナイト

毎年恒例、武蔵丘陵森林公園の紅葉見ナイト。
ホームページを見ると見頃との事。

なんとか時間を作って母親とその友人と4人で行ってきました。

(帰りに撮影)

母の友人は同い年で近所の方で、私も子どもころお世話になった方です。ですので会うのは何十年ぶりでした。

この方、安曇野は穂高の出身で山が大好きな方でした。中学校2年生の頃、学校登山で常念~大天井~燕岳へと縦走したそうです。

「えっ?? おばさん、それって学校登山でしょ??」と思わず二度聞き・・恐るべし長野県民。学校登山で常念山脈縦走とは。

よく聞くと体力テストがあるとの事。

一番体力のある人は常念~燕岳縦走。

二番目は燕岳のみの登山

三番目は中房温泉まで行って温泉に浸かって終了。

私なら絶対三番を選ぶ!!

「え? ちょっと待って、常念~燕岳縦走でしょ?中房から有明までどうやって帰って来たの?」と聞くと、当然歩きだという・・・。

その当時の長野県の学校登山は正気の沙汰ではありません。

驚きです。

さてさて、話を元に戻します。
夕方から入り、自然光での紅葉も楽しみました。

見頃なのもあれば、これからのもあります。ちょっと寒いので植物売店で休憩。そしたら見事なドライフラワーが展示されていました。こりゃ~見事ですよ!!

色合いも綺麗に出ていて素晴らしい物でした。

一見の価値はあります。

さて、そろそろ、ライトアップを見に行きましょう・・・
っと、思うですが、昭和15年生まれのババ、、いや、おばさん達ですから、話が止まりません。

しかもお互い耳が遠いもんだから声がでかい・・・

まぁ~これもまたいいもんですよ、アハハ・・・。

ちょっと冷や汗もんですが・・・。

母もおばさんもそれなりに楽しめてもらったようです。

おばさんは1人暮らしの母を何かと気遣ってくれているようで、少しはお礼が出来たかなと思っております。

ではでは。

撮影機材:OLYMPUS Tough TG-5

終焉とはじまり

賑やかだったアオマツムシの声は聞こえなくなりました。

OLYMPUS Tough TG-5 + フラッシュディフューザー FD-1

写真はメスです。

先の2回襲来した台風により、一気に鳴き声が減った気がします。
もちろんこれは私の主観ですので、なんの根拠もありません。

先日撮影した、ケヤキの紅葉。

OLYMPUS Tough TG-5

山の紅葉はすでに終焉ですが、里の紅葉はこれからです。

そういえば昨日が立冬でした。

いよいよ冬に入ります。

まだまだ!

昼間はちょっと汗ばむような陽気ですが、放射冷却の影響なのか、夜はぐっと冷え込み、車の外気温計は一桁に近い数値を表示しております。

一昨晩、退社し外に出るとちょっと暖かい、しかもカンタンが鳴いているではありませんか。てっきり終焉と思ってたアオマツムシも元気に鳴いている。

まだまだ楽しめるぞ!!

 

慌てて帰宅し昆虫ナイトウォークに出かけました。

OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II+M.ZUIKO DIGITAL ED60mmF2.8Macro

毎度お馴染みのセスジツユムシ。

OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II+M.ZUIKO DIGITAL ED60mmF2.8Macro +マクロフラッシュ STF-8

これはコロギスの一種と思います。

OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II+M.ZUIKO DIGITAL ED60mmF2.8Macro +マクロフラッシュ STF-8

暖かいとはいえやっぱり個体数は少なかった。

こちらは晩夏に撮った脱皮するツユムシの一種。

OLYMPUS OM-D E-M1 +M.ZUIKO DIGITAL ED60mmF2.8Macro +マクロフラッシュ STF-8

精球をお尻につけたセスジツユムシのメス。

ちょっと前の一こまですが、賑やかだった草むらが懐かしい。

その草むらですが、根こそぎ草刈がされていて、まるで焼け野原状態。きれいさっぱり無くなっていました。行政のやる事は全く意味不明です。多様性も何もあったもんじゃない。

まったく!!

そんな不満を抱き、一つ目の撮影場所をあとにしたのでした。

 

つづく。

穏やかな

ここのところ秋晴れが続いています。

OLYMPUS Tough TG-5

日向ぼっこでしょうか。オンブバッタとコバネイナゴ。

OLYMPUS Tough TG-5

すこ~し、色づいてきた雑木林。

OLYMPUS Tough TG-5

ひかえめに咲くチャノキの花。

OLYMPUS Tough TG-5

鳴く虫もめっきり少なくなりましたが・・・

セスジツユムシが葉っぱの上にいます。
離れるとちょっとみつけにくい。

OLYMPUS OM-D E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6+Nissin i40

セスジツユムシはまだ見つかります。

OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mmF2.8Macro +マクロフラッシュ STF-8

こちらは葉っぱの下でじぃ~っとしてたウマオイのメス。

OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mmF2.8Macro +マクロフラッシュ STF-8

まだいるんだな~っとちょっと驚きです。

 

陽だまりのキタキチョウ。

OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO 1.4x テレコンバーター

穏やかな秋の日。

北本自然観察公園での一こまでした。

 

追伸
冬鳥が増えてきました。撮影日に11月2日現在。
ジョウビタキ、アオジ、ベニマシコ(鳴き声だけ)

虫が食べられちゃうな~。。

北本自然観察公園へ

昨日は疲労困憊で昼間は動く事が出来ず。
今日は幾分疲れも取れたので北本自然観察公園へ行ってみた。

OLYMPUS OM-D E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6

日向にいると日差しがきつく感じられるが、時折吹く風がちょっぴり冷たく、日陰に入ると爽やかな心地よさを感じます。

今日のお目当てはやっぱりバッタ目ですが、昆虫ならなんでも!

早速クズの葉っぱの上でキリギリスの仲間を見つけた。
コバネササキリの褐色型と思われるが識別中です。

OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO 1.4x テレコンバーター

産卵管を突き刺しているようにも見えるが、この行動が意味するところは分かりません。

黄色の葉も目立つよになり、秋の深まりを感じます。
ヤマトシジミが翅をいっぱいに広げておりました。

OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO 1.4x テレコンバーター

頭上にある桑の枝に目をやるとキボシカミキリがお散歩中。

OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mmF2.8Macro +マクロフラッシュ STF-8

さっきまで望遠ズームを付けていたのに、マクロレンズに変えてしまった。でも生息環境を大きく取り入れて撮れたので良しとしましょう。

目線の枝に目を移すと交尾中のキボシカミキリ。

OLYMPUS OM-D E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6

そして、なんか飛んできた!!っと山の神。
見つけたのはサトクダマキモドキのメスだった。

OLYMPUS OM-D E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6


OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mmF2.8Macro +マクロフラッシュ STF-8

右の前脚がないので右耳が聞こえない個体です。
自然界の厳しさを感じた次第です。

そして足元からフワァ~飛びだした蝶が視界に入った。
これには自信満々のアタクシ!!!

一瞬にしてクロコノマと分かった。

どこに居るのでしょうか。

OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO 1.4x テレコンバーター

正解は小さい方の葉っぱの先の地面に止まっています。

クロコノマチョウ、メス

OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO 1.4x テレコンバーター

こちら別の個体はオスと思われます。若干、眼の周りが薄紫色をしており、絶妙な美しさを感じます。

OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mmF2.8Macro +マクロフラッシュ STF-8

2枚目のマクロレンズで撮ったので何度も逃げられて大変でした。

それにしても自分の翅と同じ色をした場所を求めて飛んでいる様に思いますが、どうでしょうか。関係ないかな??

ちょっと長くなったので、また明日。

おすすめの本です

寒い・・・

秋雨前線が本州の南岸に停滞して、西日本や東日本では広範囲で雨が降っている。との事です。(ウエザーニュースより抜粋)

雨がしばらく続くようです。

少し前に夜の森を歩いた時の記録です。

この日は北本自然観察公園の森を歩きました。
日没後の荒川の夕焼け。

OLYMPUS Tough TG-5

目的はバッタ目の撮影ですが、なんでも撮る!!

早速オオカマキリを発見、アオバハゴロモ危機一髪。

OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mmF2.8Macro +マクロフラッシュ STF-8

カマキリにとってはオヤツ程度にしかならないでしょう。

ハラビロカマキリが何かを捕食中。

OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mmF2.8Macro +マクロフラッシュ STF-8

夜なのに目が黒くなく、茶色です。日没間もないと黒くならないのかな??オオカマキリも少し緑色が残っています。

ちょっと不思議です。

ちなみに昼間のオオカマキリの眼は昼間は緑色。
いかにも悪そうな顔してますね。

 

さて、夜の森に戻りましょう。
暗闇にうっすらと浮かび上がっていたキツリフネソウ

OLYMPUS Tough TG-5 + FCON-T01

そしてお目当てのサトクダマキモドキを撮ることができた。

OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mmF2.8Macro +マクロフラッシュ STF-8

満足満足。するとどこからともなく、真っ暗な森の中に人工物を叩く大きな音が鳴り響きました。

あれれ??なんだろ。。。近くに人家は無いはずだけど・・・

変なのに巻き込まれても嫌なので、少し急ぎ足で学習センターに戻りました。人けのない所での撮影で一番の恐怖は人。気を付けましょう!!

帰りがてら、近所の撮影場所でツユムシの一種の幼虫を一枚。

OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II+M.ZUIKO DIGITAL ED 60mmF2.8Macro +マクロフラッシュ STF-8+LEDライト

この日一番のお気に入りが撮れました。

今夜は寒さのせいか虫もほとんど鳴いておりませんね、寂しいかぎりです。次の晴れ間が待ち遠しい!!

中秋の名月

お月様が綺麗です。そして寒いです。

秋の虫も寒さのせいか今夜は少なめでした。
面白かったのはキタキチョウのお休みシーン。

3匹仲良くお休み中。

寝ている場所が奥まった所だったので、構図に難儀しました。

いつもの場所はツユムシが多いところなのですが、その数も徐々に少なくなり、今はセスジツユムシのメスが目立つようになっています。

ここ2週間位まえからクマスズムシが多く観察でき、今日も道路に出てくるクマスズを撮影。こちらはメスです。

そしてカネタタキ。

一通りポイント見て回りますが、やっぱり虫は少なめ。
マダラスズのちょっぴり喧しい声を聴きつつ帰路へ。。

さて、家に帰って団子でも・・・

あ、そうだ、我が家には月餅があったんだ!!
(先日の旅行で月餅を大量購入・・・)

中国ではお月見をしながら月餅を食べ、家庭円満と家族の健康を祈るそうです。でも夜にラードが入った月餅なんて食べたらダメな気がする!!

 

っと、言いつつ、美味しくいただきました。

御馳走様でした。